KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

大江町の歴史と史跡をご紹介!(戦国時代〜近現代編)🛶

どーもKABUOです。

 

山形県西村山郡大江町の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

同町を原始古代から近現代まで順を追って

1部・2部と分けてご紹介します。

 

前回の記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

今回は戦国時代の武将、大江氏の終焉や

近世江戸時代の左沢藩と最上川舟運の

歴史や史跡を中心にご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

大江町の歴史と史跡をご紹介!(戦国時代〜近現代編)🏞

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200910224453j:plain


光学院

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200910233531j:plain

 

大江氏十二家臣之墓所

 

漆川の戦いで大江氏は大打撃を受けたが

その後、北朝方に降和し

斯波氏の支配下に置かれる事となりますが

この頃より大江氏は寒河江氏とも称し

寒河江城を中心に一族を各地に配置し

寒河江、西村山地方の統治の継続が続きます。

 

しかし室町時代の頃から

置賜地方で勢力を伸ばす伊達氏や

山形城の最上氏(斯波氏)による

領土侵攻が行われ他、

一族の内紛によって寒河江氏は

徐々に弱体する事となります。

 

戦国時代、

村山地方の統一を目指す

最上義光の寒河江城の侵攻によって

左沢楯山城と共に城は落城、

寒河江城主寒河江高基は弟隆広と共に

家臣数名を引き連れ貫見楯に逃れた後、

御館山に登り自刃、

家臣も貫見楯で自害いたしました。

 

大江町貫見にあります光学院は

寒河江高基の菩提寺となっており

遺品の脇差が現存する他、

御館山の山頂には高基と3家臣と

麓の近くには自害し果てた家臣12名の

お墓が建立されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200911210713j:plain

 

左沢小漆川城跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200911211249j:plain

 

神明神社


寒河江大江氏滅亡後、

左沢の地は最上氏が所領、

同氏の家臣日野将監が左沢楯山城に入り、

ついで里見越後、本間作右衛門が統治します。

 

近世の江戸時代、

1622年 、最上家が改易されると

新たに庄内藩主となった酒井忠勝の弟直次が

1万2千石で入部し左沢藩を立藩。

当初左沢楯山城に入城しましたが廃し、

新たに南に漆川(月布川)が流れ

北と東は深い谷になっている

小漆川に囲まれた台地に左沢小漆川城を築城、

城内近くに神明神社を建立し

城の守護神として祀りました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200911221006j:plain

 

巨海院

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200911221042j:plain

 

 酒井直次の墓所

 

直次は左沢の城下町を整備し

左沢中心街の基礎を築きあげた人物ですが

1631年、跡継ぎがないまま没したため

左沢領は収公され幕府領となり

庄内藩主酒井忠勝に預けられ

左沢藩はわずか10年足らずで廃藩、

1641年、小漆川城は廃城となり

取り壊される事となりました。

 

現在小漆川城があった場所には住宅街が並び

遺構は殆ど消失してしまいましたが

大江町本郷にあります巨海院の山門は

同城の大手門を移築したもので

境内には直次の菩提寺になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200911230358j:plain

 

左沢代官所跡 

 

小漆川城の廃城から数年後の1647年、

庄内藩主酒井忠勝が亡くなると

その子忠恒が庄内の松山に分家し

松山藩起こすと左沢領は

松山領に組み込まれました。

 

松山藩は左沢に代官所を構え代官を派遣し

在住の家臣や大庄屋などを動かして

領民の取り締まりや年貢の割り当て、

微収、訴控、道や橋の管理など

様々な仕事をこなしその後、

明治になるまでこの地を治めました。

 

現在の大江町ふれあい会館に

左沢代官所があったもようで

明治時代が始まり学制が始まり

学校が各地で創設されるようになると

山形県から代官所跡の建物を譲り受け

左沢学校の校舎として使用された

歴史もあったそうです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200912003445j:plain

 

米沢舟屋敷跡(最上橋)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200909171400j:plain

 

大江町 歴史民俗資料館

 

1694年、

米沢藩御用商人西村久左衛門により

五百川峡谷を開削して置賜・村山間の

舟運の道が開かれると、

久左衛門は左沢の海野権四郎から

土地を借りて舟屋敷を造り、

米沢・酒田間の船の中継地として

米沢方面の米などを江戸に輸送します。

 

また松山藩の奨励もあって

月布川流域や朝日町宮宿は

青苧や漆の産地として上方にも送られ

左沢は最上川舟運の中継河岸として

大いに栄えました。

 

現在最上橋の橋下には

米沢舟屋敷跡が残されており

青苧、養蚕農業として財をなした

斎藤半助家の住宅を移築し利用した

大江町民族歴史博物館では

当時の特産品である青苧の歴史が学べ

大江町指定文化財に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200912170143j:plain


左沢駅 

 

近代明治時代、1894年、

近世に大いに栄えた最上川舟運は、

奥羽本線の開通により衰退へと向かいますが

山形県にも鉄道という新しい時代の

波が押し寄せた時代でもありました。

 

1901年、山形駅の開業を行われると

1921年、山形駅から羽前長崎駅を結ぶ

左沢線が開通されると翌年1922年、

左沢駅が開業される事となります。

 

1940年、地元の陳情により

左沢駅と白鷹町荒砥駅を結ぶ

左荒線計画が立案され決定しましたが

戦争の激化により工事は中止となり

幻の路線となりました

 

現在左沢駅は難解駅名の1つと数えられ

多くの鉄道ファンにも愛されている

駅となっております。

 

ちなみに左沢(あてらざわ)の

地名の由来は3つの説があるそうで

こちらのサイトを参照してください

左沢[あてらざわ]の地名の由来 - 大江町観光物産協会HP

 

(大江町観光協会公式ホームページ)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200912231619j:plain

 

最上川の風景

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200912231749j:plain

 

原町通り
 

現在大江町では特産品の

ラ・フランスやリンゴ、ぶどうのなどの

果樹を中心とした農作物が作られてる他に

楯山公園から見える雄大な最上川の風景や

古い町並みが残る原町通りなど

国選定文化的景観の地にも選ばれております。

 

山形県に観光に訪れましたら

ぜひ大江町に来訪してください

 

以上

大江町の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

史跡のアクセス場所はこちらです。

 

スポンサーリンク