KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

大江町 左沢楯山城の歴史と史跡をご紹介!🏯

どーもKABUOです

 

山形県西村山大江町の

歴史と史跡を巡る旅に行って来ました。

今回は寒河江大江氏の支城で

中世の頃に築城された

左沢楯山城の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

左沢楯山城の歴史と史跡をご紹介!🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200923230802j:plain

 

左沢楯山城

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200923231013j:plain

 

朝日少年自然の家

 

左沢楯山城の歴史は14世紀後半に

寒河江大江氏七代大江時茂の

三男左沢元時により築城されたと

伝えられています。

 

時は足利尊氏と後醍醐天皇が争った

南北朝動乱の時代、大江氏は南朝方に与し

西村山を中心に勢力を誇っておりましたが

1356年、北朝方の斯波兼頼の入部、

そして大江一族でありながら

北朝廷に与した長井氏の争乱の備えとして

一族を白岩、溝延、柴橋と各地に配置すると

村山地方と置賜地方を結ぶ軍事上の要地である

この地に山城を築城したと考えられます。

 

左沢楯山城は

最上川を天然の堀に見立てた

自然を活かした天然の要害で

大江町最上橋からは城の全貌が望め

現在少年自然の家が併設されています。

 

 

左沢楯山城の場所です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200924145829j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200924150019j:plain

 
左沢城三の丸跡 

 

1368年、大江氏と斯波氏の両軍が

大江町本郷付近で合戦が行われると

斯波氏の巧みな奇襲作戦により大江氏は敗北

一族60数名と共に城主元時は自害、

左沢氏はその後、宗家寒河江大江氏と共に

北朝方の室町幕府軍に降りましたが

所領は安堵される事なり

子孫は代々左沢楯山城主として

この地を統治しました。

 

左沢楯山城には駐車場が完備され

三の丸跡となっており案内板の他に

東屋とトイレが完備されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200923235357j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200923235505j:plain

 

二の丸跡

 

しかし福島伊達郡で勢力を広げた

伊達政宗(伊達氏9代目当主の方)の軍勢が

置賜地方に侵攻を進め長井氏を滅ぼすと、

山形県朝日町五百川溪谷を境に

伊達氏と接し影響を受ける事となります。

 

1479年、伊達氏配下桑折宗義が

寒河江城に侵攻を進めますが

左沢氏・白岩氏・溝延氏と一族が一致団結し

伊達氏を誘い込み撃退する事に成功しました。

 

三の丸にあります東屋から

二の丸に続く階段が整備されており

二の丸史跡跡に向かうことが出来ます。

夏場再度訪問したところ、

雑草や藪が伸び放題で散策が難しくなるので

夏場以外に訪れる事をおすすめします。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200924150304j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200924150126j:plain

 

主郭までの道

 

1500年以降、 最上氏の勢力の増大により

度々寒河江大江氏氏は領土を侵攻され、

また同族同士の争いが起こるようになると

大江氏の力は徐々に弱体する事となります。

 

1584年、  最上義光が

村山地方を制覇するなか

寒河江大江氏は打つ手が見つからず

居城寒河江城に攻め込まれ寒河江氏は滅亡

残された左沢氏は最上氏に従順しました。

 

現在主郭までの整備がされておりますが

所々工事車両が出入りしており

関係者以外入れないところもありますので

朝日少年自然の家さんの受付で

許可をもらってから散策を行ってください

 

主郭までの道中を歩くと城の全体を望める

見晴らしがよい場所に到着ができ

三の丸の反対側を確認する事が出来ます。

  

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200924150910j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200924150835j:plain

 

主郭跡(八幡座)

 

寒河江大江氏の滅亡後、

最上義光の支城として使用され

長尾右衛門が城代として

入城を果たしましたが

1622年、最上家の改易されると

左沢には庄内藩主酒井忠勝の弟、

直次が入城し左沢藩を立藩、

しかし太平の世が続き

戦国時代の戦いの城では統治をしにくいと

新たに小漆川城を築城、

左沢楯山城は廃城となりました。

 

こちらは八幡座と呼ばれており

この場所に宗教施設に利用された

主殿があったとされ

左沢楯山城の主郭になります。

 

宗教施設とは恐らくですが

城に鎮座されていた八幡神社だと思われ

酒井直次の入部にあたり参拝に不便なため

大江町横町に移築移転した歴史がありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200924152731j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200924152800j:plain

 

現在左沢楯山城は公園整備され

公園から見える最上川の絶景は

日本一公園と称される程

見事な景色が広がっております。

山形県に観光にお越しの際は

左沢楯山城の散策に訪れて見てください

 

以上

左沢楯山城の歴史と史跡の

ご紹介でした

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク