KABUOのブラリ放浪記

どーもKABUOです。 地元山形を中心に各地のグルメ・温泉サウナ・歴史史跡巡りや観光スポットをブラリと放浪しています

岩泉町 小川屋(旧1001広場) 小川炭鉱ホルモン鍋定食をご紹介!🍖

スポンサーリンク

どーもKABUOです。

 

岩手県岩泉町を旅してきました。

今回はホルモン鍋の専門店、

小川屋さんで炭鉱で栄えた

岩泉町小川地区発祥のご当地グルメ、

いわいずみ炭鉱ホルモン鍋を

頂きましたのでご紹介します。

 

小川屋(旧1001広場)

 

住所 〒028-5641

岩手県下閉伊郡岩泉町門町向6−1

営業時間 08:30-20:00

定休日  不定休

 

岩泉町立小川中学校から程近い、

国道340号線沿いにあります

小川屋さん。

 

岩泉町小川地区は

炭鉱で栄えた歴史があり、

当時「あずまや」というお店で

豚ホルモンと野菜を煮込んだ

ホルモン鍋が提供され

好評だったそうです。

 

炭鉱は閉山され「あずまや」さんは

閉店されましたが、

町ではホルモンを食べる文化が定着、

いわいずみ炭鉱ホルモン鍋と名を付け

現在町のご当地グルメとして

PRが行われています。

 

そんなホルモン鍋を食べに

発祥の小川地区にあります

こちらのお店に来店しました。

 

 

 

こちらがメニュー表。

ホルモン鍋の他に、

ラーメンやご飯類や

焼き鳥などの居酒屋メニューも。

 

また雑貨屋さんも営んでおり、

簡単な食品やケーキやデザートなどの

商品が並べられている、

昭和のドライブインのような

お店となっています。

今回はもちろんお目当ての

ホルモン鍋定食を注文。

 

 

小川炭鉱ホルモン鍋定食

(ご飯大盛)

定価 800円+50円

 

来ました小川炭鉱ホルモン定食。

こちらのお店では店名の付いた

小川という名前で提供されています。

 

 

具材は豚ホルモンに

キャベツとネギに豆腐が

たっぷり入ったボリュームある

鍋定食となっています。

 

 

ではホルモン定食をパクリ。

丁寧に下処理された豚ホルモンは

臭みが一切無くとても食べやすく、

脂も取り除かれ甘さも抑えられ、

すっきりとした醤油の味わいが特徴的。

煮立ってくるとキャベツの甘さが

スープに溶け出し旨さが倍増!。

そんなにニンニクを効いていないので

臭いを気にせずにガッツリと頂けます。

 

最後はご飯をスープにドボンすれば

ホルモンおじやの完成!。

秋の肌寒い季節に来店したので

冷えた身体が温まり

キャベツや豆腐もたっぷりなので

腹もかなり満たされ

とても美味しく頂けました。

 

こちらのホルモン鍋は

町のスーパーや道の駅でも

セット販売されていますので

お土産に購入も可能となっています。

岩泉町にお越しの際は

いわいずみ炭鉱ホルモン鍋を

ぜひ食べてみてください。

 

 

ごちそうさまでした

 

 

こちらが店舗の場所です。

 

公式ホームページ・SNS

旅東北

小川屋(旧1001広場)|東北の観光スポットを探す | 旅東北 - 東北の観光・旅行情報サイト

岩泉商工会

1001広場 - 岩泉商工会

食べログ

イチマルマルイチ広場食堂 / 岩泉町その他)
昼総合点-

スポンサーリンク