KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

飯豊町の歴史と史跡をご紹介!🏞

どーもKABUOです。

 

山形県西置賜郡飯豊町の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

原始古代の萩生石箱遺跡や天養寺観音堂

中世の萩生城の歴史等を調べましたので

ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

飯豊町の歴史と史跡をご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201217215542j:plain

 

飯豊町役場

 

飯豊町の歴史ですが

1954年、添川村・豊川村・豊原村が

新設合併を行い飯豊村が発足。

1958年、中津川村を編入、町制施行して

飯豊町となります。

町名の由来となりました

山形県・福島県・新潟県をまたがる飯豊山、

山名の由来は652年、

この山に登った唐の知道和尚と役小角が

山容が豊かに飯を盛ったような

姿あるところから、

名付けられたと伝承に残されており、

古い山岳信仰の場所でもあります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201217222936j:plain

 

上屋地遺跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201217223011j:plain

 

萩生石箱遺跡

 

原始の時代。

県内最古で最も古いと言われる上屋地遺跡は

3万年から5万年前の旧石器時代中期の

遺跡と推定されており

500点に及ぶ石器が発掘されました。

縄文時代のものとしては

野山遺跡・裏山遺跡・町下遺跡などがあり

弥生時代のものとして萩生石箱遺跡が発見、

縄文中期から平安までの集落跡だとされ

遺跡保存会の有志によって

現在の竪穴住居が復元されました。

上屋地遺跡・萩生石箱遺跡は

飯豊町文化財・指定史跡に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201217230942j:plain

 

天養寺観音堂

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201217231013j:plain

 

中村原土壇

 

古代の時代

律令制下の当地域は置賜郡に属していた。

水田耕作の中心をなす旧豊原・添川地区は

最上川と置賜白川の合流点に形成され

他地域と比べ開発の歴史が

相当古いと考えられています。

 

こちらの天養寺観音堂は

火災によりお寺の記録が消失し

詳しい歴史は不明な点が多いのですが

平安時代に創建されたと考えられており

1414年に現在のお堂が再建され

置賜三十三観音四番札所にあたり、

中村原土壇は天養寺に関わりある

祈祷壇だったとされ共に

県指定文化財・史跡に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201215235708j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201215235859j:plain

 

萩生城と恩徳寺

 

中世の時代、奥州藤原氏滅亡後、

戦功により大江広元は

寒河江荘と長井荘を承り、

その後、次男時広が長井荘の地頭となると

長井氏と名乗り置賜郡一帯の統治を行います。

1380年、伊達郡を本拠地とする

伊達宗遠・政宗親子が置賜郡に侵攻を進め、

長井氏を滅ぼすと伊達氏は新たに

置賜郡一帯の統治を行いました。

 

こちらの萩生城は伊達氏の

家臣国分氏によって築城されたお城で

飯豊町萩生地区には遺構が残されており

見ごたえがあります。

 

その後1591年、

伊達氏が宮城県岩出山移封されると

蒲生・上杉氏と統治者が移り変わり

江戸時代を迎えました。

 

萩生城の歴史と史跡を

紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201221173718j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201221173751j:plain

 

手ノ子宿跡(手ノ子地区)

 

近世の時代

江戸時代に入り上杉氏は米沢藩を立藩。

米沢城と新潟を結ぶ越後街道が開削されると

飯豊町には松原宿と手ノ子宿が設けられ

特に手ノ子宿は米沢藩から重要視されます。

また上杉鷹山の藩政改革によって

中津川地区を中心に養蚕業が盛んとなり

越後街道を通り青苧・絹織物・木綿等

多くの特産物が往来しました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201221174431j:plain

 

散居集落

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201221174355j:plain

 

 白川ダム

 

 現在飯豊町で米沢牛の畜産業や

どぶろくの生産に力を入れており

また散居集落や白川ダム等の

豊かな自然や風景から

日本で最も美しい村連合に加盟しています

山形県置賜郡に旅行に訪れましたら

飯豊町にぜひお越しください

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

史跡のアクセス場所はこちらです。

 

スポンサーリンク