KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

故郷山形を中心に東北各地の歴史や史跡、グルメなんかを読者の方々に詳しくご紹介出来ればと思います。

気仙沼市 ホルモンお福 気仙沼ホルモン定食をご紹介!🍖

どーもKABUOです。

 

宮城県気仙沼市を旅して来ました。

今回は気仙沼市松崎にあります

ホルモン焼肉専門店、

ホルモンお福さんの

気仙沼市のご当地グルメ

気仙沼ホルモン焼肉を

頂きましたのでご紹介します。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

ホルモンお福

 

住所 〒988-0123

宮城県気仙沼市

松崎中瀬291−3

営業時間 11:00-13:30

     17:30-21:00

定休日  不定休

 

気仙沼中央ICから程近い

ホルモンお福さん。

気仙沼市は漁業で栄えた町ですが、

長い沿岸漁業にでれば

魚中心の食生活となり、

また昔豚の屠畜場もあったことから、

お肉を求めて安価で手に入れられる

豚ホルモンが漁師たちの間で好まれ、

食文化として定着しました。

 

気仙沼市では地域おこしの一環として

2006年頃から気仙沼ホルモンとして

全国展開されPRを行っています。

そんな気仙沼ホルモンを食べようと

ネットの口コミで評判な

こちらのお店に来店しました。

 

 

こちらがランチのメニュー表。

人気のホルモン定食の他、

カルビや牛タンの焼き肉定食、

豚ロース焼きや鶏から揚げといった

定番の定食メニュー、

またラーメンなどの麺類も

注文可能となっています。

 

今回はもちろん

ホルモン定食を注文しました。

 

 

ホルモン定食

定価 920円

 

来ましたホルモン定食!

ご飯・味噌汁・ライスに

気仙沼ホルモンでは定番の

千切りキャベツが付いてきます。

 

 

では気仙沼ホルモンをパクリ。

ホルモンは下茹でをしない

生ホルモンが称され

ニンニク味噌ダレに一晩漬けこむのが

気仙沼ホルモン流。

 

生のホルモンなので

コリコリとした食感が

ボイルされたもの比べ

しっかりと楽しめ、

またホルモン独特にあります

嫌な脂っこさも感じない

絶品ホルモン!

 

ニンニク味噌ダレは

ピリッとした味が強いですので

お肉の旨味を引き立て

ご飯との相性もバッチリです。

 

 

ここでキャベツ!

長い沿岸漁業で

野菜不足になりがちな

漁師さんの為にキャベツの千切りを

付け合わせで提供したことから

この文化が定着されたそうです。

 

ホルモンの脂身が中和され

口の中がとてもさっぱりする他、

こちらにウスターソースをかけて

食べるのが気仙沼流。

私も真似して食べましたが

ウスターソースの辛味と

ホルモンが合うので味が変化され

さらにご飯が加速!。

 

 

お店自慢のつけダレでもパクリ。

味噌をベースにしているのか

結構辛みが効いたつけダレで、

この辛さが良い刺激となって

最後まで美味しく頂く事ができました。

 

辛味が効いたつけダレがとてもよく

またホルモンも脂っこくないので

女性でも気軽に食べられる

絶品ホルモン焼肉でした。

気仙沼市にお越しの際は

ホルモンお福さんに来店してください。

 

 

ごちそうさまでした

 

 

スポンサーリンク