KABUOのブラリ放浪記

どーもKABUOです。 地元山形を中心に各地のグルメ・温泉サウナ・歴史史跡巡りや観光スポットをブラリと放浪しています

田村市船引町 奥州福島 聖石温泉に日帰り入浴に訪れました♨

スポンサーリンク

どーもKABUOです。

 

福島県田村市を旅してきました。

今回は日帰り温泉施設、

奥州福島 聖石温泉さんに

来館しましたので、

温泉や館内の様子をご紹介します。

 

奥州福島 聖石温泉

 

住所 〒963-4435

福島県田村市船引町

大倉聖石215

営業時間 08:00-19:00

休館日  月曜日

 

田村市船引町の北部にあります

奥州福島 聖石温泉さん。

日帰り入浴の他に

ベースキャンプ場を併設され、

入浴料込みでキャンプ場が利用できる

旅人やライダーに車中泊の方々に

聖地と賞賛される人気施設です。

 

今回は田村市をブラリと散策を行い、

夕方こちらに来館しました。

 

 

こちらが入浴料金。

時間制で入浴が行え、

1回入浴、大人600円・小人450円

半日コース・大人1000円・小人850円

1日コース・大人1800円・小人1550円で

利用可能となっています。

 

キャンプ場や車中泊を行う際は

1回入浴料金でも利用でき、

入浴料金込みで600円で利用できるなら

どのキャンプ場よりも安く利用が可能!。

これは旅人の聖地と呼ばれるのも

頷ける内容です。

 

 

こちらがフロント前の様子。

ライダーハウスのような佇まい、

若い時に原付CUBで

日本一周をした時を思い出す

なんとも居心地の良い空間。

 

お食事処としても利用できますので

ぜひご利用ください。

 

 

こちらが休憩室の大広間。

まるでばあちゃんの家に

遊びに訪れたかのような

あの懐かしい空間。

 

 

こちらが脱衣場前の様子です。

 

(公式ホームページ画像引用)

 

こちらが温泉の様子。

内湯のみのシンプルな浴槽。

 

お湯は赤褐色をしており

鉄分の成分を多く含み、

空気に触れることによって

無色透明から赤褐色に

染まるとのことです。

 

泉質の成分記載はありませんでしたが、

れっきとした温泉だそうで、

色はかなり独特ですが

以外にも匂いや癖が殆どなく

とても入浴しやすかったです。

 

源泉温度は低めだそうですが、

加温で調整され

脱衣場にはインターホンがあり

もっと熱めがよければ

リクエストも行って頂けます。

 

この日はだいたい

41℃前後で入浴しやすく、

温まりの湯として地元では評判で

お風呂上り後も湯冷めせずに

身体がポカポカするので

ゆっくりと眠る事ができました。

 

店主さんはとても気さくな方で

温泉の博識はとても勉強になり、

また旅人も多いことから

地元の方も親切な方が多く

とても居心地がよい温泉施設でした。

 

田村市や三春町を観光するときは

ここを拠点に旅を巡ってもいいかも!

奥州福島 聖石温泉さんに

ぜひ来館してみてください

 

 

こちらが施設の場所です。

 

公式ホームページ・SNS

奥州福島 聖石温泉 | 聖石温泉の公式サイトです。

インスタグラム

Login • Instagram

X(旧Twitter)

https://twitter.com/hijiriishi

スポンサーリンク