KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

西川町 沼ノ平館の歴史と史跡をご紹介!🏯

どーもKABUOです。

 

山形県西川町にあります中世の城郭跡、

沼ノ平館に行ってきましたので

城主東海林隼人や最上義光にまつわる

歴史やお城の史跡の様子をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

沼ノ平館の歴史と史跡をご紹介!🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210501075321j:plain

 

西川町岩根沢にあります沼ノ平館。

別名沼ノ平城とも呼ばれ、

築城時期は不明ですが

館主は東海林氏と伝えられており

中世の時代、寒河江城主大江氏の支城で

海味・綱取の楯とともに

白岩城の支城であったとされています。

 

沼ノ平館は丸山薫記念館から

少し農道を通った場所にあり

立て看板が設置されていますが

岩根沢地区は豪雪地帯のため

春先に再度訪れたところ

案内板が撤去されており

おそらくは残雪が消えた5月・6月頃に

再度設置されると思われます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210619072801p:plain

 

縄張り図

(山形県中世城館遺跡調査報告書引用)

 

その館の規模ですが

東西50m、南北130mほどで

南側には二重空堀、北側には三重空堀と

堀切で尾根を分断しています。

主郭は1mほどの土塁で囲まれており、

本館の他の出城の要害森館と前山・楯山

綱取・水沢に各物見台を設置、

よほど大きな規模を持った

山城であったと推測されています。

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210501081348j:plain

 

沼ノ平館があります西川町岩根沢地区は

中世の時代より出羽三山へ登頂を目指す

登拝口のひとつであった為

修験者の修業の場として栄えました。

そのため内陸と庄内を結ぶ間道の

軍事戦略上重要な拠点として

この地に館を構えたと推測されています。

 

写真のように看板通りに道を直進しますと

左右に道が別れており、

右回りから道沿いに歩いたところ

お城の本丸に到着する事が出来ました。

春先に訪れた時の様子ですが

残雪が残り足元が滑りますので

初夏の季節か秋に訪れる事を

おすすめします。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210501083253j:plain

 

館主東海林氏は河北町谷地城を居城する

白鳥氏に与力した国人領主とされ

戦国時代、館主東海林隼人の時代に

勢力を伸ばす白鳥長久の命を受けて

織田信長に名馬を献上した際の使者として

中央政権に対するパイプ工作を行う等

白鳥氏の重臣として活躍をみせました。

 

道沿いに歩きますと

こちらの写真の場所に到着します。

ここらへんが城郭の史跡跡となっており

二重堀跡から石碑がある

本丸へと向かうことが出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210501080605j:plain

 

二重空堀跡

 

しかし1584年、

村山地方の統一を目指す最上義光によって

長久が山形城で謀殺され谷地城が落城。

義光嫡男義康に嫁いだ白鳥氏の息女、

日吉姫は東海林隼人を頼りに

沼ノ平館に逃げ落ち匿われました。

隼人は姫を守り鳥川(だいどころやしき)に

柵を設けて警護していましたが

月山超えの最上軍の襲撃にあい

抵抗を試みましたが姫の身を案じ、

隼人は最上氏と和睦を結び最上勢に降ると

西川町全域は最上氏の統治下に入り

義光の甥、松根光広が白岩城主となり

12000石の知行を得て

沼ノ平館もその統治下に入ったと思われます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210501075935j:plain

 

沼ノ平館本丸跡

 

その後、東海林一族は最上軍として

1600年、慶長出羽合戦に参戦し

庄内で奮戦したと伝記に残されており

現在館跡には石碑と案内板が立てかけられ

歴史や史跡の様子を伺う事が出来ます。

 

最上義光に関する史跡の中で

谷地城は知っていても沼ノ平館は

地味で知らない方も多いかと思いますが

中世の村山地方と庄内地方の様子がわかる

歴史的にも貴重な史跡だと思いますので

岩根沢三山神社と共にぜひ訪れてみてください

以上沼ノ平館の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

こちらがアクセス場所です。

 

西川町の歴史と史跡

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク