KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

故郷山形を中心に東北各地の歴史や史跡、グルメなんかを読者の方々に詳しくご紹介出来ればと思います。

尾花沢市・最上町 山刀伐峠の歴史と史跡をご紹介!⛰️

どーもKABUOです。

 

山形県尾花沢市の歴史と史跡を

巡る旅に行ってきました。

今回は「奥の細道」で有名な

俳人松尾芭蕉も通った山刀伐峠の

歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

山刀伐峠の歴史とをご紹介!⛰️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005183735j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005222945j:plain

 

尾花沢市と最上町結ぶ山刀伐峠

尾花沢市から丹生川に沿って北東に進み

金山と大森山の間を標高510mで越え

最上小国川沿いの赤倉を結び

古来より山形と岩手・宮城を結ぶ

街道として利用されました。

山刀伐峠の名前の由来ですが

遠望すると峠付近の形状が

猟師がかぶる頭巾「なたぎり」に

似ていることが由来となっています。

 

山刀伐峠は尾花沢市方面・最上町方面から

アクセスが可能となっており

今回は松尾芭蕉にならい最上町方面から

史跡調査を行いました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005184309j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005223013j:plain

 

1580年、山形城主最上義光は

天童城を攻め落とし村山の覇権を握ると、

天童氏と同盟を結んでおりました

小国城主細川直元を攻めるため

山刀伐峠から進軍を行い、

赤倉温泉近くの万騎ヶ原で両軍は激突、

直元は懸命に戦いましたが力及ばず討死すると

小国城周辺は義光の領地に組み入れられました。

 

赤倉から峠までは急勾配の坂を

当時二十二曲りとも呼ばれ

車道が整備されていますが

道は狭く車がやっと一台走れる位です。

逆に尾花沢方面の方が道幅が広いですので

アクセスは尾花沢からをおすすめします。

 

小国城の歴史と史跡を

詳しく紹介した記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005213714j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005223122j:plain

 

江戸時代に入りますと

山形藩と新庄藩が立藩され

尾花沢市富沢・最上町満沢に番所が設置され

行き交う往来の取り締まりが行われましたが

しかし山刀伐峠その険しさから

主に背坂峠の脇道として利用され

主に出羽三山詣や最上町特産でありました

小国駒の輸送が行われていたそうです。

 

峠の頂上付近に到着。

公衆トイレも整備され車も駐車する事が可能、

ここから峠の頂上までは

ブナ林を抜けて歩いていきます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005223226j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005223244j:plain

 

1689年、堺田の封人の家から出発した

松尾芭蕉・曽良一行は屈強な若者に案内人にし

奥の細道の最大の難所と呼ばれた

山刀伐峠を越え

尾花沢の紅花商人鈴木清風を訪ね、

10日間ものあいだ尾花沢に長く滞在し

地元の俳人と多くの交流を重ねました。

この時芭蕉は山刀伐峠について

「高山森々として一鳥声聞かず木の下

闇茂り合ひて夜行くがごとし」と記しています。

 

こちらが山刀伐峠の頂上の様子。

頂上には舟形の猿羽根地蔵と兄弟と言われる

子宝地蔵と子持ち杉の他に、

山刀伐峠越顕彰碑が立てられており

付近には東屋も設置されゆっくりとした

時間を楽しむ事ができます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005230338j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005230408j:plain

 

その後山刀伐峠は

1932年に自動車道として改修され

現在の車道はその時に整備された物で

1977年、山刀伐峠トンネルが開通し

尾花沢・最上町を容易に

往来する事が可能となり

旧車道沿いは一時廃れましたが

昭和50年後半から歴史的文化価値が認められ

国と県の補助のもと遊歩道が整備されると

1996年には文化庁の「歴史の道百選」にも

選定される事となりました。

 

こちらの写真は尾花沢側にあります

旧大平集落跡になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005235119j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20211005235145j:plain

 

大平集落跡から少し進み

尾花沢側の山刀伐峠の出入り口に到着。

今回は車道を中心に進みましたが

峠の旧道もしっかりと残されており

史跡もよく整備され見ごたえがありました。

尾花沢市・最上町にお越しの際は

ぜひ山刀伐峠に訪れてみて下さい

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

こちらが史跡の場所です。

 

スポンサーリンク