KABUOのブラリ放浪記

どーもKABUOです。 地元山形を中心に各地のグルメ・温泉サウナ・歴史史跡巡りや観光スポットをブラリと放浪しています

たまに行くならこんな宿場町 山形県村山市楯岡をブラリ旅🏚

スポンサーリンク

どーもKABUOです。

 

山形県村山市の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は近世江戸時代宿場町として栄えた

楯岡地区の町並みを中心にご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

村山市楯岡をブラリ旅🏚

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210630072526j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701063837j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210630072605j:plain

 

楯岡城と堀跡

 

村山市楯岡地区の歴史ですが

南北朝動乱の最中である1356年、

北朝派武将で後の最上家の始祖、

斯波兼頼は山形に入部すると

山形城を拠点に寒河江大江氏等

次々と南朝派武将を武力で制圧を行い

山形県村山地方で勢力を拡大させました。

その後斯波から最上と改名を行い、

村山地方を統治すべく一族を

各地に配置を行いました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701065534j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701065609j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701065634j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701065653j:plain

 

山形城主3代目最上満直の時代、

四男満国を楯岡城に入城、

名前を楯岡氏と改名を行い

以降7代約190年にも渡り

楯岡地区を中心に統治を行い

城下町が形成される事となります。

しかし時代が流れ宗家最上家と対立すると

1584年、村山地方の掌握を狙う

最上義光との戦いに破れ城主楯岡満英は自害、

楯岡の地は義光の領地へと

組み込まれる事となりました。

 

楯岡城の歴史と史跡を

紹介した記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701062413j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701062432j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701062954j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701062915j:plain

 

1600年、関ケ原の合戦後、

義光は東軍勝利の功績が認められ

山形藩を立藩、

楯岡城には弟満直を入城させ

湯沢沼のを築堤、切り通しを開削等

本格的な城下町の整備が行われましたが、

1622年、最上家臣団による内紛により

最上家は改易となり

楯岡城は廃城となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701063044j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701063103j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701063122j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701064011j:plain

 

その後、山形藩は鳥居氏・保坂氏・松平氏

めまぐるしく藩主の入れ替わりが

行われるなか、

楯岡地区は山形藩・幕府領・陸奥白河藩分領

上野館林藩分領となって明治を迎えました

 

最上氏時代は楯岡城を中心に

楯岡楯・楯岡馬場に城下町が整備され

楯岡まで結ぶ街道は町の東側にありましたが

久保田藩佐竹氏を中心に

羽州街道が整備されると

現在の楯岡五日町・楯岡晦日町に人々は移住、

現在の村山郵便局の場所に

本陣や旅籠屋が置かれ、

参勤交代や人々や荷物に往来が増え

宿場町として大変賑わった歴史があります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210630073200j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210630073326j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701070338j:plain

 

愛宕神社(切通し)

 

 1878年、郡区町村編制法施行により

楯岡地区には北村山郡役所が設置されると

村山地方の政治・文化の中心地となり

県令三島通庸により切通しが

現在のように開かれ、

1901年、国鉄奥羽南線(現奥羽本線)が

楯岡まで開通し楯岡駅が置かれる等、

近代的発展を遂げる事となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701070201j:plain

 

東沢バラ公園

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210701071008j:plain

 

最上徳内祭り

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200615194211j:plain

 

小松沢観音

 

現在村山市楯岡地区は

毎年艶やかに咲く東沢公園バラ祭りや

郷土英雄の北方探検家

最上徳内にちなんだ村山徳内祭りに

東京浅草寺に奉納される巨大わらじ等、

数々の見どころが盛り沢山です!

山形県村山地方を観光の際は

宿場町の面影残す楯岡地区に

ぜひ足を運んでみてください。

以上たまに行くならこんな宿場町 

山形県村山市楯岡をブラリ旅のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

村山市楯岡地区

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク