KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

白鷹町の歴史と史跡のご紹介!🏞

どーもKABUOです

 

山形県西置賜郡白鷹町の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

国重要文化財に指定された深山観音堂や

中世の城跡鮎貝城や荒砥城等

原始古代から近現代にかけての

同町の歴史をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

白鷹町の歴史と史跡のご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201209004800j:plain

 

白鷹町役場

 

西置賜郡白鷹町の歴史ですが

1954年、荒砥町・鮎貝村・東根村、

白鷹村・十王村・  蚕桑村が新設合併を行い

白鷹町が発足しました

 

白鷹町の町名の由来となります白鷹山、

冬に雪を抱いた姿が羽を広げた

鷹に見えることから名付けられたという説や

奈良時代行基がこの地を訪れ時、

白い鷹が飛来しそこに虚空蔵菩薩が現れ、

そこで山頂に虚空蔵菩薩を祀ったことから

白鷹山と命名したという伝説が残され

別名虚空蔵山といいます。

また米沢藩の名君といわれた

上杉鷹山の鷹山の号は

白鷹山にあやかり名乗りました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201207232952j:plain

 

小四王原遺跡

 

原始の時代

現在のところ先土器時代の

遺跡は発見されておらず、

縄文前期以降のものがほとんどで

最上川流域を中心に

小四王原遺跡・蚕桑高田遺跡・鮎貝赤坂遺跡

石那田遺跡・関寺遺跡などが

発見されています。

 

こちらの小四王原遺跡からは

新潟県馬高遺跡より出土する土器と

同系のものが発見されたことから

縄文時代中期初頭に新潟方面と

交流があったことが推察されており

白鷹町の指定史跡になっています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201207234614j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201211235510j:plain

 

深山観音堂

 

古代の時代、

律令制国家の頃、白鷹町は

置賜郡7郷のうち赤井郷に比定されており

この赤井郷の赤井が南陽市の赤湯となった説や

鮎貝が赤井の訛ったもとされる説、

またアイヌ語を語源とする説もあり

不明な点が多く定かではありません。

 

こちらの深山観音堂は

創建年代は明らかではありませんが、

平安時代の様式を伝える阿弥陀堂で

現在のお堂は室町時代に

再建されたものと推定されており、

阿弥陀堂建築として古風な形を残す事から

文化的価値が認められ

国の重要文化財に指定されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201209005030j:plain

 

瑞龍院

 

中世の時代、

1189年、奥州藤原氏の討伐や

鎌倉幕府の成立に多大な貢献を行った

大江広元が寒河江荘・長井荘の

地頭に任ぜられて置賜地方を承ると、

次男時広が長井荘を譲り受け

その後一族は長井氏と名乗り統治しました

 

南北朝動乱の時代の1377年

福島県伊達郡を支配する

伊達政宗は父宗遠と共に領土拡大を目指し

長井荘へと侵攻を進め長井氏を滅ぼすと

以後伊達氏により置賜郡は

統治されることとなります。

 

こちらの瑞龍院

1453年、伊達持宗が開基し

物外禅師が開山したと伝えられており

1485年、朝廷の勅願所となり

最盛期には末寺500ヵ寺と伝えられ

曹洞宗布教の一大拠点でありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201214022712j:plain

 

光明海上人の即身仏

(蔵高院)

 

応永年間(1394年〜1428年)

西川町大日寺の道知上人により

出羽三山に通じる参拝道が整備されると

白鷹町から西川町大井沢大日寺を経由する

修験者の往来が増し、

江戸時代に最盛期を迎え修験者のみならず

多くの参拝者が出羽三山参詣に訪れました

 

こちらの蔵高院は

湯殿山行者でありました

光明海上人の即身仏が安置されており

白鷹町黒鴨には同時の旧参道と

光明海上人の墳墓が残され

町の指定文化財に指定されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201209014955j:plain

 

荒砥城跡(八乙女八幡神社)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201209015133j:plain

 

鮎貝城跡(鮎貝八幡宮)

 

伊達氏の統治のもと在地武士の多くが

伊達氏の支配下に組み込まれ地頭となる中、

地頭領主でありました

鮎貝城主鮎貝氏や大荒砥城主大立目氏は

強力な在地支配権を維持し続けて

伊達氏の家臣の中でも極めて独立性の強い

地方領主としてこの地を治めます。

 

こちらの荒砥城と鮎貝城は

伊達氏の支城として使用され

山形城最上氏領土と接する事から

戦略上重要拠点地でありました。

 

1591年、伊達政宗の岩出山に移封に従い

鮎貝氏・大立目氏はこの地を去ると

蒲生氏・上杉氏がこの地に入封を果たし

1600年、関ヶ原の戦いでは

荒砥城から上杉氏家臣直江兼続が出陣し

最上領土へと侵攻した歴史が残されています。

 

荒砥城・鮎貝城の歴史と史跡を

詳しく紹介した記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201214021827j:plain

 

諏訪神社

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201210234423j:plain

 

最上川と黒滝開削跡

 

近世の時代

関ケ原の合戦後、会津より米沢に

上杉氏が移封され米沢藩を立藩。

以後幕末まで置賜地方は上杉氏により

統治される事となります。

米沢城を中心に置賜地方を統治すべく

白鷹町には鮎貝城・荒砥城の跡地に

御仮屋が設置され藩政を取り仕切り

耕地の拡張と生産の増強に努め

大きな灌漑用水工事が行われ

1612年、諏訪堰の開削という

大事業に成功した沼沢伊勢により

白鷹町浅立に諏訪神社が建立されました

(本殿・拝殿共、町の指定文化財)

 

こちらの黒滝開削跡は1694年、

京都の豪商西村久左衛門を中心に

17000両を投じて黒滝を開削を行います。

これにより大江町左沢と置賜地方を結び

特産の青苧や米などの輸送が容易となり

米沢藩及び最上川舟運が

大きく発展する事となりました

 

また工事が極めて難儀であったため

西村久左衛門は工事の無事完成を祈り

佐野原の剣先不動尊の

本堂を再建し鰐口を寄進、

白鷹町の指定文化財にに登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201211234013j:plain

 

小松織物工房

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201211234126j:plain

 

深山和紙

 

江戸時代の1767年、

米沢藩主となりました上杉治憲(上杉鷹山)は

財政が逼迫した藩を救うべく

殖産興業に力を入れ養蚕・青苧栽培・織物を

熱心に奨励を行い技術導入を行い

特産品であります白鷹織や深山和紙は

この頃に開発され

現在でも全国的に評価が高い

逸品として知られており

白鷹町の無形文化財に指定されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201211224641j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201211224748j:plain

 

荒砥駅

 

近代の時代、1922年〜1923年

南陽市赤湯から白鷹町鮎貝・荒砥駅を結ぶ

現在のフラワー長井線が開通されると

明治維新後の国策もあいまって

蚕種製造が更に発展を遂げる事となり

また桑の需要も増し荒砥は桑市が行われ

品種・飼育改良により町は大いに発展しました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190714235245j:plain

 

現在白鷹町では米沢牛や馬肉の生産の他に

紅花を原料とする紅餅、すり花、乱花の

生産量全国シェア6割を超える

紅花染めの生産地として知られています。

山形県に観光にお越しの際は

ぜひ白鷹町に訪れてみてください

 

以上

白鷹町の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

史跡のアクセス場所はこちらです。

 

スポンサーリンク