KABUOのブラリ放浪記

どーもKABUOです。 地元山形を中心に各地のグルメ・温泉サウナ・歴史史跡巡りや観光スポットをブラリと放浪しています

いわき市常磐 いわき湯本温泉 さはこの湯に日帰り入浴に訪れました♨

スポンサーリンク

どーもKABUOです。

 

福島県いわき市を旅してきました

今回は日帰り入浴施設、

いわき湯本温泉 さはこの湯さんに

来館しましたので、

温泉と館内の様子をご紹介します。

 

いわき湯本温泉 さはこの湯

 

住所 〒972-8321

福島県いわき市常磐

湯本町三函176−1

入浴時間 10:00-22:00

休館日  不定休

 

湯本駅より程近い

いわき湯本温泉 さはこの湯さん。

道後温泉・有馬温泉と

日本三大古泉にも数えらえた

いわき湯本温泉街にあります

大衆浴場です。

 

外観は江戸時代の建築様式が再現され、

町のシンボルとして多くの観光客が

そのお湯を求めて来館。

 

いわき市をブラリと散策を行い、

夜はこちらの施設に来館しました。

 

 

こちらが入浴料金。

大人300円・子供150円。

シャンプーやボディソープなど

設置されておりませんので、

こちらで購入する必要があります。

 

 

 

こちらがフロントの様子。

暗証番号付きのロッカーが設置され

貴重品はこちらに預けてください。

 

また今回は訪れませんでしたが、

館内2階にはいわき湯本温泉の

歴史が学べる展示品や、

3階は大広間となっており、

ゆっくりと休憩が行えるようです。

 

 

(公式ホームページ画像引用)

 

こちらが温泉の様子。

岩風呂の宝の湯、

檜風呂の幸福の湯に分かれ

男女入れ替えとなっています。

 

泉質は硫黄泉との事で、

少し硫黄の香りがしますが、

癖が強いわけでもありませんので

硫黄の匂いが苦手な方でも

入浴が行えそうです。

 

皮膚病・婦人病・高血圧症に効能があり

源泉温度は約60℃程と熱めですが、

外気温の関係もありますが

入浴する際は少し熱めくらいの

源泉かけ流しとなっています。

 

硫黄泉は殺菌効果が高く

皮膚にとっても良いのが特徴で、

お湯は肌に触れると柔らかく、

しっとりと包み込むようです。

 

お風呂上りは肌がさっぱりとし、

保温効果も高く

夜眠るまで身体は暖かく、

寒い冬でしたがゆっくりと

熟睡する事ができました。

 

歴史あるいわき湯本温泉を

手軽に入浴できる大衆浴場、

温泉はとても素晴らしく

館内は風情があり心地よかったです。

 

いわき市にお越しの際は

いわき湯本温泉 さはこの湯さんに

ぜひ来館してください

 

 

こちらが施設の場所です。

 

公式ホームページ・SNS

さはこの湯 公衆浴場

いわき市観光サイト

さはこの湯公衆浴場|見る・遊ぶ|いわき市観光サイト - いわき市の観光・旅行情報が満載!

スポンサーリンク