KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

長井市の歴史と史跡をご紹介!🛶

どーもKABUOです。

 

山形県長井市の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

旧石器時代の長者屋敷遺跡や

中世の伊達氏の支城小桜城に

最上川舟運で栄えた江戸時代の

歴史等をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

長井市の歴史と史跡をご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201229212447j:plain


長井市役所 

 

長井市の歴史ですが

1954年、西置賜郡長井町・長井村

西根村・平野村・伊佐沢村・豊田村が

合併し長井市が誕生、

地名の由来ですが8~9世紀に

野川・白川が最上川に合流するあたりと

野川・白川の作った扇状地に集落が発達し、

そのあたり一帯を「長井」と

よんだことにはじまり、

長井の「井」は水の集まる所という

意味を持ちます

(長井市観光協会引用)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201229212557j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201229212641j:plain

 

長者屋敷遺跡

 

原始の時代

先土器時代の遺跡として

葉山東南の山麓にある

蔵京B遺跡が発見されており、

縄文遺跡は野川の扇状地や

伊佐沢地区や葉山山麓一帯に点在。

元八幡・太田の両遺跡からは

古墳時代の集落跡が

今泉・加賀塚の両遺跡からは

須恵器窯跡が発見されています

 

こちらの長者屋敷遺跡は

1万数千年前の旧石器時代から

弥生までの1万年を超える

長期にわたって古代人の生活の跡が発掘、

現在では縄文村として当時の集落や

土偶のモニュメントが建造され

現在縄文村として開放されており

長井市の史跡文化財に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201229215134j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201229215219j:plain

  

總宮神社
 

古代の時代

長井地方の開発は古く

置賜郡ははじめ陸奥国に属したが

712年、出羽国設置に伴い

編入される事となります。

 

こちらの總宮神社は

延暦年間(782年〜806)に

坂上田村麻呂によって蝦夷討伐のおり

日本武尊の御神徳を追尊して

白鳥の社をここに創建されたのが

始まりと伝承されており、

鎌倉時代以後、長井・伊達・蒲生・上杉と

歴代の領主の信仰厚く

下長井郷44ヵ村の神社をここに合祭し

下長井郷総鎮守の社として

總宮の社号を定めたもの伝えらます。

境内には上杉氏家臣

直江兼続が植えたとされる直江杉があり

長井市を代表する古社の一つになります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201229222841j:plain

 

新田の塔(金鐘寺)

 

中世の時代

平安時代末期頃まで奥州藤原氏によって

統治されておりましたが

奥州藤原氏の滅亡後、

1189年、大江広元が

地頭に任ぜられ置賜地方を領有、

広元の次男時広のときから

長井氏と称し置賜地方全域を

長井郡とする私称も行われます

長井氏は鎌倉幕府の要職にあった為、

現地の経営は配下の代官に委ねられましたが

1380年、福島県伊達郡を本拠地とする

伊達宗遠・政宗親子による侵攻を受け

長井氏は失墜し以後、長井地方を含め

置賜郡全域は伊達氏によって統治されました。

 

金鐘寺境内にありますこちらの新田の塔は

伊達氏との戦いで小松に陣をはり

大激戦を展開した長井氏の武将

新田氏に関連する史跡で

この戦いのおり伊達氏は和睦を申し込だので

新田氏は兵を退き敵陣に向かう途中、

卑怯にも伊達氏の伏兵に襲われて

一族ことごとく捕らえられ殺害されました。

このこと以来伊達宗遠は

自分の行為を後悔してこの塔を立て

その霊を祭ったと伝わっています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201229232918j:plain

 

小桜城跡(宮村館跡)

 

戦国時代

戦国期には米沢を中心とする地域を

上長井荘、長井市中心を下長井荘と

称するようになり

引き続き伊達氏によって統治が行われましたが

1591年、伊達政宗の陸奥岩出山の

移封によって終わりを告げ

その後、蒲生氏・上杉氏と領主が変わり

江戸時代を迎える事となりました。

 

こちらの小桜城は

伝承によると1058年頃に

安倍貞任の姫、卯の花姫が

この地に館をつくり源義家戦ったので

別名卯の花の館とも呼ばれており

伊達氏の時代には家臣片倉氏がここを居城、

最上氏や鮎貝氏と戦い置賜制覇に尽力し

政宗の家臣片倉小十郎景綱の居城であったとの

説も残されているそうで

蒲生氏の時代に廃城され小桜城という名称は

後世の命名になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201230151441j:plain

 

旧丸大扇屋

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201230151902j:plain

 

最上川

 

近世の時代

関ケ原の合戦後、上杉氏は

米沢に転封を命じられ米沢藩を立藩、

その後幕末まで上杉氏によって

統治される事となります。

 

下長井地域を北流し

山形盆地に入る最上川は

白鷹町菖蒲地区の黒滝の岩床に堰止められ

舟を通す事が出来ませんでした。

1694年、京都の豪商

西村久左衛門が私費を投じ

開削工事が行われると、

高畠地区の米や米沢藩の城米や青苧などが

酒田回りで京都や江戸へ

送ることができるようになり

物資の輸送に大きな変革をもたらします

 

宮・小出地区には城米屋・青苧蔵

木ノ実蔵・制蠟場も設けられるようになり

宮船場が設置され河岸を往来する

最上舟運によって長井地区は大きく栄え

商人町として大きく飛躍するのでありました。

 

こちらの旧丸大扇屋は

江戸時代から昭和時代にかけ

約350年の歴史を持つ

最上川の舟運で栄えた商家のひとつで

昔の様子を残す貴重なものとして

県指定有形文化財に指定されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201230213823j:plain

 

小桜館(西置賜郡役所)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201230222855j:plain

 

旧長井小学校第一校舎

 

近代の時代、

1872年、明治維新後

廃藩置県により米沢県・同年置賜県に属し

1877年、山形県に編入されます。

明治になると西置賜郡役所が設置され

西置賜郡の中心都市として発展、

1914年、

赤湯駅から長井駅まで鉄道が開通、

長井市は工業産業が発展する事となりました。

 

こちらの西置賜郡役所・郡会議事堂は

1878年、山形県令三島通庸の

命により建てられ

現存する郡役所では山形県で1番、

全国で2番目に古いもので

長井市指定有形文化財に指定されています。

 

旧長井小学校第一校舎は

1933年に建築された

2階建ての木造校舎で、

大規模な木造校舎は全国的にも珍しく

大変貴重な歴史的建造物として

国の登録有形文化財に登録されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190522235345j:plain

 

長井黒獅子祭り

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190520234831j:plain

 

白つつじまつり

 

現在長井市では

日本一の生産量を誇るけん玉や

江戸時代から伝わる長井袖、

長井馬肉ラーメン等の特産物の他

長井獅子まつりに白つつじまつり等

魅力的な観光スポットが楽しめます。

置賜地方に観光のお越しの際は

ぜひ長井市に遊びに来てください

 

以上

長井市の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

こちらが史跡のアクセス場所です。

 

長井市おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク