KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

米沢市の歴史と史跡をご紹介!(幕末・明治近現代編)🏚

山形県米沢市の歴史と史跡を

巡る旅に行ってきました。

 原始・古代から中世・近世・近現代と

4部に分けて米沢市の歴史をご紹介します。

 

前回近世江戸時代編の記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

今回は幕末・明治近現代を中心に

米沢が新政府軍と戦った戊辰戦争や

織物産業が発達した明治時代を中心に

ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

米沢市の歴史と史跡をご紹介!(幕末・明治近現代編)🏚

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210323234856j:plain

 

堀粂之助の墓

 

近現代の時代、

1868年、鳥羽・伏見の戦いを皮切りに

新政府軍と幕府軍による戊辰戦争が始まると

米沢藩及び奥州各藩は幕府軍に味方すべく

奥州越列藩同盟を結び新政府軍に抵抗、

米沢藩は新潟長岡藩と共闘し

新政府軍を迎え撃ちましたが敗北、

その後降伏を余儀なくされ

幕末を向かえる事となりました。

 

こちらの竜泉寺にあります堀粂之助の墓は

戊辰の役の時、会津藩の堀粂之助と

吉村寅之進は藩命をうけて

米沢藩に援軍を求めるため

1868年、若松を出発し9月3日に

米沢に到着をした。

直ちに家老竹俣美作に面会して

会津の急をつげ援兵を求めたが米沢藩は

既に事情が一変していたためこれを断った。

粂之助は宿舎に戻り君命を果たし得ないで

申し訳ないと辞世の句をのこし

9月5日従容として自刃して果てた

(竜泉寺案内板引用)

 

米沢藩と米沢城の歴史と史跡を

まとめた記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210324095820j:plain

 

高国寺と近藤勇

 

米沢市鍛冶町にあります高国寺。

その中の近藤家の墓に

かつての新選組隊長近藤勇の首が

埋葬されているということで

話題になりました。

近藤家とは幕末のころ上州桐生から招かれて

米沢織物に貢献した近藤金太郎一族のこと。

勇と金太郎はいとこでたまたま上京した折、

板橋で処刑された勇の首を

ひそかに持ち去り火葬した後、

米沢の菩提寺である高国寺に埋葬したと

伝えられています。

(高国寺案内板引用)

 

お寺の境内には近藤勇の

のぼり旗が上がっており

ちょっとした歴史のロマンが感じられます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210209231811j:plain

 

米沢藩主上杉家廟所

 

戊辰戦争後の1873年、

明治政府の廃城令によって

城内のすべての建物が破却され

米沢城の歴史に幕を閉じます。

その後二の丸跡に

郡役所・町役場が設置されると

1874年、城跡は松が岬公園として

市民に一般開放されます。

 

米沢城にありました

上杉謙信の遺骸を祀った上杉謙信公祠堂は

その後上杉神社として改名、

松が岬公園の整備化にともない

謙信公の遺骸は上杉家廟所に移され

現在の本丸跡に創建されました

 

上杉家廟所の歴史と史跡を

ご紹介した記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210208221811j:plain

 

米沢牛

 

明治時代、

1871年の廃藩置県により

米沢藩が廃藩となり米沢県が置かれ

当市域もこれに属したが

間もなく置賜県となります。

1876年、旧山形県・酒田県とともに

現山形県に統一され編入されます。

 

新しい時代が幕開けとなった

米沢では洋学が奨励され

米沢藩師範学校でありました

興譲館に洋学舎が創設され

英語教師が招かれる事となりました。

英語教師として赴任したイギリス人のダラスは

米沢の地方の方言や風土を書した

書籍をいくつの発刊します。

現在の米沢の牛肉を他地方に紹介したのも

ダラスだとされダラスのコックを努めた

日本人万吉が牛鍋屋を開いたのが

米沢牛肉の創始だといいます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210614091735j:plain

 

米沢駅

 

米沢は四方山に囲まれた盆地であるため

江戸期以来他地域および中央との交通に

恵まれないところでありました。

1876年、山形県令三島通庸により

道路が整備され福島県を結ぶ万世大路が完成、

1881年には当時日本最長トンネル

栗子隧道が開通しました。

1889年、奥羽本線の開通により

米沢駅が開業されると首都東京との距離を縮め

物資輸送と文化の交流に

一大変化をもたらします。

その後1936年、新潟県と米沢を結ぶ

米坂線ができ市内西部の発達を促しました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210327013519j:plain

 

米織会館


上杉景勝・直江兼続の時代、

財政難を克服するため様々な政策を行い、

織物に使用される桑・青苧・紅花などの

栽培が盛んに行われ置賜地方の特産物として

高い評価を受けておりました

上杉鷹山の時代にはその地域性を活かし、

京都や新潟より織物職人を呼び寄せ

武士の婦女子の内職として織物を習得させ

米沢藩の財政難を立て直しました。

これが現在でも受け継がれる伝統織物

米沢織の歴史になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210327013722j:plain

 

人織工業発祥の地

 

1892年、米沢絹織物業組合が設立され

大正・昭和にかけての力織物の発明、

ドピー、ジャガードの発明などで

生産設備が飛躍的に発展を遂げました。

さらに大正時代に米沢高等工業学校

(現山形大学工学部)教授秦逸三が

日本で初めて人絹の生産に成功。

米沢市館山に帝国人絹株式会社

(現帝人株式会社)が創設され

全国に先駆けてレーヨンなどの

化学繊維の生産を開始しました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210327000727j:plain

 

旧米沢高等工業学校

 

これは米沢織が合化繊織物へ

シフトしていくにあたって

土台形成の役割となり戦後の洋裁化に伴い、

1950年頃より合化絹糸をしようした

先染婦人服地が主流となると

米沢産地は呉服部門と服地部門の

両面産地として評価を得るようになりました。

(米織会館案内板引用)

 

米沢の地を歩きますと地場産業であります

米沢織の歴史を触れることができ、

こちらの旧米沢高等工業学校は

1910年、全国7番目に創立された

高等工業学校であります。

設立当初の学科は染織科・応用化学科の

2科が設置され染織産業の発展に寄与しました。

ルネッサンス様式を基調とする木造2階建で

北面の正面玄関から両翼94メートルに及び

国の重要文化財として保存されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210303004350j:plain

 
上杉神社

 

現在米沢市は

置賜地方の中心都市として発展、

観光客誘致にも力を入れており

旧米沢城跡上杉神社など

多くの観光客が訪れております。

山形県にお越しの際は

ぜひ米沢市に訪れてみて下さい

以上米沢市の歴史と史跡のご紹介でした

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

こちらがアクセス場所です。

 

スポンサーリンク