KABUOのぶらりグルメ旅

どーもKABUOです。 地元山形や東北を中心にグルメやスイーツといった食べ歩きをブラリと行っています

東松島市 三浦屋 石巻焼きそばをご紹介!🍜

どーもKABUOです。

 

宮城県東松島市を旅してきました。

今回は東松島市矢本地区にあります

定食屋三浦屋さんで石巻のB級グルメ

石巻焼きそばを頂きましたので

ご紹介します。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

 

三浦屋

 

 

住所 〒981-0502

宮城県東松島市大曲寺沼2

営業時間 11:00-15:00

     16:00-20:30

定休日  水曜日

 

東松島市と石巻市を結ぶ

国道45号線沿いにあります

三浦屋さん。

 

石巻では昭和20年代頃から

ソース焼きそばを

食べる文化があったそうで、

焼きそばを製麺する過程で

二度蒸しを行うことから

麺に使用されるカン水が褐色され、

見た目が茶色の麺になるそうです。

 

二度蒸しする事で水分を

よく吸い込みやすくなり、

炒めた際更にダシ汁で蒸される事で、

ダシの旨味を吸い取り

より美味しく頂けるのが

石巻焼きそばの特徴です。

今回は東松島市でも食べられる

こちらのお店に来店しました

 

 

 

 

こちらがメニュー表。

お店の一番のおすすめは

ソース焼きそばなんですが、

ラーメンやカレーに定食など

定食系メニューも頂けます。

 

 

そしてこちらがお店人気の

石巻焼きそば!。

サイズがS・M・Lサイズで別れ

目玉焼き・チーズハムカツ

エボフライなどがトッピングできます。

今回は焼きそばMサイズで

チーズハムカツ付きで注文。

 

 

焼きそば

(チーズハムカツ付き)

定価 930円+300円

 

来ました焼きそば!

ってなんか予想以上に

ボリューム満点( ゚Д゚)!?

実は三浦さんではS・M・Lサイズが

各1玉・2玉・3玉となっており

もやしもたっぷり入っているので

Mサイズでもかなり量!。

これは下手にLサイズなんて注文したら

胃袋が死んでしまうところでした(汗)。

 

 

では焼きそばをパクリ。

油を大量に使用して

こってりと炒められた焼きそば、

一般的な焼きそばと比べ麺が短く、

またこってりとしていながら

最後にダシ汁が加わっている事で

後味がさっぱりして、

お店特製の辛味のあるソースが絶妙。

 

 

また後追いソースもあるようで、

味付けが一段と引き締まり、

紅ショウガの刺激も合わさると

ボリューム満点ながら

ペロリと頂けちゃいます。

 

 

一応石巻焼きそばの定義ですと

目玉焼きトッピングが

普通らしいですが、

お店によって特製のトッピングを

用意されてるお店もあり、

こちらのチーズハムカツも

チーズのマイルドな味わいが

焼きそばとも相性が良く、

また普通のフライ用の

甘口ソースをかけて食べても

味変され美味しく頂く事ができました。

 

腹いっぱいに食べられて大満足です。

東松島市にお越しの際は

三浦屋さんに来店してみてください。

 

 

ごちそうさまでした。

 

 

スポンサーリンク