KABUO原付CUBで激走。山形東北歴史・史跡・グルメ巡りの旅(時々海外も)

どーもKABUOです。 山形や東北を中心に旅を行い グルメ・スイーツ、温泉・サウナ 歴史や史跡に観光スポットなどを 紹介するブログを掲載しています。

鶴岡市 庄内藩校 旧致道館の歴史と史跡をご紹介!🏯

どーもKABUOです。

 

山形県庄内地方の歴史と史跡を

巡る旅に行ってきました。

今回は鶴岡市にあります庄内藩校、

旧致道館に訪れましたので

その歴史や史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

旧致道館の歴史と史跡をご紹介!🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210815104508j:plain

 

表御門

 

開館時間 09:00-16:30

定休日  毎週水曜日

入館料  無料

 

鶴岡市馬場町にあります旧致道館。

鶴ヶ岡城三の丸に位置するこちら、

1805年、庄内藩主9代酒井忠徳が

士道が乱れ華美を好み横暴をきわめ退廃した

士風を刷新して藩政の復興を図るために

大宝寺の地(現駅前通り日吉町)に

学問所を創設したのが始まりです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210815104540j:plain

 

館内案内図

 

 その後1816年、

10代藩主酒井忠器は政教一致をはかるため

居城に近い三の曲輪内の現在地に移し、

藩の政務を処理する会所と学校とを合わせた

珍しい仕組みとして整備しました。

「致道」とは『論語』第19章の一説

「君子学んで以て其の道を致す」の

一説から致道館と名付けられました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210815104632j:plain

 

講堂

 

致道館の教育方針は徂徠学を本旨とし

画一的な講釈を好まず

客人の能力に応じた少人数を対象とする

個別的な指導方をとったために

多くの小教場を必要とし

数多くの室が設けられました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210815104657j:plain

 

講堂内

 

明治維新により1873年、

廃校となった後は苗秀学校

鶴岡県庁・鶴岡警察署等に使用され、

明倫学校・朝暘小学校等の校舎と変遷し

復元工事を経て1972年

一般公開されるようになりました。

講堂内には庄内藩や旧致道館

まつわる歴史資料が展示されており

見ごたえがありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210815105040j:plain

 

広大な敷地は約15000平方メートルに及び、

現存する建物のほかに神庫や養老堂、

句読所をはじめ舎生の寄宿する

本舎などの学舎が建てられ

武術稽古所さらには矢場や馬場があり

現在は聖廟・廟門・講堂・御入間

表御門・東御門・西御門が残っており

東北地方では遺構が現存する

唯一の藩校として国指定史跡に登録されています。

 

鶴ヶ岡城や致道博物館ととも程近く

庄内藩の歴史が学ぶことが出来ますので

山形県庄内地方に観光にお越しの際は

ぜひ旧致道館に来館してみてください

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

こちらが施設の場所です

 

スポンサーリンク