KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

故郷山形を中心に東北各地の歴史や史跡、グルメなんかを読者の方々に詳しくご紹介出来ればと思います。

湯沢市 川原毛地獄の歴史と史跡をご紹介!🏞️

どーもKABUOです。

 

秋田県湯沢市の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は霊山として信仰の対象とされ、

修験の修行場として栄えた

川原毛地獄の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

川原毛地獄の歴史と史跡をご紹介

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220106205423j:plain

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220106205353j:plain

 

硫黄が一面に立ち込める川原毛地獄、

生物や植物がいないその殺風景な様子は

地獄に例えるに相応しい寂しい場所です。

今回訪れたのは秋の紅葉シーズンの真っ只中。

硫黄吹き出る白くゴツゴツとした岩肌に

赤く染まる紅葉はとの対比はとても見栄えよく

毎年多くの観光客が訪れています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220106205525j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220106205622j:plain

 

前湯寺跡

 

その異様な風景から地獄山とも呼ばれており

古代の時代から修験の修行の場として知られ、

青森県恐山・富山県立山と共に

日本三大霊地の一つに数えられています。

その歴史は807年、月窓和尚によって

麓に霊通山前湯寺が建立。

829年、慈覚大師がこの地に訪れ、

地蔵菩薩と自作の面を奉献したと

記録に残されています。

 

現在川原毛地蔵菩薩のある

駐車場近くが前湯寺の跡地になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220107180728j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220107180756j:plain

 

しかし立地の悪さから訪れる物も少なく

寺は荒廃の一途を辿りましたが

1393年、栴壇上人によって

前湯寺はさらに麓の三途川に移建されました。

その後、前湯寺は稲庭城主小野寺道広によって

稲庭に移され嶺通山広沢寺と号し、

小野寺氏の菩提寺として

厚く帰依を受けました。

 

その後関ヶ原の合戦後、

秋田県に佐竹氏が入部し久保田藩を立藩。

1622年、硫黄の採掘作業が始められ

1966年に終了するまで

300年近く採掘された

硫黄鉱山としての歴史もあります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220107181038j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220107181107j:plain

 

川原毛大滝湯

 

硫黄がモクモクと涌き出る川原毛地獄。

なんと近くに温泉があるそうで

その名も川原毛大滝湯!。

温泉は上流の川底から湧き出ており、

沢水と混ざり合うと

丁度良い湯加減になるんだとか。

滝の近くには脱衣場も設置されており

野良温泉を満喫する事が可能です。

 

僕も水着を着用して入浴しましたけど、

地元蔵王温泉のような硫黄の匂いが立ち込め、

夏の季節が温度が一番丁度良いとの事ですが

秋でも十分温泉を堪能出来ました(* ̄∇ ̄*)。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220107190426j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220107190827j:plain

(湯沢市観光協会公式ホームページ引用)

 

泥湯温泉

 

川原毛地獄の観光帰りに

おすすめしたいのがこちらの泥湯温泉!。

開湯1200年の歴史があるそうで

病に苦しむ乙女が透明な湯に

入るのをためらっていたところ、

天狗が現れ米のとぎ汁のように

白く濁してくれたという伝説が残っています。

お風呂上がりは肌がびっくりするくらい

スベスベになりますので川原毛地獄と共に

ぜひ入浴に訪れてみてください。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

こちらが川原毛地獄の場所です

 

スポンサーリンク