KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

故郷山形を中心に東北各地の歴史や史跡、グルメなんかを読者の方々に詳しくご紹介出来ればと思います。

湯沢市 院内銀山の歴史と史跡をご紹介!⛰️

どーもKABUOです。

 

秋田県湯沢市の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は国内有数の銀の埋蔵量を誇った

院内銀山の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

院内銀山の歴史と史跡をご紹介!⛰️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205171019j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205171052j:plain

 

院内銀山跡

 

湯沢市院内銀山町にあります院内銀山跡、

現在銀山は閉鎖され史跡が残されています。

その歴史ですが江戸時代の1606年、

村山宗兵衛ら4人によって発見され、

翌年から秋田藩直営の銀山として経営、

秋田藩の重要な財源となりました。

 

院内銀山までのアクセス方法ですが

湯沢市院内から由利本荘鳥海を結ぶ

国道108号線沿いを進むと

案内板が設置されていますので

こちらに到着する事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205225354j:plain

 

旧銀山町の写真

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205225420j:plain

 

院内銀山絵図

 

江戸時代中期に銀の枯渇により

一時衰退するも、

1800年代に新しい鉱脈が再び発見されると

労働者が全国から集まり銀山町が形成。

最盛期には人口が1万人を超えたと伝えられ、

人とともに諸国の文化が流入すると

出羽の都と称されるほどの繁栄を見せ、

石見銀山・生野銀山と並び

日本3大銀山の1つに数えられました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205225640j:plain

 

十分一御番所跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205225712j:plain

 

異人館跡

 

こちらの十分一御番所跡は

院内銀山唯一の出入り口だった場所で

銀山に持ち込まれた物品に一割の税を課し

徴収を行う目的に設置され、

銀山の総括警備を担当する

役人の詰所でもありました。

 

異人館跡は明治時代に近代化を図った際

ドイツ人技師パンサー・ロージングの

両名を招き、その指導を受けました。

この地はその外国人技術者の居宅として、

住まわせた場所です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205231207j:plain

 

院内銀山三番共葬墓地

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205231233j:plain

 

門屋家墓地

 

院内銀山は開山以来、

大変なにぎわいを極め

入山の有縁無縁の者達が

ここ銀山で生涯を終え、

数知れない人々が

数ヶ所の寺に葬られております。

しかしそれ以外の多くはこの共葬墓地に葬られ

閉山までその数おおよさ3千余柱と推定され。

この地で亡くなった方を弔う

共同墓地が健在でも残されています。

 

こちらの門屋家墓地は

4代にわたって院内銀山で医師を務め、

院内銀山のみならず近村にまで

医療活動を行った人物で、

門屋家が残した日記は

「門屋養安日記」として知られており、

院内銀山史、秋田藩政史にみならず

日本鉱山社会資料として価値が注目され

市指定有形文化財に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205170916j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205170846j:plain


金山神社

 

こちらの神社は1607年に

銀山の総鎮守として創建、

江戸時代には山神宮と称され、

金山神社という名称は

明治以降につけられました。

 

藩主の尊崇も厚く、

藩主直筆の絵画や金燈籠などが

寄進されているほか、

境内みは山師や金名子が奉納した

扁額・狛犬・石燈籠が多数あり

往時の隆盛をしのばせています。

院内銀山の文化を伝える貴重な遺構として

秋田県指定史跡に指定されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205225552j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220205170713j:plain

 

御幸坑

 

明治時代に入りますと海外から

最新鋭の資材が導入され近代化が図れ

銀の採掘量も比較的に上がり

1881年には明治天皇が行幸にも訪れます。

しかし明治末期の銀の国際価格の暴落や

煙害や公害になどにより

経営が著しく悪化を辿り、

1920年、採掘停止に至った。

その後、探鉱所を設置し再興を図りましたが

1954年、休山となり

350年の歴史に幕を下ろしました。

 

こちらの御幸坑はかつて五番坑と呼ばれ、

坑道数ある中で、唯一の坑夫の出入り口であり

江戸時代には坑口広場に労務管理の

五番役所が置かれていた。

明治天皇が東北御巡幸中

院内銀山に立ち寄られ、

五番坑及び諸工場を巡覧された。

国の鉱山記念日はこの日をもって定められ、

後日当時の工部大輔吉井友実によって

御幸坑と命名されました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220207183311j:plain


院内銀山異人館(院内駅)

 

現在院内駅に隣接する院内銀山異人館には

当時の歴史資料が展示されており

詳しく院内銀山の歴史を学ぶ事が出来ます。

秋田県湯沢市にお越しの際は

院内銀山跡に足を運んでみてください

 

 

こちらが院内銀山の場所です。

 

スポンサーリンク