KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

寒河江市 寒河江城の歴史と史跡をご紹介!🏯

どーもKABUOです。

 

山形県寒河江市の歴史と史跡を

巡る旅に行ってきました。

今回は西村山一帯を統治しました

寒河江大江氏の居城、

寒河江城の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

寒河江城の歴史と史跡をご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201010173218j:plain

 

寒河江城跡の碑

 

寒河江城の歴史ですが

1192年、奥州藤原氏討伐の功により

大江広元が寒河江荘を賜り、

目代として多田仁綱を入部させ

寒河江の領国経営に当たらせました。

1221年、広元の嫡男親広が

承久の乱において後鳥羽上皇側に付き

幕府に敗北を喫すると寒河江荘に逃れ

寒河江市丸の内に館を築城したのが

寒河江城の前身となります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201010213144j:plain

 

寒河江城本丸跡

 

寒河江城が本格整備されたのは

8代大江時氏の頃だったと言われています。

南北朝動乱の時代の1368年、

大江氏は南朝方に味方し

北朝方の山形城主斯波兼頼と争うと

漆川の合戦において大敗北を喫します。

 

合戦後、

北朝方に和を乞い降ることを遺命を残し

7代大江時茂が亡くなると

生き残った時氏は家督を譲り受け

北朝方と和睦を結び所領は安堵されましたが、

斯波氏の支配下に置かれる事となりました

 

この頃から本格的に整備された背景には

斯波氏に対し従順するも争乱の備えとして

防備を固めた整備を行ったのではないかと

考えられます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201010212920j:plain

 

寒河江城推定図

 

親広の時代には本丸のみでありましたが

城郭整備にあたり二の丸、三の丸を拡張造営、

本丸は東西110m・南北に162mで

濠幅14m、その内側に土塁がありました。

二の丸は東西250m・南北330m、

濠幅16m、その外側に幅約10mの

通水路がめぐらされ重臣の屋敷を配した

輪郭式の平城になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201010213301j:plain

 

旧惣持寺跡

 

大江氏は寒河江氏と称し

領国や人民の安定を図る為

寺院や神社の建立を行い

寒河江市内には寒河江大江氏の菩提寺や

祈願寺が多く残されています。

 

こちらの惣持寺跡は

寒河江城の二の丸に建立された寺院で

城の鬼門を守ると同時に

寒河江大江氏の祈願寺として繁栄します。

全盛期には末寺40ヶ寺を持つ

中本山の寺格の広大な寺院でありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201010224150j:plain

 

駒形堂

 

その後寒河江大江氏は一族を各地に分封させ

西村山地方の統治に務めましたが

戦国時代に最上・伊達氏との戦闘の繰り返しや

1574年、最上義守・義光親子による

天正最上の乱では寒河江氏は義光に味方するも

主流派一族は義守に味方し寒河江城に攻め寄せ

本丸を残し攻め崩されてしまう等など

一族との内紛によって国力を衰退させます。

 

1584年、18代寒河江高基の時代、

村山地方の統一を目指す最上義光によって

攻め滅ぼされる事となりました。

 

こちらの駒形堂は本丸に建立されていたお堂で

代々寒河江城主の信仰が厚かったとされます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201011095123j:plain

 

寒河江城二の丸堀跡

 

寒河江大江氏の滅亡後、

最上義光によって寒河江城は接収され

嫡男義康が居城し統治される事となります。

1600年、東北の関ヶ原慶長出羽合戦では

上杉軍が最上領へと侵攻を進めると

義康は伊達政宗に援軍を求める最中

中山楯主中山玄蕃が防備を固めましたが

上杉軍の猛攻により落城します

 

徳川家康の勝利により関ヶ原の合戦後、

寒河江城には次男家親が一時在城、

1609年〜1610年頃山形城に移ると、

寒河江大江氏の支族寒河江光俊が

27000石で入城し統治を行いました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201011111410j:plain

  

寒河江城辰巳門跡(澄江寺山門)

 

1622年、家臣団の内紛により最上家は改易、

寒河江城は山形藩鳥居氏に預けられ

この時幕命によって本丸を残し

二の丸・三の丸の土塁が崩され濠が埋められると、

1636年、寒河江が幕府領になるにともない

寒河江城は廃城となりました。

 

寒河江市澄江寺にあります山門は

寒河江城三の丸にありました

辰巳門を移築したものになります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20201011112443j:plain

 

寒河江小学校(寒河江城本丸跡)

 

現在城跡は市の中心街となり

本丸跡は寒河江小学校の敷地となっており

遺構はほとんど残されておりませんが

二の丸西門にあたる小学校の西側に

寒河江城跡の碑が残されております。

 

寒河江市に観光に訪れましたら

ぜひ寒河江城の歴史にも触れてみてください

 

以上

寒河江城の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

寒河江城の史跡アクセス場所はこちらです。

 

スポンサーリンク