KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

どーもKABUOです。 山形や東北を中心に旅を行い グルメ・スイーツ、温泉・サウナ 歴史や史跡に観光スポットなどを 紹介するブログを掲載しています。

遊佐町の歴史と史跡をご紹介!(戦国~近世近代編🏞️)

どーもKABUOです。

 

山形県庄内地方の歴史と史跡を

巡る旅に行ってきました。

今回は飽海郡遊佐町の

歴史と史跡をブログにまとめました。

 

前回の古代~中世の時代の

歴史と史跡を紹介した記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

 

今回は南北朝時代に北朝・南朝との争いや

戦国時代最上義光の時代、

十六羅漢岩や北海の漁業王旧青山底等の

歴史や史跡をご紹介します

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

遊佐町の歴史と史跡をご紹介!(戦国~近世近代編🏞️)

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122140217j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122140248j:plain

 

吹浦大物忌神社

 

南北朝時代、

鎌倉幕府の滅亡後建武の新政がはじまったが

新政はまもなくくずれ南北朝の動乱となった。

南朝方の活躍は庄内地方で盛んに行われ、

国司の葉室光世や中院具信らは

藤島城に拠って活躍したが城が落ちると

庄内武士もほとんど北朝方に降った。

 

1347年、北畠顕信は守永親王を奉じて

出和国に入り立谷沢城に立て籠り

一時陸奥の多賀城を奪還し

鎌倉に向かう勢いをみせたほどであったが

足利政権の内紛が解決すると形成不利となり、

1356年、藤島城は落城し庄内地方における

動乱は終息していくのでありました。

 

こちらの吹浦大物忌神社

先程紹介した蕨岡大物忌神社同様、

鳥海山の登山口として

修験の道場として栄えた歴史を持ち、

1358年、北畠顕信は

南朝の復興と出羽国静謐を祈り

由利郡小石郷乙女村(現秋田県)を

ささげる文章が残されており、

北畠顕信寄進状として

国指定文化財古文書に登録されています。

 

吹浦大物忌神社の歴史と史跡を

ご紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122142220j:plain

 

永泉寺

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122142239j:plain

 

石造九重層塔

 

戦国時代

尾浦城主武藤義氏は

上杉謙信の威令のもとに庄内地方を統一、

さらに村山郡や由利・仙北郡(秋田県)などの

四隣に武力進出を企てたが

その武断政治は国侍らに

苛酷な負担を強いたため悪屋形と嫌われ

1583年、庄内の国人の反乱にあい

尾浦城で自刃します。

 

庄内地方は山形城主最上義光が一時治めたが

上景勝配下本庄繁長が庄内を攻め

十五里ヶ原の戦いで最上勢を破り

庄内地方は上杉氏の領土へと編入されますが、

1600年の関ヶ原の戦い後、

上杉氏は米沢へと転封の処分を受け、

徳川家康に味方した義光に

再び庄内地方を与えられる事となりました。

 

こちらの永泉寺は1382年に源翁が

白狐の導きによって開山したと伝えれており

境内にあります石造九重層塔は

最上義光家臣志村光安の供養塔として建立、

県指定文化財として登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122165751j:plain

 

三崎峠

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122170037j:plain

 

豊間源之進の墓

 

近世の時代、

山形藩を立藩した最上義光は領国経営を行い

庄内平野の開拓が行われましたが義光の死後、

家臣団の内紛によるお家騒動によって

1622年、最上家は改易の処分を受け

庄内地方にに酒井忠勝が入部し庄内藩を立藩、

以後幕末まで庄内藩によって

遊佐町全域は統治される事となりました。

 

庄内地方と秋田県を結ぶ羽州浜街道。

秋田県久保田城下から酒田・鶴岡へをて

新潟まで結ぶ古代から重要視され、

遊佐町吹浦には宿場町が設けられていました。

1689年、酒田から秋田県象潟を目指す

俳人松尾芭蕉一行は激しい雨に遭い

吹浦宿で一泊し三崎峠を越え

遊佐町を往来したの記録が残されています。

 

また幕末戊辰戦争では国境を守る庄内藩と

新政府軍側に味方した秋田藩とで

三崎峠付近で激しい戦闘が行われ

秋田藩士豊間源之進が戦死、

近くには豊間源之進の墓が建立されています。

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122165313j:plain

 

十六羅漢岩

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122172637j:plain

 

海禅寺

 

近現代の時代

吹浦にあります海禅寺21代寛海和尚が

日本海の荒波で命を失った漁師諸霊の供養と

海上安全を願って造佛を発願し、

1864年に自身は付近から

酒田まで托鉢をしながら

地元の石工たちを指揮、5年の年月をかけて

明治元年22体の磨崖仏を完工しました

 (遊佐鳥海観光協会引用)

 

十六羅漢岩まではサンセット十六羅漢に

駐車して向かうことが可能。

海沿いを眺めなら羅漢像を鑑賞することができ

毎年7月下旬には十六羅漢まつりが開催され

夜間にはライトアップが行われ見応えがあります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122191920j:plain

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122192110j:plain

 

旧青山本邸

 

遊佐町青塚出身の青山留吉は漁夫として

1859年1月蝦夷地に渡りニシン漁で大成し、

北海の漁業王と言われるようになりました。

留吉は1887年に郷理の青塚に本邸を建て

通称ニシン御殿と言われており、

国指定重要文化財に登録されており

一般公開されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122193626j:plain

 

丸池様

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211122193739j:plain

 

牛渡川

 

現在遊佐町では景観に恵まれていることから

鳥海登山や吹浦海岸などの海水浴客で賑わい、

鳥海山や鳥海修験に関連する歴史や史跡は

国指定史跡に登録されているなど

豊かな自然や深い歴史が多くある

人気観光スポットです。

山形県庄内地方にお越しの際は

遊佐町にぜひ観光に訪れてみてください

以上遊佐町の歴史と史跡のご紹介でした

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

スポンサーリンク