KABUOのブラリ放浪記

どーもKABUOです。 地元山形を中心に各地のグルメ・温泉サウナ・歴史史跡巡りや観光スポットをブラリと放浪しています

酒田市 城輪柵の歴史と史跡をご紹介!🏯

スポンサーリンク

どーもKABUOです。

 

山形県庄内地方の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は古代出羽国の中心地で

国府であったと推測される城輪柵の

歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

城輪柵の歴史と史跡をご紹介!🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129184411j:plain

 

城輪柵跡

 

山形県酒田市城輪にあります城輪柵跡、

その存在は文献によると江戸時代の頃から

その存在は確認されており、

1931年、田園の水路に柵木や角材列が発見され

発掘調査が行われた結果、

平安時代出羽国府跡だと推定されており

柵跡は総面積は52万㎡と広大な遺跡で

国指定史跡に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129193445j:plain

 

国府とは日本の奈良時代から平安時代にかけ、

朝廷の命を受け地方行政を行った

現在の県庁のような機関でありました。

出羽国府の設置に関して

詳しい年代は分かっておりませんが、

712年、出羽国が新立された際、

出羽国府も設立されたと思われます。

 

京都朝廷遠く離れた東方地方は蝦夷と呼ばれ

朝廷は東北まで領土を広げていた頃で、

蝦夷開発の前線基地として出羽柵が設けられ、

出羽国府はおそらくこの出羽柵のうちに

置かれたと考えられています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129193005j:plain

 

古い伝承によると546年に鳥海山山頂に

欽明天皇の命により大物忌神社が

創建されたと伝えられている事から

6世紀の頃より大和政権は

庄内地方飽海郡秋田県由利郡まで

領土を広げていた事が考えられ、

城柵を設けて統治を行っていたと思われます。

 

出羽国府の所在地として

有力視されている城輪柵ですが、

他にも三川町助川・鶴岡市大山

鶴岡市旧藤島町平形説も考えられており、

不明な点が多く今後の研究が待たれています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129194346j:plain

 

遺跡の中央にある政庁の遺構としては、

正殿・後殿・東西両脇殿

後殿付属東西両建物があり、

この周囲を一辺115mの築地塀等が巡り

各辺の中央には門が開き、

南門前面には付属東西両建物や

広場・南大路・井戸等が確認されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129200119j:plain

 

城輪神社

 

城輪柵跡から少し北にあります城輪神社、

祭神は五穀・ 食物を司る倉稲魂命

創建時期は不明ですが城輪柵が設けられた

和銅年間(708-715)に

創建されたと考えられており、

古来出羽一宮大物忌神社につぐ

出羽国二宮とたたえられ

城輪柵の鎮守社であったと考えられています。

 

境内には1879年この地域で疫病が流行した際、

浜田徳兵衛・池田助左衛門7名が

病気平癒のために獅子舞を奉納。

これが現在まで舞い続けられる

城輪神社お頭様の始まりとされ

それを記念した石碑が建設されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129195836j:plain

 

堂の前遺跡

 

城輪柵と関連する史跡だと考えられている

酒田市法連寺字堂の前にあります

こちらの堂の前遺跡。

 

城輪柵と同じく平安時代頃の遺跡で

四周南辺の中央に門があり、

その北側からは堀立柱建物跡や

礎石建物跡・井戸・矢板列・溝

土坑などが発見されました。

その遺構から平安時代

出羽国分寺跡と推定する説もあり

国指定史跡に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211130230454j:plain

 

八森遺跡

 

こちらの八森遺跡は

887年、朝廷の指示により

城輪柵にあった出羽国府を移転した

国府跡だと言われている遺跡です。

850年、日本三代実録という記録書によると、

出羽国で大地震があり津波が城輪柵の近く

6里まで迫ったとの記録が残されており、

また近くの荒瀬川の氾濫の危機にもさらされ

水害に強い高台に国府を移転したと考えれ、

その後どのように出羽国府が

歴史から消失したかは不明となっています。

 

現在史跡城輪柵跡は

1989年「史跡等活用特別事業」の採択を受け

1992年、政庁建物群の南門・東門、

築地塀の一部と目隠塀などが復元され、

駐車場も完備され気軽に散策が可能です。

 

また時間がありましたら

城輪神社・堂の前遺跡・八森遺跡と

城輪柵に関連する史跡を巡り

古代庄内地方出羽国府の

歴史を深く学んで頂ければと思います。

山形県庄内地方にお越しの際は、

城輪柵や関連する史跡等

ぜひ観光に訪れてみてください。

 

 

城輪柵と周辺史跡の場所はこちらです。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク