KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

故郷山形を中心に東北各地の歴史や史跡、グルメなんかを読者の方々に詳しくご紹介出来ればと思います。

湯沢市 小野小町の歴史と史跡をご紹介!👘

どーもKABUOです。

 

秋田県湯沢市の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は世界三大美女の一人にも数えられ

歌人でも多くの作品を残した女流歌人、

湯沢市で生誕された小野小町にまつわる

歴史や史跡等をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

小野小町の歴史と史跡をご紹介!👘

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220130174850j:plain

 

桐木田の井戸

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220130175009j:plain


姥子石

 

湯沢市旧雄勝町は小野小町の生誕の地と

伝承に残されています(諸説あり)。

出羽国の小野地域に派遣された

郡司小野良実の子として809年、

出羽の国福富の荘桐の木田

(現在の湯沢市小野)に生まれます。

 

幼い頃から美しく13才の頃には京にのぼり

その後20年程宮中の中で過ごし、

その容姿の美しさや才能の優れていることなど

数多くの女官中にならぶ者がいないと言われ、

時の帝から寵愛を受けました。

 

こちらの桐木田の井戸は

小町の父である小野良実の館があったところで

当時としては珍しい桐の木があったことから、

桐の木田ともいわれるようになりました。

館跡に残ったこの井戸は小町が産湯を使った

井戸と伝えられています。

 

桐木田の井戸近くにあります姥子石は

小町の母は時の村長の娘で

小野良実と結婚しましたが

小町が幼い頃に亡くなってしまいました。

ここは姥子(ばっこ)といわれ小町の母、

大町子の墓地、墓碑といわれています。

木の周りにある自然石には

梵字が刻んであるものもあります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220130213838j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220201200428j:plain

 

磯前神社

 

しかし小町は36歳にして

故郷恋しさのあまり小野の里に帰郷、

庵をつくり静かに歌を読み暮らします

小町に想いを寄せていた深草小将は

すべてを捨て去り京を去り

小町を追ってこの地をを訪れ

長鮮寺を仮の住まいとし

小町を訪れ恋文を送ります

 

この時疱瘡を患っており、

療養するのに百日は要するだろうと考え

時間を稼ぐべく深草小将に

「わたしを心から慕ってくださるなら、

高土手に毎日一株づつ芍薬を植えて

百株にしていただけませんか。

約束通り百株になりましたら、

あなたの御心にそいましょう」と

お願いをしました。

 

こちらの磯前神社は

小町が疱瘡を患っていた際、

磯前神社の傍にあった

寺田山薬師如来の杜を訪れ、

当時この泉に湧いていました清水は

疱瘡が治るといわれており

一日も早く治るように祈ったと

場所だといわれています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220201200555j:plain

 

二ツ森

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220201200624j:plain


桐善寺

 

深草小将は返事を承諾して

一日も欠かさず毎日芍薬を堀り植え続け

99本の芍薬を植え続けたそうです。

しかし100日目の夜、

この日は秋雨によって川が増水しており

小町の庵まで向かう

橋まで達していたそうです。

 

しかし小将は小町との約束を守り

会いたい一心から

百夜通いの誓いを果たす」と

従者がとめるのもきかずに

小町の待つ庵に向かいましたが、

小将は橋ごと流されてしまい

不幸にも亡くなってしまい、

これを聞いた小町は嘆き悲しみ、

小将の遺骸を森子山(二ツ森)に葬りました。

 

こちらの二ツ森は

小町と深草小将の墳墓といわれ、

大きい丘を男森(小将の墓)、

小さい丘を女森(小町の墓)と

呼んでいます。

 

桐善寺には長鮮寺にあった

小町が小将を供養するために建立した

板碑が移され現在も残されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220201202445j:plain

 

岩谷堂

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220201202521j:plain

 

向野寺

 

その後小町は岩谷堂に移り住み

世を避け香をたきながら

一人自像を刻み

92才で生涯の幕を閉じました。

こちらの岩谷堂は

小町が晩年に住んだ広さ20畳程の祠で

岩には鴨居や敷居の跡が残されています。

向野寺は小町の菩提寺といわれ

小町晩年の自作とされる木造が

安置されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220201205325j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220201205350j:plain

 

小町堂

 

現在深草小将が芍薬を手植えした場所には

小町の霊を祀る小町堂が建立されており、

毎年6月第2日曜日に小町まつりが開催され

小町に扮して和歌を朗詠し

小町堂に奉納されます。

小野小町の伝承は全国各地に残されていますが

湯沢市には小町の生誕から晩年までの

史跡が多く残されており

とても見ごたえがありました。

湯沢市にお越しの際はぜひ小野小町の

歴史や史跡巡りを行ってみてください

 

 

こちらが史跡のアクセス場所です。

 

スポンサーリンク