KABUOのブラリ放浪記

どーもKABUOです。 地元山形を中心に各地のグルメ・温泉サウナ・歴史史跡巡りや観光スポットをブラリと放浪しています

酒田市 観音寺城の歴史と史跡をご紹介!🏯

スポンサーリンク

どーもKABUOです。

 

山形県庄内地方の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は酒田市旧八幡町にあります城跡、

観音寺城の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

観音寺城の歴史と史跡をご紹介!🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211128235913j:plain

 

観音寺城

 

酒田市麓楯山にあります観音寺城

別名来次城とも呼ばれこの地を治めた

土豪来次氏によって築城された

標高60mの通称福山中腹の段丘面に

築かれた連郭式の平山城になります。

 

東・南・西の三方は急峻な斜面で、

北は深い沢となり、天険を利用している。

北と西に空壕をめぐらし

規模は東西約103m・南北約81m程です。

観音寺城があります観音寺地区は

北は遊佐・西は城輪柵に新田目城、

東は最上地方を結ぶ青沢越ルートがあり、

交通の要所を抑える

目的があったと考えられます。

 

現在八幡小学校があります東側の山麓

観音寺城が築城されました。

また八幡小学校は古楯という地名が残され、

平時の際の居館であったと考えられます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129001520p:plain

 

観音寺城縄張り図

(山形県中世城館遺跡調査報告書)

 

来次氏の出自についての

資料は残されておりませんが伝承によると、

その祖先は伝承によると前九年の役

源義家方に味方し奥羽北部で勢力を誇った

清原氏の一族だと伝えられています。

後三年の役清原氏一族で内紛が起こると

清原氏末弟の清原時衡は戦列を離れ、

羽黒山に入り修験道に身を投じたとされます。

 

以来20代にわたり山伏として

世を忍んできたが、20代来次氏房の時代、

武家として再起を図るべく羽黒山を下山、

現在八幡小学校がありますます古楯の地に

日向川の支流を巧みに利用した平城を築き、

氏房の子時秀の時代に

平城では防備上不安のため

古楯から麓山に城を

構えるべく着手しましたが、

しかし完成を見ずにこの世を去り

22代氏秀の手によって

築城される事となりました。

 

縄張り図を見ると

北には日向川・南には荒瀬川が流れ

天然の壕に見立て築城され、

攻めにくい要害の地であった事が分かります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129002155j:plain

 

福市神社

 

来次氏は最上郡真室川領を通じる青沢越、

秋田県由利郡矢島に通じる升田越を掌握し、

荒瀬川ち日向川の上・中流域一帯を支配した。

その後、勢力を広げ庄内統一を行った

尾浦城主武藤義氏に従順、

1578年、来次氏は義氏の命令に背きましたが

武力で攻めることなく

所領を与え安堵される等、

来次氏は庄内の国人衆の中でも

一目置かれる存在だったと考えられます。

 

八森温泉ゆりんこ近くにあります福市神社は、

平安前期871年に創建したと伝えられており、

観音寺城の築城に伴い城下町として整備され

来次氏秀によって歳の市が開催されると、

福市神社は商売繁盛の市神様として。

多くの人々の信仰を集めました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129004016j:plain

 

飛澤神社

 

1583年、苛烈な領国政策を行った武藤義氏は

山形城主最上義光と通じる

庄内の国人の反乱にあい

尾浦城で自刃しました。

来次氏は一時最上家の従順しましたが、

その後庄内は最上氏・上杉氏のよって争われ、

1588年、上杉景勝家臣本庄繁長は侵攻を進め、

十五里ヶ原合戦で最上連合軍を破り、

庄内地方上杉景勝が掌握を握ると、

来次氏は上杉家に臣従し、

以後は上杉氏に従う事となりました。

 

観音寺城南側にあります飛澤神社は、

平安時代前期の871年に

鳥海山大噴火により

その神霊を鎮め奉るために

天降堂を創建したのが始まりと伝えられ、

来次氏代々の崇敬厚く信仰された神社です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129004039j:plain

 

見龍山円通寺

 

上杉氏は庄内地方把握後検地を行うと、

庄内地方では多くの国人衆は反対一揆参加、

観音寺城には寺尾伝左衛門をおいて

反対一揆に備えておりましたが、

一揆勢に攻め立てられ討死しました。

 

その後、観音寺城には地侍が立て籠ったが、

南下した景勝の軍勢に破られて四散し、

以来観音寺城が廃城となった説と、

来次氏がそのまま統治を行ったが、

1600年、関ヶ原の合戦後、

最上義光の軍勢が庄内地方に攻め寄せた際、

来次氏は観音寺城を明け渡し

上杉氏の元に去り、

米沢移封に同行したとされています。

その後1615年に枝城廃止令によって

観音寺城が取り壊されたと伝えられています。

 

見龍山円通寺は865年定額寺となった

観音寺が円通寺の前身であるとされ、

来次氏の菩提所となり観音寺城の裏城門は

そのまま山門として使用されており、

観音寺城における唯一残された史跡です

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211129000424j:plain

 

観音寺城の麓

 

現在東側のお城の麓には

史跡を説明する案内板と、

降神社の祠が建立されており

ここから城道が続いていますが

現在城までの道は私有地となっており

散策することは不可能となっています。

お城の遺構を直接確認する事は出来ませんが

周辺には多くの関連史跡が残されており、

酒田市指定史跡に登録されています。

酒田市八幡エリアにお越しの際は

観音寺城の歴史や史跡に触れてみてください。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

こちらが観音寺城と周辺史跡です。

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク