KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

天童市の近世・近現代史の歴史と史跡をご紹介!🏞️

どーもKABUOです。

 

山形県天童市の古い史跡を巡る

旅に行ってきました。

古代より人々が形成した集落跡

西沼田遺跡や戦国時代の天童城、

江戸時代の天童織田藩と

深い歴史が残る土地柄でした。

そんな天童市の歴史を3部に分け

ご紹介できればと思います。

 

前回は同市の戦国時代の

歴史と史跡をご紹介しました

興味ある方こちらもぜひご覧ください

www.yamagatakabuo.online

 

今回は近世江戸時代に立藩された

天童織田藩の歴史や

近代・現代までの歴史をご紹介します

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

天童市の近世・近現代史の歴史と史跡をご紹介!🏞️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520181926j:plain

 

水郷寺津資料館

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520181824j:plain

 

寺津舟着場跡

 

近世の時代、

1600年、関ヶ原の戦いの後

江戸時代、最上義光は山形藩を立藩、

藩政に力を注ぎ入れましたが

1622年、義光亡き後、

最上家は家臣団同士の内紛が収まらず

幕府によって改易を命じられる事となりました

 

1622~44年頃

青森と秋田から江戸まで結ぶ

羽州街道が整備されると

天童駅前を中心に宿場町として

発展していくのですが

最上氏改易後、鳥居氏、保科氏、松平氏等

目まぐるしく山形藩主が変わる中

徐々に領土を狭め天童地区には

幕府領、館林藩高擶陣屋、

土浦藩北目陣屋等、他藩の飛地が

入り交じるという結果となってしまいます

 

天童市寺津地区は1723年、

幕府公認の河岸として認められると

最上川舟運の集積場として栄えます。

1758年には最上川全体の

45%にあたる145隻もの

商人荷物積船を持っており

寺津舟場に集積された荷物は

天童、山寺、仙台方面への

生活物資として供給されました。

 

現在寺津舟着場は埋め立てにより

殆ど遺構が残されておりませんが

水郷寺津資料館でその歴史を

学ぶ事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520174257j:plain

 

まゆはきの句碑

 

1689年夏、松尾芭蕉が弟子曽良が

旧山寺街道を通り山寺立石寺に

参拝に訪れたおりに石倉周辺より

紅花畑が満開に咲き誇っており、

「まゆはきの俤にして紅花の花」

という一句を読まれまれた事から

こちらの記念碑が建てられました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520173956j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520174032j:plain


天童陣屋跡(喜太郎稲荷神社)

 

そして時は経ち1830年、

天童に多くの飛地領土を持っておりました

高畠織田藩は幕府と交渉を行い

領土を高畠から天童へ移し陣屋を設立、

天童藩を立藩する事となります。

 

現在天童陣屋跡地は

山形駅から天童駅を結ぶ

奥羽本線が陣屋敷地内を通り

遺構の面影が殆ど残されておりませんが

天童陣屋案内する説明板が

設置されておりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520184722j:plain

 

広重美術館

 

天童織田藩は2万石程度の

小さな小藩だった為、

高畠から天童への陣屋移動の出費や

飢饉による税収不足を補うため、

裕福な商人や農民に基金を募り

借金を大幅に増やし続けるような

とても財政が苦しい状態でありました

 

そんな中、天童藩士と交遊を持っておりました

浮世絵師歌川広重に頼み込み

肉筆画を描いて貰い借金の御礼や返済として

広重の浮世絵を贈呈します。

その為、天童市内には

歌川広重の作品が数多く残されており

生誕200年にあたる1997年、

広重美術館が開館される事となります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520210520j:plain


吉田大八像

 

天童藩の財政難を救うべく

天童藩は家老吉田大八は救済策として

武士の内職の実践を試み、

米沢藩から将棋駒作りの

指導者を招き入れる政策を行いました。

 

当初藩内では批判的な考えを持つ

藩士も多かったのですが将棋の駒作成なら

軍事にも有効だということで

武士のプライドを保つ理由となり以降、

天童藩では将棋の駒作りが

奨励される事となります。

 

天童市将棋駒の歴史を

こちらの記事でも紹介しております。

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520210446j:plain

 

 戊辰戦争古戦場跡地

 

1869年、江戸時代末期。

京都鳥羽・伏見で事を発した

幕府軍と新政府軍による

戊辰戦争が勃発すると

東北地方、そして天童藩領内でも

戦禍の渦に巻き込まれる事となります。

 

天童織田家という家柄から

新政府軍は奥羽鎮撫使先導役として

病弱な藩主に代わり、吉田大八は

奥州の道案内を務め、

同年4月に東北各藩と供に最上川を挟み

幕府側である庄内藩と交戦。

 

しかし庄内藩に同情する者も多く

また新政府軍の横暴な振る舞いから

新政府軍を裏切り幕府方へ味方します

天童藩もその流れへと加わる事となると

先導を行った吉田大八は板挟みとなり

責任を負わされ切腹し

自害するのでありました。

 

天童藩と吉田大八の悲劇を

詳しく掲載した記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520222313j:plain

  

東村山郡役所(旧東村山郡資料館)

 

近代、明治時代。

新政府軍の優勢が決まると

1871年、廃藩置県が行われ

天童県が一時誕生しますが

同年8月、山形県へと編入。

1878年、行政区画として

東村山郡が発足すると

翌1879年、東村山郡役所が設立され

東村山郡の中心都市として

栄える事となりました。

 

その後、郡役所としての役目が終わった後も、

天童市役所や市立図書館として利用され

現在、旧東村山郡資料館として使用、

天童織田藩の歴史や郷土資料が展示されてる他、

1891年、明治天皇による東北巡幸で

小休止で使用された事を記念した

石碑が敷地内に建造されております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200520224543j:plain


格知学舎

 

格知学舎は1869年、

上山藩学校で教授を行っておりました

儒学者本沢竹雲によって開かれた

私塾跡地になります。

 

格知学舎1946頃まで使用され

仏教や儒教を中心とした教えは

近隣から多くの子弟が入門し

地域社会に多大な影響を与え、

県指定史跡に登録されており

秋には紅葉が見頃を迎える

隠れた秋の名スポットとなっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200521212941j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200521213237j:plain

 

御苦楽園

 

 

昭和初期

アメリカの株価大暴落による

世界恐慌は日本にも不況の波を襲い

日本の経済にも大きなダメージを受け

天童地区でも多くの失業者を生み

生活困窮者で溢れかれっておりました

 

そんな時代こちらの御苦楽園は

実業家水戸部弥作氏によって

1日に50人から300人の人夫を集め

失業対策をかねて8年の歳月をかけて

築園された日本庭園になります。

庭園を歩くと修養が書き記した

柱石が立ち並び渡哲也や吉永小百合も訪れ

格言金言に触れ感動してお聞きしました。

 

あまり有名ではありませんが

ここは隠れたおすすめスポットですので

ぜひ訪れて欲しいと思います。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200521224409j:plain

 

天童温泉

 

現在天童市は1886年に開湯された

天童温泉に魅力ある旅館が立ち並ぶ

温泉街として多くの観光客を集め、

サクランボや果物の生産も盛んに行われる

魅力ある街となっております。

山形観光にお越しの際は

ぜひ天童市に立ち寄ってみてください

 

以上

天童市の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

こちらがアクセス場所になります。

 

スポンサーリンク