KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

どーもKABUOです。 山形や東北を中心に旅を行い グルメ・スイーツ、温泉・サウナ 歴史や史跡に観光スポットなどを 紹介するブログを掲載しています。

猪苗代町 麺や・山の駅食堂 山塩らぁめんをご紹介!🍜

どーもKABUOです。

 

福島県猪苗代町を旅してきました

今回は猪苗代町にありますラーメン店、

麺や・山の駅食堂さんに

来店しましたので、

会津地方の特産品である

会津山塩を使用した

塩ラーメンを頂きましたので

ご紹介します。

 

麺や・山の駅食堂

 

住所 〒969-3101

福島県耶麻郡猪苗代町

山神原7082−1

営業時間 11:30-17:30

定休日  木曜日

 

北塩原村から猪苗代町を結ぶ、

裏磐梯へと向かう

国道459号線沿いにあります

麺や・山の駅食堂さん。

 

北塩原村にあります大塩地区では

温泉に含まれる塩分を利用した

塩の精製を行っていた歴史があります。

 

明治時代に製造が中止されるも、

平成17年に村おこしの一環として

有志が集まり再び製造が行われると、

現在では会津山塩としてブランド化され

飲食店や会津のお土産として

販売提供される事となりました。

 

北塩原村や周辺地域では

会津山塩を使用した

ご当地ラーメンも開発され、

裏磐梯を中心に多くの飲食店で提供、

今回はその中で特に評判が良かった

こちらのお店に来店しました。

 

 

 

こちらがメニュー表。

会津山塩を使用した塩ラーメンの他、

定番の中華そばに

特製の海苔がトッピングされたラーメン、

チャーシューがたっぷり入った肉ソバ、

そしてお店の人気メニューとして

評判が高いトマトラーメンが

頂けるようです。

 

今回はお目当ての山塩らぁめんに

サイドメニューからライスを注文。

 


山塩らぁめん(ライス)

定価 980円+120円

 

来ました山塩らぁめん!。

豚バラチャーシュー・ネギ・玉ねぎ

メンマ・カイワレ・ナルトの

後乗せでトッピングする海苔が

入っています。

 

 

まずはスープを一口。

コクのある旨味あるスープに

会津山塩の優しい塩の旨味が

口に広がります。

 

一般的な食塩と比べると

舌を刺すような刺々しい

味わいからかけ離れ、

まろやかなな味わいが特徴的。

 

少し魚粉が加えられ、

これがアクセントとなって

とても引き後味を引く

美味しいスープです。

 

 

豚バラ肉のチャーシューは

醤油がキリっと効いた濃い味付けで

脂身があっさりして食べやすく、

これがライスのおかずによく合い

米が進みました。

 


そしてこちらの海苔、

千葉県船橋市の森傳さんの

特製海苔を贅沢に使用しており、

あっさりとしたスープに

磯の風味が加わることによって

味がまったく別物に変化!。

 

味わいが変わるので

更なる食欲が増し

とても箸が進みました。

 

 

では麺をすすりま~す。

麺は中太の縮れ麺を使用。

プリっとした食感が心地よく、

少し柔らかいので

優しいまろやかなスープと

相性がよく美味しいラーメンでした。

 

一般的な塩ラーメンだと

スープがあっさりしすぎて

少し物足りない物が多いですが、

麺や・山の駅食堂さんの

山塩らぁめんは後味がとても引き

塩だけでこんなに変わるものかと

ビックリしてしまいました。

 

北塩原・猪苗代町の

裏磐梯にお越しの際は

ぜひ麺や・山の駅食堂さんに

来店してください。

 

 

ごちそうさまでした

 

 

こちらが店舗の場所です。

 

公式ホームページ・SNS

裏磐梯観光協会

山の駅食堂 – 裏磐梯観光協会

X(旧Twitter)

https://twitter.com/yamanoeki33

Facebook

Facebook

食べログ

山の駅食堂ラーメン / 猪苗代)
夜総合点-