KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

故郷山形を中心に東北各地の歴史や史跡、グルメなんかを読者の方々に詳しくご紹介出来ればと思います。

湯沢市 稲庭城の歴史と史跡をご紹介!🏯

どーもKABUOです。

 

秋田県湯沢市の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は中世この地を統治した

小野寺氏の居城稲庭城の

歴史や史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

稲庭城の歴史や史跡をご紹介!🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115112245j:plain

 

稲庭城

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115112308j:plain

 

稲庭城復元想像図

 

湯沢市稲庭町古舘前平にあります稲庭城。

古代から蝦夷討伐や前九年・後三年の役で

軍道としても使用された小安街道沿いの

要所を抑える場所に位置しており、

西には皆瀬川が流れ、

標高352mの館山山頂に築城された

別名鶴が城とも呼ばれている中世の山城です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115112354j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115112411j:plain

 

広沢寺

 

その歴史ですが鎌倉時代、

源頼朝が奥州藤原氏を征討のした際、

戦功をあげた小野寺道綱が恩賞として

秋田県雄勝郡の地頭に命じられると、

四男重道を雄勝郡に入部させ

1193年頃に築城に至った説と、

重道から3代後の経道のとき

初めて稲庭に入部し築城したともされ

諸説あるそうです。

 

こちらの広沢寺は807年に

月窓和尚が川原毛に建立した

霊通山前湯寺が由来だとされ、

しかし立地の悪さから訪れる物も少なく

寺は荒廃の一途を辿りましたが

1393年、栴壇上人によって

前湯寺はさらに麓の三途川に移建されました。

その後、前湯寺は稲庭城主小野寺道広によって

稲庭に移され嶺通山広沢寺と号し、

小野寺氏の菩提寺として

厚く帰依を受けました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115112448j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115112952j:plain

 

その後小野寺氏は

秦道・輝道・景道の時代に最盛期を迎え

稲庭城・沼舘城・横手城と居城を移すと

各地に一族や有力家臣を入部させ、

その領土は雄勝郡・平鹿郡の秋田県南と

仙北郡・由利郡・山形県北部までおよぶ

一代勢力を誇る戦国大名へと成長します。

 

稲庭城の二の丸まではスロープカーが整備され

本丸まで気軽に散策する事も可能ですが、

古い古道も残されており

こちらからの散策も可能です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115123901j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115123923j:plain

 

散策路はこんな感じです。

途中で切岸跡・腰郭跡・曲輪跡の

史跡が残されていますが、

一部舗装されていない場所があり

しっかりとした靴で登る事をおすすめします。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115123616j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115123644j:plain

 

稲庭城二の丸跡

 

古道を登った先に稲庭城二の丸に到着。

スロープカーの到着駅が設けられ、

頂上からは稲庭町を望む事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115122742j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115122706j:plain

 

稲庭城本丸跡

 

しかし近隣諸国との戦いにより

次第に国力が衰退すると、

1591年、太閤検地が行われた際、

領土で検地に反対する大規模な一揆が勃発、

この事が問題視され石高を大幅に減らされ

1600年、関ヶ原の合戦の際、

当初東軍徳川家康に与しましたが

戦況から突如西軍上杉景勝に寝返りを図り

景勝と交戦する

山形城主最上義光を攻撃します。

 

先程の二の丸から少し歩くと

本丸へと続く階段があり

本丸跡には小野寺氏の守護神、

稲荷神社の祠が残されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115112150j:plain

 

夫婦マツ

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115112219j:plain

 

稲庭城古城碑

 

しかし結果戦いは徳川家康の勝利によって

上杉方は最上領土から撤退すると、

最上勢による小野寺領へと侵攻によって

稲庭城は防戦にたたされ奮戦するも、

水の便が悪く水不足に陥りついには落城、

戦後小野寺氏はすべての領地を没収され

島根石見国津和野に流罪となりました

また1595年、一揆鎮圧を口実に

義光方に攻め込まれ落城し廃城した説もあり

諸説あるそうです。

 

こちらの夫婦マツは稲庭城落城間際、

14代城主小野寺道勝の奥方が

城への名残を惜しんで植えたものとされ

その近くには明治34年に造立された

稲庭城古城碑があります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115111747j:plain

 

今昔館

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220115111806j:plain

 

スロープカー乗り場

 

現在二の丸跡には模擬天守が造立され

稲庭城や小野寺氏の歴史資料や

また特産品の川連漆器が展示されています。

今昔館はスロープカーに乗車のみ

入館が可能ですので史跡散策を行う際は

今昔館・本丸・そして古道の道沿いの順に

下って散策する事をおすすめします。

湯沢市にお越しの際は

稲庭城にぜひ観光に訪れてみてください。

 

 

稲庭城の場所はこちらです。

 

スポンサーリンク