KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

南陽市の歴史と史跡をご紹介!🏞

どーもKABUOです。

 

山形県南陽市の歴史と史跡を

巡る旅に行ってきました。

古墳時代の史跡稲荷森古墳や

恋愛成就の神様として

多くの参拝者が訪れる宮内熊野大社、

江戸時代宿場町で栄えた赤湯温泉等

原始古代から近現代までご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

南陽市の歴史と史跡をご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210129205913j:plain

 

南陽市役所

 

県南東部、米沢盆地の東北端に

位置する南陽市。その歴史ですが

1967年、赤湯町・宮内町・和郷村の

新設合併により南陽市が発足。

市名の由来ですが

当時の県知事でありました

安孫子藤吉氏により

中国の故事である

「南陽の菊水」から引用して命名。

「北に丘陵、南に沃野で

まことに住みやすいところ」

という意味があります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210128224721j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210129213343j:plain

 

稲荷森古墳

 

原始・古代の時代

縄文遺跡と古墳遺跡は

米沢盆地北東に集中的に発見されており、

南陽市では須刈田遺跡・松沢遺跡

小岩沢遺跡・金沢山ノ神遺跡

十分一山遺跡・鳥帽子山遺跡

元仲山日影遺跡・長岡山遺跡等が

吉野川流域に各地に分布しています。

 

古墳時代の著名な史跡として

稲荷森古墳がよく知られており、

全長96mに及ぶ前方後円墳で

5世紀のものとされ県内最大級を誇り

国指定史跡に登録されています。

 

また稲荷森古墳以外にも

古墳時代の史跡として

二色根古墳・  松沢古墳群

上野山古墳群が発見され

県・市指定史跡に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210128232548j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210129213314j:plain

 

宮内熊野大社

 

律令制時代の頃、

当地域は置賜郡7郷のうち

置賜郷に属していたとする説が有力視され、

置賜郡の中心をなした地域と考えられ、

二色根薬師寺・宮内熊野大社

別所皇太神社・三堀寺など

赤湯・宮内方面に9世紀頃に創建された

古社寺が数多く存在しており、

12世紀に入ると奥州藤原氏の

管理下に置かれる事となりました

 

こちらの宮内熊野大社は

日本三熊野の1つとされる名社で

宮内という地名は熊野大社の

門前町として発展したことが由来となります。

 

宮内熊野大社の歴史と史跡を

紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210129213553j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210129213928j:plain

 

梨郷神社

 

中世の時代

中世の置賜郡には

屋代荘・成島荘・北条荘園などの

荘園があったことが知られており、

南陽地区は北条荘に属し、

北条荘の由来ですが

北条時政の庶子北条相模坊臨空が

この地を統治したことに

始まると伝えられていますが

起源や支配についての詳しいことは不明です。

 

1185年、奥州藤原氏の戦功により

大江広元は寒河江荘・長井荘(置賜郡)の

地頭となると次男時広が長井荘を相続し、

長井氏と名乗り置賜郡全域を

統治する事となりました。

 

こちらの梨郷神社には

県内最古の板碑が3基並び

板碑とは鎌倉時代から室町時代に

関東を中心に流行した

石碑に梵字・仏・五輪塔などを

彫ってまつった供養塔であり、

鎌倉幕府の支配にともなって

関東から置賜に移入したもの考えられます。

 

梨郷神社以外にも南陽市には

板碑が数多く存在しており

県指定文化財に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210129223029j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210129222609j:plain

 

 二色根館跡(薬師寺)

 

 1380年、福島県伊達郡を本拠地とする

伊達宗遠・政宗親子は置賜郡へと侵攻、

長井氏を滅ぼし以後、

1591年、伊達政宗が

宮城県岩出山に移封されるまで

伊達氏によって置賜郡の統治が行われました。

 

南陽市一帯に各家臣団を配置を行い、

薬師寺より北にあります

標高341mの山に築城された二色根館は

伊達政宗の家臣栗野秀用が

館主であったと伝えられており

南陽市指定史跡に登録されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210131170022j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210131170108j:plain

 

鳥帽子山八幡宮

 

近世の時代、

伊達政宗の岩出山移封にともない

会津に蒲生氏が入部すると

1594年、検地が実地されたが

1598年、上杉氏が入部、

以後米沢藩領として幕末に至りました。

 

1601年、会津120万石から

米沢30万石に減封された上杉氏は

約6000人の家臣を養うために

下級武士を原方衆として原野地に入れて

半農半士的な生活をさせると

各地で諸士開きと呼ばれ

新田開発を奨励されると

南陽市一帯も開拓される事となります。

 

米沢と上山を結ぶ米沢街道には

川口・中山・小岩沢・川樋・赤湯

大橋・糠野目に宿駅が設けられると、

特に赤湯は温泉が湧き出る事から

宿場町として大変栄えました。

 

赤湯の中心にあります鳥帽子山八幡宮は

1093年、後三年の役により

源義家が下向した際、

その弟加茂義綱が北町八幡沢に祠を建て勝

運の長久を祈ったのが起源とされる神社で、

1903年に作られた石鳥居は

継ぎ目のない一本石の石鳥居として

日本最大の大きさを誇り

南陽市指定文化財に登録されてます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210203025852j:plain

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20210203035527j:plain

 

 白竜湖

 

現在南陽市では

ぶどう、さくらんぼ、りんご、ラ・フランス等

多くの果実が生産されており

またワインの醸造にも力を入れております。

山形県置賜地方にお越しの際は

ぜひ南陽市に観光に訪れてください

 

以上南陽市の歴史と史跡の

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク