KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

どーもKABUOです。 山形や東北を中心に旅を行い グルメ・スイーツ、温泉・サウナ 歴史や史跡に観光スポットなどを 紹介するブログを掲載しています。

たまに行くならこんな港町、山形県大石田町をブラリ旅

どーもKABUOです。

 

山形件北村山郡大石田町の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

今回は山形の物流と経済支えた

最上川舟運の寄港地、

大石田河岸と大石田町中心街を

ブラリ旅してきましたのでご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

たまに行くならこんな港町、山形県大石田町をブラリ旅

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024020513j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024022027j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024020550j:plain

 

最上川舟運で栄えた大石田町、

角二山遺跡を代表するように縄文時代から

最上川流域沿いに集落が形成、

古代の時代より大石田駒込には水駅が設けられ

街道・水路が整備された歴史を持ちます。

中世には永正年間(1504- 1521)

大田佐仲によって井出楯が築かれ、

菩提寺の普門寺・八幡神社・愛宕神社も

大田佐仲氏の時代に建立され

現在の大石田町中心街の基礎を築きました。

 

その後佐仲の息子大田外記が家督を継ぎましたが

あまり評判が良い人物とは言えず、

1585年、最上義光に攻め滅ぼされた説や、

最上氏家臣に取り立てられ

義光四男山野辺義忠の家老ともなったとの

記録が残されているそうです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024020822j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024020848j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024020944j:plain

 

最上川舟運が始まったのが古代の時代、

当時は舟を使った簡単な運搬でしたが

最上義光の時代、最上川の三難所、

碁点・隼・三ヶ瀬の河川工事が行われ

庄内地方を掌握した頃から整備が進められ

最上川舟運の基礎を築き上げます。

 

当時最上川舟運の寄港地で

最も栄えていたのが清水河岸でした。

(山形県最上郡大蔵村)

清水河岸の統治を行ってた

最上義光の三男清水城主清水義親は

豊臣秀頼の小姓を努めた経緯から

大阪冬の陣が始まる前豊臣方への内通が疑われ

1614年、山形藩主最上家親により

攻め滅ぼされてしまい清水河岸が衰退すると

拠点を大石田河岸に設け栄える事となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024021208j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024021230j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024021328j:plain

 

1622年、最上家の改易に伴い、

鳥居氏・保科氏と藩主が変わり

その後幕府領へと編入され以後幕末まで

幕府直轄領地として統治されました。

その後最上川の整備が各藩で行われ

中山町長崎・大江町左沢・長井市と流通が発展、

また河村瑞賢によって日本海西回り航路が確立し

最上川で荷積みされた幕府領年貢米が

酒田港を通り江戸に流通される事となります。

1792年に幕府の川船役所が設けられ

荷積みや人々の往来を監視管理を行いました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024022102j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211024022127j:plain

 

また著名な人物も多く大石田を訪れており、

奥の細道で有名な松尾芭蕉も

山寺を訪れた後大石田に三日滞在した記録や

山形県を代表する斎藤茂吉は

戦争の疎開先として大石田を訪れ

病気療養を行いながら作品を多く残しました。

町内を歩きますと芭蕉が訪れた記念碑や

斎藤茂吉が疎開先で使用した母屋等

史跡が残されておりとても見応えがあります。

現在でも古き町並みが残る大石田町の

港町として栄えた歴史や史跡を触れに

ぜひ観光に訪れてみてください

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

スポンサーリンク