KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山形県小国町の歴史と史跡をご紹介!🏞

どーもKABUOです。

 

山形県西置賜郡小国町の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

子育ての神様として信仰を集める

大宮子易両神社や中世の城跡小国城、

置賜から新潟を結ぶ黒沢峠の石畳等

貴重な史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

小国町の歴史と史跡をご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201224004139j:plain

 

小国町役場

 

小国町の歴史ですが

1889年、町村制施行によって

小国本村・南小国本村

北小国村・津川村が誕生、

1942年、小国本村が

町制施行し小国町に改称。

1954年、小国町・北小国村・南小国村、

1960年に津川村を編入し

新政小国町が誕生します

 

地名の由来は

小さい国すなわちせまい

1区域をなしている土地という意味が

地名の由来になりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201225234036j:plain

 

小国中学校

 

原始の時代

小国町は置賜地方の中でも

先土器時代の遺跡が特に多く、

主なものとしては畔坪遺跡

東山遺跡・平林遺跡などがあり

多数の遺跡が確認されています。

縄文時代のものとしては

大下遺跡・才頭遺跡・古田遺跡

千野遺跡・朝篠遺跡などがありますが

先土器時代〜縄文時代の遺跡が多い反面、

弥生時代〜古墳時代の遺跡は

発見されておらず、

自然採掘を主としており

農地開発の遅れがあったと思われます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201225234219j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201226014326j:plain

 

大宮子易両神社

 

古代の時代

小国町は朝日連峰・飯豊連峰に囲まれ

東方の宇津峠で長井盆地と分断され

古来越後方面との交通の要衝であり

かつては小国谷とも呼ばれ

律令制の時代置賜郡7郷のうち

余戸郷に推定されています。

 

古代末期置賜地方は

奥州藤原氏の勢力下にあり、

小国地区は越後の関門として

鶴岡市の鼠ヶ関と並び

奥羽の軍事上の要衝でありました。

小国には藤原清衡の子清綱の嫡子

橋爪俊衡が配され、

小国山城に拠ったといわれ

大館山城と共に藤原氏の

重要な防御拠点となります。

 

こちらの大宮子易両神社は

712年に創建されたと伝わる神社で

古来より安産・子育ての神として有名で

小国地区の総社として崇敬され

近世上杉氏の信仰も厚く、

社領を寄進して祈願所となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201225235650j:plain

 

小国城跡(旧小国小学校)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201226000245j:plain


光岳寺

 

中世の時代

1189年、源頼朝との奥州合戦に際し

藤原秦衡の郎党の一人良元らが

小国を固めましたが戦いに破れると

家臣大江広元が長井荘地頭となると

その後次男長井時広が後を引き継ぎ

小国地区はその統治下におかれます。

 

1380年、福島県伊達郡を拠点とする

伊達宗遠と政宗親子により

置賜郡の侵攻が始まると

長井氏は戦いに破れ滅亡、

長井荘及び小国地区は伊達氏の

統治下に置かれる事となり

1591年、伊達政宗が陸奥岩出山に

移封されるまで続き、

その後、蒲生・上杉氏が統治しました。

 

こちらの小国城跡は

伊達氏の時代に築城されたとみられ

はじめは栗生田義廉・義広が居城し

ついで上郡山盛為・為家・景為が

城主となって当地を統治、

上杉統治時代には御役屋が置かれました。

光岳寺は城主上郡山氏の菩提寺といわれ

鎌倉時代作と推定される阿弥陀三尊像は

小国町の文化財に指定されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201226014525j:plain

 

笹生代官屋敷跡

 

近世の時代

関ケ原の合戦後、会津より米沢に

上杉氏が移封され米沢藩を立藩。

以後幕末まで置賜地方は上杉氏により

統治される事となります。

 

こちらの笹生代官屋敷跡は

慶長から寛文にかけ田地の開墾に努めた

笹生広秀の屋敷跡だとされ

金目川の増岡堰などを設けて田地を開拓し

小国地区の発展に尽力、

小国町史跡文化財に指定されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201227025304j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201227010658j:plain

 

黒沢峠の石畳

 

新潟と置賜を結ぶ越後米沢街道。

江戸時代になりますと

米沢藩の特産品青苧、煙草等が運ばれ

越後からは塩、塩魚、乾物等が

牛馬や背負子で運ばれ

人々の往来あり小国地区は

宿場町として栄えた歴史がありました

 

こちらの黒沢峠十三もある峠の一つで

峠の長さは2.6Kmであり

敷石が敷かれその石の数は

3600段と言われており

1839年から1867年にかけて

36800人を超える人夫によって

敷石工事が行われた歴史があり

小国町の史跡文化財に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201227153132j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201227025724j:plain

 

飛泉寺跡の大銀杏

 

こちらの飛泉寺跡は

1427年、楠木正成の四男、正儀の子

傑堂能勝和尚が亀岡文殊の帰途、

糖野目の耕福寺に続いて創建したと伝えられ

1754年、火災に遭い焼失、

1803年、再建されましたが

1913年、再び火災に遭い焼失しました。

1978年、横川ダムの建設にあたり

水没から避けるため現在地に移植され

小国町の天然記念物に指定されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201227025409j:plain

 

赤芝峡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201227021117j:plain

 

玉川渓流

 

現在小国町は豊かな自然を活かした

観光産業が行われ

ブナ林が広がる温身平や

秋には紅葉が見頃を迎える赤芝峡、

飯豊連峰から流れる澄んだブルーが特徴的な

玉川渓流等多く見どころがあります。

置賜地方に観光にお越しの際は

小国町にぜひ行ってみてください

 

以上小国町の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

史跡のアクセス場所はこちらです。

 

スポンサーリンク