KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

上山市の歴史と史跡をご紹介!(原始古代〜中世戦国時代編)⚔️

どーもKABUOです。

 

山形県上山市の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

上山市の歴史を原始古代から

中世戦国時代、近世江戸時代

そして近現代と二部に分けてご紹介。

 

今回は原始古代の史跡

土矢倉古墳群・葉山須恵器窯跡

 中世戦国時代の高楯城、中山城の

歴史を中心にご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

 

 

上山市の歴史と史跡をご紹介(原始古代〜中世戦国時代編)⚔️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200801232733j:plain

 

かみのやま温泉駅

 

上山市の歴史ですが

1889年、町村制施行によって

鶴脛町、十日町、二日町、新丁、裏町、北町

長清水村、河崎村が合併し上山町が発足。

1954年、昭和の大合併のおり

西郷、本庄、東、宮生、中川の村々と 

上山町が合併し上山市が誕生しました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200801235050j:plain

 

上山小学校

 

上山の地名の由来ですが

古くは『神山』又は今の山形に対して

『上の山形』といわれていたが

延文年間(1356~1360)に最上満長が

当地を領し、上山殿と称したことから

『上山』となったと伝えられています

(上山市公式ホームページ引用)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200731224721j:plain

 

土矢倉古墳群

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803220620j:plain

 

葉山須恵器窯跡

(日本の宿古窯)

 

原始古代の時代

須川上流域にかけ縄文時代の遺跡が発見され、

宮川中流にあります須田板、牧野、楢下

山元地区の大森遺跡からも痕跡が

見つかっています。

 

712年、陸奥国から

置賜・最上の2郡が分けられて

出羽国が設置されると上山は最上郡に属し、

886年、最上郡はその後、最上・村山の

2郡に分かれると最上郡に属しました。

 

蔵王長寿園の裏庭にあります

土矢倉古墳群は6世紀頃に造られた古墳で

埴輪を伴う県内でも珍しい古墳で、

武人塚とも呼ばれ三基の古墳が確認されており

県の指定文化財に登録されています。

 

また山形県屈指の老舗旅館古窯さんには

8世紀後半から9世紀頃とみられる

須恵器を焼成した窯跡が発見され

こちらも県指定文化財に登録されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803163650j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803200231j:plain

 

高楯城

 

中世の時代

1403年、最上直家の次男頼直が

天童に封じられその子満長が

上山に分封されて亀ヶ岡山(虚空蔵山)に

高楯城を築城します。

戦国期、最上郡と置賜郡の郡境にありました

上山の地は最上氏と伊達氏との間で

激しく領土を争いが行われておりました

 

1535年、高楯城主上山義忠によって

天神森と呼ばれた小丘に上山城を築城し

城を中心に集落が発達、

政治・軍事の拠点として町造りが行われます

 

高楯城の歴史と史跡を

詳しく紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803165251j:plain

 

中山城

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200803193819j:plain

 

大将塚

 

その後、上山義忠、満兼によって

上山は統治されておりましたが

村山地方の統一を目指す最上義光との

確執によって上山氏は滅ぼされと

最上氏家臣の里見氏がこの地を統治します。

1600年、東北の関ヶ原

慶長出羽合戦のおり中山地区にあります

中山城から上杉軍が上山に侵攻を進めましたが

里見氏が奇襲をかけこれを撃退、

最上軍の勝利を呼び寄せました。

 

こちらの大将塚は慶長出羽合戦の際

激戦地だった場所で

上杉軍大将木村親盛がこの場所で討死、

戦いが終わったあと村人達が相計り、

荒れた農地を直し塚を築き碑を建て、

木村親盛の霊を弔い供養して祀ったものです

 

その後、里見氏、坂氏と

それぞれ居城しましたが

1622年、最上家臣団による内紛によって

幕府から改易を命じられる事となりました

 

中山城の歴史と史跡を

詳しく紹介した記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

以上、

上山市の原始古代~中世戦国時代までの

歴史と史跡のご紹介でした。

次回は近世江戸時代から近現代までの

歴史と史跡をご紹介します。

 

次回の記事はこちらの

リンクをクリックしてください

www.yamagatakabuo.online

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

スポンサーリンク