KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形市 らー麺 Do・Ni・Bo(ドニボ) にぼ二郎をご紹介!🍜

どーもKABUOです。

 

山形市南原町にありますラーメン店、

らー麺 Do・Ni・Boさんにお邪魔しました。

 

前回の記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

今回はDo・Ni・Boさんの

煮干しラーメンを二郎風にアレンジした

ラーメンを頂きましたのでご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

らー麺 Do・Ni・Bo(ドニボ)

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210510072513j:plain

 

営業時間    6:30−9:30

      11:00−14:00

土日祝日    6:30−15:00

定休日  火水曜日

 

2回目の訪問になりますDo・Ni・Boさん

煮干しラーメンの専門店ですが

煮干しと豚骨スープを合わせた

二郎系が頂けると聞き再び訪問しました。

 

 

 こちらが店舗の場所です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210510072547j:plain

 

こちらがメニュー表。

二郎系は記入されていませんが

中にあります食券機にはしっかりと

にぼ二郎と書かれたメニューがありました。

量も200g・300g・400gから選べ

食券を渡した際に

ニンニクとアブラを入れるか確認され、

また+30円で生卵を追加で注文出来ます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210510173330j:plain


にぼ二郎小(+生卵)

定価 650円+30円

 

来ましたにぼ二郎!

角煮のような豚チャーシューと

たっぷりのもやしにニンニクと脂、

そして青のりがトッピングされています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210510072644j:plain

 

まずはスープを一口

煮干しの風味はそこそこに

青のりの香りがふんわりと広がり

豚骨のコクがプラスされており

一般的な二郎系よりも

脂っこくなく食べやすいですが、

醤油の塩分がとても強い

かなり塩っ辛い味付けとなっています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210510175025j:plain

 

チャーシューは味付けが甘く

もやしは炒められているかのような

シャキシャキした歯ざわりが心地よく

しょっぱめのスープに浸して食べると

脂のコクも加わり美味しく頂けました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210510072706j:plain

 

では麺をすすりま〜す。

麺は少し平べったい太麺を使用、

コシが強く伸びにくいのが特徴的で

スープが結構しょっぱめなので

生卵を浸して食べると味わいが

まろやかになり丁度良く頂けました。

かなり醤油のパンチが効いてますので

注文する際は生卵を注文する事を

おすすめします。

 

小盛りでも結構ボリュームがあり

これで650円で食べれるなんて

コストパフォーマンスがとても最高です!。

ぜひらー麺 Do・Ni・Boさんの

にぼ二郎を食べてみてください。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210510072726j:plain

 

 ごちそうさまでした。

 

おすすめ関連記事 

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク