KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

大石田町の歴史と史跡をご紹介!(原始古代~中世戦国時代編)🛶

どーもKABUOです。

 

山形県北村山郡大石田町の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

大石田町の原始古代から近現代にかけて

歴史と史跡を時代順にご紹介します

 

今回は原始時代の角二山遺跡や

古代の水駅、野後駅、

中世この地を統治しておりました

大田左仲の歴史や史跡をご紹介します

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

大石田町の歴史と史跡をご紹介!(原始~中世編)🛶

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703193330j:plain

 

大石田駅

 

大石田町の歴史ですが

1889年、町村制施政によって

大石田村・亀井田村・大高根村が発足、

その後1897年、町制施政によって

大石田村が大石田町になります

1955年、昭和の市町村大合併によって

亀井田村・大高根村が大石田町に編入され

新大石田町が発足され現在に至ります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703193444j:plain

 

大石田小学校

 

町の地名の由来ですが

昔、村の中心部にある水田の中に、

直径三メートルもある大きな石があり、

その傍らには泉が湧き出していました。

村の人たちは、この石を大切にし

その泉の水を飲めば、どんな悪病も

たちまち治るといって敬ってきました。

これがそのまま大石田の地名になりました。

(大石田駅案内板引用)

 

また川の流れが変わり、

石ころが多い川原を開拓したことに

地名が由来したとも考えられています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703195356j:plain

 

角二山遺跡

 

原始の時代

大石田町からは先土器時代から

弥生時代までの遺跡は約70ヶ所を越え、

写真の角二山遺跡から出土した

細石刃・石核の舟底形石器、出土石器の

組成などから貴重な先土器末期の遺跡です。

現在竪穴式住居の2棟復元されており

県指定文化財に登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703195823j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703195900j:plain


野後駅(駒籠小学校と駒籠地区) 

 

古代の時代

平安時代にまとめられた延喜式によると

多賀城と秋田城を結ぶ街道沿いに

野後駅(のじり)という馬や舟を停泊する

宿駅があったと記録されています。

その場所には色々憶測を呼びましたが

現在発掘調査が進み大石田町駒籠付近に

野後駅があった可能性が極めて高く

古代より最上川を利用し舟を使用した

交通手段を取っておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703200318j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703200347j:plain

 

井出楯跡(八幡神社)

 

中世の時代

この地は大田氏によって統治されており

最上氏に属して2000石を領したと

伝えられております。

1510年、大田左仲によって井出楯が築城、

それと共に菩提寺である普門寺や浄願寺、

井出八幡神社が開かれます。

 

1524年、大田左仲が亡くなると子の

大田外記がその後を継ぎましたが

とても評判が悪い人物で

1585年、最上義光によって

攻め滅ぼされました。

 

また井出楯の他に

山形城主2代目最上義直の孫、

天童頼直の5男である頼種が

鷹巣に入部し築城したと伝わる鷹巣館や

来迎寺楯・塩ノ沢楯・川前楯・次年子楯と

楯跡が数多く残されております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703202752j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200703202836j:plain

 

圓重寺

 

1584年、谷地城主白鳥十郎長久は

最上義光の策略により山形城で誘殺され

その後、谷地城は攻略され落城しました

長久の家臣平林玄馬が主君の英霊を

守護せんとし発心し了円と改名、

圓重寺を開基した事から始まり、

こちらのお寺には最上勢から逃れた

白鳥氏家老青柳隼人によって

密かに長久の首級が運びこまれ

埋葬されたと伝わります。

 

以上

大石田町の原始古代から中世戦国時代までの

歴史と史跡のご紹介でした。

次回は近世江戸時代から近現代までの

歴史と史跡をご紹介します。

 

次回の記事はこちらの

リンクをクリックしてください

www.yamagatakabuo.online

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

スポンサーリンク