KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

どーもKABUOです。 山形や東北を中心に旅を行い グルメ・スイーツ、温泉・サウナ 歴史や史跡に観光スポットなどを 紹介するブログを掲載しています。

酒田市の歴史と史跡をご紹介(近世江戸時代編)⚓

どーもKABUOです。

 

山形県庄内地方の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

 

前回の記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

今回は酒田市中心街から

旧平田町・旧八幡町・旧松山町を含め

旧鐙屋や酒田町奉行所跡や

日本で数本の指に入る大地主の本間家等

近世江戸時代の歴史や史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220101114742j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211220021422j:plain

 

青原寺

 

近世の時代

1600年、関ヶ原の戦いが起こると、

上杉方は親徳川方の最上義光の領土に侵攻、

家臣東禅寺城主志駄義秀は出陣を行い、

白岩・寒河江の最上の支城を攻め落としたが、

西軍の敗報が伝わると兵を酒田に引き上げた。

最上勢は攻勢に転じ翌1601年、

東禅寺城を攻め落とし志駄義秀は城を開城、

米沢に撤退する事となり、

再び庄内地方は最上義光の手に帰した。

 

家臣志村光安を東禅寺城主に据えると

東禅寺城を亀ヶ崎城と名称を改称、

戦で荒廃した城下町の再生に着手を行い、

町割りが行われ現在の酒田市中心街の

原型が形作られる事となります。

しかし1614、光安の嫡子光清が

添川の楯主一栗兵部によって殺害される等、

最上義光の死後家中がまとまらず、

1622年、深く懸念した

江戸幕府の命によって

最上家は改易させられるのでありました。

 

こちらの青原寺は志村光安の菩提寺で

夫妻のお墓が建立されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220101125421j:plain

 

旧鐙屋

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220101130537j:plain

 

酒田三十六人衆ゆかりの地

 

酒田市に東禅寺城が築かれた頃から

現在の市街地側が海船の停泊地となり

飛砂の害を避ける目的もあって

柚ノ浦から西浜に

移転しようとする気運が高まり、

大永年間(1521~28)頃から

酒田三十六人衆も移住しはじめ、

本町に町づくりが開始された。

 

柚ノ浦時代からすでに酒田三十六衆による

酒田の自治運営が始められていたが、

その伝統は新酒田となってますます発展した。

最上氏は酒田長人を

好遇活用し年寄に屋号を与え、

これによって鐙屋などの名も起こり、

酒田の商人文化が花を開く事となりました。

 

こちらの旧鐙屋は酒田を代表する廻船問屋で

酒田三十六人衆の主要メンバーであり、

当時の鐙屋の繁栄ぶりは井原西鶴の

「日本永代蔵」にも紹介されるほどで

石置杉皮葺屋の典型的な町家造りとなっており、

国の史跡指定されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220101120359j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220101120440j:plain

 

酒田町奉行所

 

1622年、最上家の改易に伴い

 信濃松代藩より酒井忠勝が入部し

鶴ヶ岡城を居城とする庄内藩を立藩。

亀ヶ崎城には城代を置き

酒田町奉行所も置かれ、

酒田を酒田町・米屋町・内町の3組に分け

各組に大肝煎と組下各町ごとに

肝煎が置かれた。

 

こちらの酒田町奉行所では、

町奉行が執務および居住したところで

東側には庄内藩の米蔵等が設けられ、

亀ヶ崎城代の下で酒田町の治安や町政を

担当していました。

現在遺構跡には当時の奉行所を復元した

レプリカが展示されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220103222956j:plain

 

松山城

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211205172915j:plain

 

心光寺(酒井家御廟所)

 

1647年、庄内藩主酒井忠勝の死去に伴い、

家督を嫡男忠当が引き継ぎ

三男忠恒は松山の地を分与され松山藩立藩、

3代酒井忠林の幕政の活躍により

幕府により城持ちを許され

7年の歳月を経て松山城を築城、

松山周辺領土及び、

大江町左沢に代官を派遣して

統治が行われました

 

酒田市旧松山町には

松山城の大手門が残されており、

山形県指定有形文化財に登録されています。

 

松山城の歴史と史跡を

詳しく紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211228180926j:plain

 

河村瑞賢像

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211228183142j:plain

 

日和山公園

 

最上川を川船で積み下ろされた

内陸の米・蔵物・紅花

青苧・蝋・タバコなどの

特産物は酒田に寄港する

諸国商船によって上片に運ばれ

上片から木綿・衣類・砂糖・塩

また蝦夷地から海産物などが

酒田問屋の手によって川船に積み替えられて

内陸の商人に送られ最上川筋には

清川(庄内町)・清水(大蔵村)・大石田(大石田町)

舟町(山形市)などの諸河岸が栄え

酒田は元禄年間頃には空前の賑わいを見せた。

 

こうした繁栄は寛文年間に

河村瑞賢が来酒して、田川郡・村山郡内の

城米の積み出しの方法を定め、

上方まで約3か月で

回送することを可能とした

西廻航路の整備によるものであった。

日和山下に船着場や御米置場が

設けられたのもこの時だとされています。

 

現在桜の名所にでも知られている

日和山公園には河村瑞賢の像が建てられており

その功績を讃えています。

 

日和山公園の歴史と史跡を

紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220104113606j:plain

 

本間家本邸

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220104124220j:plain

 

浄福寺

 

本間家の祖主光重の出自には諸説あり、

永禄年間頃酒田本町2丁目に居住し

商業を営んだ長久のひとりとされ、

本間家では久四郎原光を初代とされている。

原光は酒田商人の基盤を固め

商業に才を振るう一方、

長人として三十六人衆中重きをなした。

 

2代光寿の代である享保・元文年間頃には

酒田町の献金額でも筆頭となり、

たびたび藩の借財にも応じている。

3代光丘は商業のみならず、

安永・天明年間の窮迫した

庄内藩財政の再建にも手腕を発揮して

士分に取り立てられたほか

米沢・新庄・本荘・亀田・弘前などの

諸藩にも融資して窮地を救った。

光丘の代には土地集積も急増し

その面積は1000万平方メートルに及び、

日本有数の大地主に成長しました。

 

現在本間家本邸は一般開放され見学でき、

山形県指定文化財に登録され、

本間家の菩提寺ある浄福寺の唐門は

酒田市指定文化財に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220104131145j:plain

 

松尾芭蕉像

(日和山公園)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20220104131309j:plain

 

不玉宅跡

 

江戸とのつながりの強い鶴岡の学芸に対し、

酒田では上方により強い関連がみられる。

酒田から上方・長崎に遊学して

当地に名を残した文人も多く、

また文人墨客の来酒も相次ぎました

1689年、俳人松尾芭蕉も来訪し、

伊藤不玉宅に宿をとり句会の興行が行われ、

1784、菅江真澄も酒田に来訪した

記録が残されています。

 

以上酒田市の歴史と史跡、

近世江戸時代のご紹介でした

次回は幕末から近現代までの

歴史をご紹介します

 

次回の記事の続き

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク