KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

山辺町の歴史と史跡をご紹介!(原始古代~中世戦国時代編)⚔️

どーもKABUOです。

 

山形県東村山郡山辺町の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

今回原始古代から近現代にかけ

時代事を順を追って

山辺町の歴史と史跡をご紹介します。

 

今回は原始古代から

中世戦国時代の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

山辺町の歴史と史跡をご紹介!🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707174100j:plain

 

羽前山辺駅

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200708223517j:plain

 

 山辺町ふるさと資料館

 

山辺町の歴史ですが 

1889年 、町村制の施行により

山辺・大寺・中村・作谷沢

相模の村々が誕生。

1896年、山辺村が山辺町となり、

1954年、 昭和の市町村大合併のおり

上記の町村が合併を行い

新制山辺町が誕生し現在に至ります。

 

山辺という地名の由来ですが

白鷹丘陵の東縁部にあたるところから

「山のほとり」と言う意味から

山辺という地名の由来となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707174316j:plain

 

大塚天神古墳

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707183159j:plain

 

坊主窪古墳群

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707183329j:plain

 

要害古墳

 

原始の時代。

当町域からは縄文時代や古墳時代の

史跡が数多く発見されており

大塚天神古墳、 坊主窪古墳群、要害古墳と

古墳時代の頃より有力な豪族が

この地を統治していたことが窺え、

町指定文化財に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707183957j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707184946j:plain

 

安国寺

 

中世の時代

鎌倉時代から室町時代にかけ

この地は山辺荘と呼ばれ地頭が入部し

この地を統治しておりましたが

当時の資料が乏しく不明な点が多いです。

 

そして時は進み南北朝時代  

足利尊氏は後醍醐天皇の冥福を祈り、

建武の新政をめぐる戦乱で

戦没した将士の霊を弔うために

各国に一個寺の安国寺を設置します。

1339年、室町幕府の命を受け

羽州探題として山形に入部した

最上氏始祖、斯波兼頼によって

山辺町大寺に建立し開基されました。

 

南北に朝廷が分かれて戦った動乱の時代、

村山地方では南朝派武将が勢力を広げており、

北朝派である斯波兼頼は

南朝派の最大勢力であった寒河江大江氏に対し

牽制する意図を持って

戦略的に重要な山辺の地に

安国寺を建立したと考えられており、

軍事用の寺院城郭を目的に建造されたのでは

ないかとも考えられています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707185501j:plain

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707192609j:plain

 

高楯城趾(天満神社)

 

 南北朝合一ののちも最上氏と大江氏に

置賜地方の伊達氏も絡んでの抗争は続き、

一方で安国寺は教勢・軍事力とも衰えます。

1449年、最上義春は

大江氏と伊達氏に対する備えとして

同族のよしみで最上氏を頼ってきてこられた

甲斐源氏・武田信玄の祖父の弟である

武田信安をこの地に配置し高楯城の

築城が行われました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707203422j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707203659j:plain

 

玉虫沼

 

高楯の地に入部した信安は

領内の水利の便が悪いことを知ると

1451年、家臣の安達縫之助と共に

玉虫沼の築堤に着手を行い

農耕をすすめるなどの大きな治績をあげました

 

またこちらの玉虫沼には

玉虫姫まつわる民話が残されており

沼の中央には玉虫姫を祀る

玉虫大明神が祀られています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707200649j:plain

 

了広寺

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707200722j:plain

 

武田信安公の霊廟

 

1460年、足利幕府の命により

最上氏と共に葦名氏と戦うものの

多くの家臣を失い世に無情を感じ

仏門に帰依し出家を行ったとされており

一説には伊達氏や葦名氏とも内応を疑われ

失脚したとも伝えられています。

その後、本願寺八世蓮如上人を訪ね

修行を行い帰国後、了広寺を開基し

81歳で没すると山辺町大寺に

信安霊廟が建てられました。

 

高楯城は最上義光の時代に

重臣高楯遠江守正福が

1万2000石(一説には2500石)を所領。

1615年、大阪夏の陣にも従軍し

討死しました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707214122j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200707214157j:plain

 

畑谷城趾と江口光清の墓所

 

戦国時代

1600年、関ヶ原の戦いに際し、

上杉景勝の家臣、直江兼続の大軍が

最上義光の領内、畑谷城に来襲します。

畑谷城主江口光清は奮戦するも力及ばず

城は落城し江口光清軍は討死。

 

山辺町作谷沢地区には

畑谷城や江口光清にまつわる史跡が多く

特に畑谷城は遺構がはっきりと残されており

とても見ごたえがありおすすめスポットです。

 

畑谷城と作谷沢地区の歴史や史跡を

詳しく紹介した記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

以上、

山辺町の原始古代~中世戦国時代までの

歴史と史跡のご紹介でした。

次回は近世江戸時代から近現代までの

歴史と史跡をご紹介します。

 

次回の記事はこちらの

リンクをクリックしてください

www.yamagatakabuo.online

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

スポンサーリンク