KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

大石田町の歴史と史跡をご紹介!(最上川舟運の栄華編)🛶

どーもKABUOです。

 

山形県北村山郡大石田町の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

前回は原始古代から中世戦国時代の

歴史をご紹介しました

 

前回の記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

今回は近世江戸時代から近現代までを中心に

最上川舟運で栄えた歴史や

松尾芭蕉、斎藤茂吉の史跡等をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

大石田町の歴史と史跡をご紹介!(近世~近現代編)🛶

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703205616j:plain

 

浄願寺

 

近世の時代、

関ヶ原の合戦後、最上義光は山形藩を

立藩しましたが義光の死後、

家臣団による内紛が後を絶たず

1622年、最上家は改役される事となると

鳥居忠政が山形藩に入部。

現在の大石田中心街を山形藩鳥居氏領、

最上川をはさみ横川・田沢地区を

新庄藩戸沢氏領へと編入されました。

 

これは大石田河岸の利益を目論み

なかば強引に鳥居氏が戸沢氏対し

詰め寄ったことから

谷地郷2万石と新庄・山形藩領地

大石田・尾花沢2万石の替地が行われます

 

その後横川・田沢地区は新庄藩によって

比較的に安定的に統治される事となりましたが

鳥居氏はその後改易されると、

大石田は幕府領や他藩の飛び地領が入り交じる

複雑な統治体系によって

統治される事となりました。

 

こちらの浄願寺の山門は

尾花沢市にあります延沢城の裏門を

移築したと伝えられており

町の指定文化財に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703210245j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703210314j:plain

 

大石田河岸跡

 

最上義光によって最上川三難所、

碁点・三ヶ瀬・隼の開削工事が行われると

最上川舟運の最大集積場として大蔵村清水から

大石田へと移り変わり発展します

 

江戸時代には北前船から上方の品が運びこまれ

また幕府の年貢米や山形の特産品紅花や青苧が

大石田河岸に集積され京都・大阪まで運ばれ

大いに繁栄しましたが

明治時代を迎えると蒸気機関車の発達により

最上川舟運の歴史は幕を閉じました。

 

大石田中心街を流れる最上川沿いには

江戸時代に使用された

幕府の船役所跡が残されており

当時の栄華の面影が残されています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200704170703j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200704170731j:plain

 

大石田観音

 

最上三十三観音29番札所である

大石田観音。

江戸時代には大石田惣町で祭礼を行い、

毎年7月17日から20日まで開催され

練物・押物・山車が町を練り歩き

大盛り上がりを見せました。

 

大石田町には大石田観音の他に

深堀観音・川前観音と

最上三十三観音の巡礼地あり

毎年多くの参拝客が訪れています

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703211658j:plain

 

高野一栄宅跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703215013j:plain

 

芭蕉真蹟歌仙の碑

 

奥の細道で有名な俳人松尾芭蕉は

1689年、弟子の曾良と共に

山寺立石寺から大石田に向かい

俳人高野一栄の邸宅で宿泊。

地元の俳人を集め俳諧を行い交遊を深めたと

記録に残されています。

 

一栄宅跡があります板垣一雄氏宅庭には

奥の細道紀行300年を記念して

1989年、芭蕉真蹟歌仙

「さみだれを」の碑が立てられました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200704163127j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703222607j:plain

 

向川寺

 

こちらの向川寺は1377年に

開創されたとても古い寺院なのですが

松尾芭蕉が大石田に滞在中、

高野一栄を誘いこちらで参詣した

記録がのこされております。

芭蕉の他にも正岡子規や斎藤茂吉も訪れ、

境内にあります大イチョウは

町天然記念物に指定されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703222234j:plain

 

大石田町立民俗資料館

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703222102j:plain

 

斎藤茂吉の墓所

 

近現代

1946年、歌人斎藤茂吉は大石田に疎開し

豪農二藤部兵右衛門家の離れを

聴禽書屋(ちょうきんしょおく)と名付け

約1年5ヶ月も滞在しました。

この時期病を患い、敗戦の傷心とも重なり

身も心も傷心しておりましたが

四季折々の最上川の優大な景観に心を癒され

本格的な短歌を創作するまで身体を回復。

その後、最上川を題材にした歌が多く創作され

晩年を代表する多くの作品が産み出されました

 

乗船寺には分骨された茂吉の

お墓が残されており、

また大石田町立民俗資料館には

斎藤茂吉に纏わる資料が展示されている他に

聴禽書屋も資料館と接続し

公開されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703222306j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703230739j:plain

 

乗船寺涅槃像

 

現在大石田町では古い町並みを行かした

観光産業やお蕎麦の生産が盛んに行われ

お蕎麦屋さんが並ぶ大石田そば街道には

県外からも多く観光客が訪れております。

 

山形県に観光にお越しの際は

ぜひ大石田町に立ち寄ってみてください。

 

以上

大石田町の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

こちらがアクセス場所になります。

 

北村山地方の歴史と史跡

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク