KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

上山市の歴史と史跡をご紹介!(近世江戸時代〜近現代編)🏯

どーもKABUOです。

 

山形県上山市の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

上山市の歴史を原始古代から

中世戦国時代、近世江戸時代

そして近現代と二部に分けてご紹介。

 

前回の記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

今回は近世江戸時代の上山藩の歴史や

斎藤茂吉等の近現代までの歴史や史跡を

ご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

上山市の歴史と史跡をご紹介(近世江戸時代〜近現代編)🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803170928j:plain

 

上山城(月岡城)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803193655j:plain

 

月岡神社

 

 近世江戸時代

1622年、能見松平氏が

上山城に入部し上山藩が立藩。

しかしその後、蒲生氏・土岐氏・金森氏と

目まぐるしく藩主が変わるなか

1697年、藤井松平氏が入部し

以後、明治時代まで

150年以上に渡り統治される事となります。

 

上山城と上山藩の歴史と史跡を

詳しく紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803210304j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803210339j:plain

 

栗川稲荷神社

 

こちらの栗川稲荷神社は

藤井松平氏が城中守護神の神として奉祀され、

厚く信仰された歴史のあり

800余の鳥居と120余基の石灯籠が並び

縁結び、商売繁盛、金運に

ご利益があると言われ

非常に見ごたえがある神社となっています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803203931j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803205539j:plain


鶴の休石

 

上山城を中心に町が形成されるなか

青森から福島を結ぶ羽州街道が整備されると

上山は温泉が湧き出る宿場町として

参勤交代の人々や荷物の往来の他に

出羽三山参拝の精進落としの場所として

大変栄えて歴史がありました。

 

かみのやま温泉の歴史ですが

かみのやま温泉」は、長禄2年(1458)、

肥前の国(現在の佐賀県)の月秀上人という

旅の僧が、沼地に湧く湯に

一羽の鶴が脛を浸し、

傷が癒えて飛び去る姿を見かけたのが

はじまりとされています。

よく見るとその場所から温泉が湧き出ており、

それが「かみのやま温泉」湧出の

きっかけとなったと伝えられています。

湯町地区にある「鶴の休石」は、

その鶴が休んだ石で、

「かみのやま温泉」発祥の地とも

言われています。

(上山市観光協会公式ホームページ引用)

 

月秀上人はその後、浄光寺を開山したとされ

後に藤井松平氏の菩提寺として

手厚く加護ました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803230315j:plain

 

楢下宿脇本陣滝沢屋

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803223708j:plain

 

覗橋

 

上山市楢下地区、

上山から高畠、七ヶ宿を結ぶ

交通上の要地であった為

最上義光と義守親子が争った

天正最上の乱の際、義守に味方した

伊達輝宗が連日のように当地に

出馬した歴史が残されております。

 

江戸時代に入り金山峠を越え七ヶ宿へと向かう

羽州街道が整備されると楢下地区には

宿場町が整備される事となり、

江戸時代主要街道として多くの人々が往来、

その歴史的価値から

羽州街道楢下宿金山越として

国の指定史跡にも指定されました

 

楢下地区を歩きますと

往時の町並みがそのまま残されており

脇本陣の滝沢屋は県有形文化財に登録、

明治初期に建造された覗橋は

土木学会選奨土木遺産にも選ばれています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200805213157j:plain

 

五巴神社

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200805213415j:plain

 

牧野村庄屋屋敷跡

 

上山藩は4万石程の石高だったとされ

小藩ながらの財政難に苦しめられます。

 1745年、翌年から続く冷害と

天候不順のため米穀大凶作に見回れ

多くの民衆の生活は困窮に貧しておりました。

また米高を見込み商人は小売りを停止した為、

日毎に米価が暴騰、特に貧乏人はひどく

餓死者が続出します。

 

1747年、町人は飢えと

この暴虐なる措置に対し実力行使に訴え

農民3千人と共に一揆を起こし

藩に陳情を行う事が出来ました。

しかしその後、首謀者は捕らえられ

 打ち首獄門の刑に処せられました

こちらの五巴神社は

その時の処刑者の霊を慰めるために、

1896年に創建された神社で

境内にあります牧野村庄屋屋敷跡は

首謀者として処刑された

牧野村庄屋太郎右衛門の屋敷跡で

市の指定文化財に登録されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803172857j:plain

 

宝泉寺 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803173002j:plain

 

斎藤茂吉記念館

 

近代明治時代、

1882年、近代歌界の巨峰とされる

斎藤茂吉が上山市金瓶の農家に生まれます。

茂吉は15歳で上京するまでこの地で育ち

特に生家隣の宝泉寺の佐原窿応和尚の

強い感化と影響を受けました。

 

金瓶地区には茂吉の生家や

関連する史跡が残されており

記念館では茂吉の作品や遺品の

展示物が並んでおります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803174447j:plain

 

旧山元中学校

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803174956j:plain

 

山びこ学校の碑

 

近現代昭和。

1951年、山元中学校に就任した

無着成恭先生によって

教え子たちが雪国の農家の

厳しい生活をつづった詩や作文をまとめた

山びこ学校が発刊されると

当時戦後民主主義の教育方針を模索するなか

生徒が自らが考え討議し実践する

教育が注目を集め本はベストセラーとなり、

映画化される事となりました 

 

上山市狸森地区にあります

旧山元中学校には山びこ学校刊行を

記念して作成された

山びこ学校の碑が置かれております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803193445j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803204035j:plain

 

かみのやま温泉

 

現在上山市では城下町と温泉を行かした

観光地として注目を集め

果樹園やワインの製造にも力を入れております。

山形県に観光にお越しの際は

ぜひ上山市にも訪れてみてください

 

以上

上山市の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

アクセス場所はこちらです

 

スポンサーリンク