KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

大江町の歴史と史跡をご紹介!(原始古代〜南北朝動乱の時代編)⚔️

どーもKABUOです

 

山形県西村山郡大江町の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

同町を原始古代から近現代まで順を追って

1部・2部と分けてご紹介します。

 

今回は原始・古代の時代から

南北朝動乱の時代までの様子を

ご紹介出来ればと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

大江町の歴史と史跡をご紹介!(原始古代〜南北朝動乱の時代編)⚔️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200909170656j:plain

 

大江町役場

 

大江町の歴史ですが

1959年、左沢町と漆川村の

合併によって発足。

町名の由来ですが中世の時代、

西村山郡を統治しました

寒河江大江氏が同町の由来となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200909175056j:plain


大江町立左沢小学校 

 

原始の時代、

最上川の支流、月布川沿いを中心に

望山遺跡・庚申山遺跡等、

先土器時代や縄文時代の

遺物が出土発見されています。

 

古代の時代、

712年、出羽国が設置され

886年には最上郡と村山郡の2郡に区分され

平安時代の辞書、和名抄に見える

最上郡八木郷に属していたと

有力されています。

 

天武天皇年間(?〜686年)

朝日岳が開山されて山岳信仰の

一大霊場として栄えたと伝えられ、

登山口の1つ古寺には千源寺がありましたが

鎌倉期北条時頼によって閉鎖されたといわれ

千源寺跡と言われる場所が残されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200909223229j:plain

 

 護真寺の阿弥陀堂(護真寺館跡)

 

中世の鎌倉時代、

1189年、奥州藤原氏の討伐の功績により

大江広元は寒河江荘地頭に命じられると

多田仁綱を目代として派遣し経営しましたが

同荘は間もなく広元から長子の親広に譲られた

1221年、承久の乱で後鳥羽上皇について

敗れた親広は寒河江荘へと逃れました。

仁綱は親広を迎え入れ

要害の地富沢にかくまい、

ついで吉川に移し保護を行いました。

 

大江町伏熊にあります護信寺館跡は

親広と共に逃れた腹心中山義忠が

追手から親広を守るために

居住した館跡があった場所で、

現在阿弥陀堂に祀られている

平安末期の作られた伏熊の阿弥陀仏は

大江町の文化財に指定されています

 

その後、中山氏は7代継信の時代に

現在の中山町長崎に居住を移し長崎楯を築城、

200年以上中山の地を統治しました。

 

中山氏の歴史は中山町の歴史と史跡で

ご紹介してますのでこちらもぜひご覧ください

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200912001810j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200910172304j:plain

 

左沢楯山城

 

大江親広の曾孫元顕が鎌倉後期に

寒河江荘に入部を行うと

一族も続々と入部を行い

寒河江城の修築や一族重臣の分封、

慈恩寺の保護など寒河江荘の

経営にあたります。

 

南北朝時代、

東北地方にも南北朝動乱の争いが激化する中、

元顕の孫、大江氏7代時茂は南朝方に与し

一族を寒河江・白岩、溝延、柴橋と

各地に配置し争乱に備えたとされています。

 

大江町左沢は村山地方と置賜地方を結ぶ

軍事上の要地であった為、

時茂の次男、大江元時をこの地に配置し

楯山に左沢城を築城しました。

現在左沢楯山城は公園整備化され

国指定史跡として保存されています 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200910203158j:plain

  

漆川古戦場跡

 

1356年、北朝方の斯波兼頼が山形に入部。

南朝方の大江氏との間に戦いが起こり

1368年、大江時茂の嫡男、

溝延城主大江茂信を総大将として

漆川の地で一大攻防戦が行われましたが

斯波氏の巧みな奇襲戦術によって

大江氏は大敗北を喫します。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200910205822j:plain


漆川戦殉難者供養碑(長泉寺)

 

漆川の戦いで敗北を喫した大江茂信達は

萩袋楯(現在の長泉寺)に逃れましたが

斯波氏の大軍に包囲され

茂信、左沢城主左沢元時含め

一族61人この地で自害を遂げ、

村山地方における南北朝の争いに

終止符を打つ事となりました。

 

漆川古戦場の碑は

大江町立本郷東小学校近くに建てられており

漆川という名前は同町を流れる

月布川の古名だとされ

大江町萩野にあります長泉寺には

この戦いで敗れた大江一族の

供養塔が建立されております。

 

その後、1373年

寒河江城主大江時茂はこの世を去る際、

これ以上抗争を続ける事がないよう

遺言を残し、残された一族は

北朝方の幕府軍と斯波氏との降和を行い

所領は安堵される事となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200909214616j:plain

 

 旧大日寺大井沢湯殿山神社

 (西川町)

 

南北朝動乱の時代が終わり

この地にもつかの間の

平和が訪れる事となります。

 

大日寺の開基は天長年間(824〜34年)

弘法大師空海によって建立されたとされ

その後荒廃し、無住寺となっておりましたが

中興の祖、道智上人によって1394年頃

大日寺を再建すると共に関東、福島、置賜方面の

湯殿山参拝者の便を計るために

白鷹の黒鴨から大井沢の大日寺までの参道と

大日寺から大網の大日坊までの参道を改修し

大日寺繁栄の基礎を作りました。

 

大江町堂屋敷地区には

道智上人の屋敷跡が残されており

堂屋敷の地名の由来ともなります。

 

以上、

大江町の原始古代~南北朝時代までの

歴史と史跡のご紹介でした。

次回は戦国時代から近世江戸時代、

そして近現代までをご紹介します。

 

次回の記事はこちらの

リンクをクリックしてください

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク