KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

青森県津軽地方 津軽安東氏の歴史と史跡をご紹介!⚔️

どーもKABUOです。

 

青森県津軽地方の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は中世の時代、津軽地方を統治しました

津軽安東氏の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

津軽安東氏の歴史と史跡をご紹介!⚔️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412121547j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412121623j:plain

 

藤崎城趾(藤崎八幡宮)

 

津軽安東氏の出自ですが

1052年~1062年

朝廷と東北の大豪族安部氏の争い、

前九年の役が起こります。

安部氏当主、安部貞任は奮戦するも

派遣軍に破れ滅亡してしまいます。

 

貞任の遺児、高星丸は家臣と供に

藤崎の地に落ち延び成人後、

安東氏と改名し藤崎城を築城、

津軽地方で勢力を広げたと伝わっており、

また吾妻鏡の記録によると、

源頼朝と奥州藤原氏の戦い、

阿津賀志山合戦で活躍した

藤崎の土着豪族、安東次が

安東氏の直接の祖とも考えられております

 

青森県藤崎町にあります

藤崎八幡宮は藤崎城の跡地だとされ、

当時の土塁跡が現在でも残されておりました

 

藤崎城を紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412124816j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412124904j:plain


福島城跡

 

鎌倉時代、奥州合戦の後、

津軽外三郡の領土が与えられ

蝦夷管領が任命されると、

福島城を拠点とする

奥州藤原氏一族、十三藤原氏と対立。

弘前市近くの萩野台で合戦が行われ

津軽安東氏が勝利を収めます。

 

津軽安東氏はその後、

代々「安東太郎」と称し

福島城を惣領家、藤崎城を庶子家に別れ

津軽外三郡を統治する事となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412144849j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412144931j:plain

 

十三湊遺跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412141406j:plain

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412141436j:plain


市浦歴史民俗資料館 

 

十三湊は奥州藤原氏の時代から

中国や蝦夷地を中心に交易が行われました。

 

福島城に居城を移した津軽安東氏は

津軽外三郡の厳しい環境から

作物の収穫はままになりませんでしたが

十三湊を掌握すると

蝦夷地との交易が盛んに行われ

藤崎城までを結ぶ岩木川水運が発達、

莫大な財を築き挙げ日本海は福井若狭

太平洋は宮城松島まで勢力が及びました。

 

現在十三湊遺跡は旧十三小学校周辺近くから

中世の武家屋敷跡や遺跡が多く発掘されており

また市浦歴史民俗資料館では

津軽安東氏と十三湊遺跡の

歴史を学ぶ事が出来ます。

  

十三湊遺跡はこちらの記事でも紹介しています

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200414000405j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412215317j:plain

 

山王坊遺跡(日枝神社)

 

こちらの山王坊遺跡は

古くから霊地として信仰され

福島城の鬼門を鎮護するために

祀ったと伝えられており、

東北最大級の宗教施設であったと

発掘調査で確認されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200414002239j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200414003825j:plain

 

中里城趾

 

藤崎城と福島城を結ぶ

古い中世の街道下之切通り。

街道沿いにありますこちらの中里城は

安東氏の支城で藤崎城と福島城の間に

位置している事から

重要地点であったと考えられております

 

中里城はこちらの記事でも紹介をしています

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412204708j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412204835j:plain

 

関の甕杉・関の古碑群

 

繁栄を極めた津軽安東氏でしたが

元応年間(1319~21年)

惣領家、庶子家の間で

蝦夷管領の地位や一族の跡目を巡

「津軽大乱」と呼ばれる内紛がおこると

青森県深浦町北金ヶ沢辺りで激しく激突。

幕府の2度に渡る派遣により沈静化されますが

鎌倉幕府による統治能力の崩壊を物語り、

津軽大乱は鎌倉幕府滅亡の

きっかけの一つだとされております。

 

その後、庶子家は津軽地方を離れ

秋田県南秋田郡へ下向、

惣領家は西津軽郡を

そのまま統治する事となるのですが、

1340年、十三湊を大津波が襲い

湊が壊滅的な被害を受けてしまい

内紛とあわせ徐々に国力を落とす

起因となってしまいました。

(十三湊の大津波は諸説あり)

  

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412222249j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200412222418j:plain


唐川城跡

 

南北朝時代、当初津軽安東氏は南朝派に属し

北朝派武将と争いをみせておりましたが

後醍醐天皇の采配に不満を持つようになると

建武の新政の崩壊により

足利尊氏に与するようなると

南朝方の南部氏と

激しく対立する事となります。

 

津軽安東氏は当主盛季の時代

南部氏と婚姻関係を結び

一度和睦を結ぶ事となりますが

1443年、南部政盛は盛季の見参と称し

福島城に入城すると配置した伏兵に合図を出し

福島城を計略をもって攻略します。

 

隙を付かれた盛季は支城である

唐川城に避難し南部氏の猛攻に堪え忍びますが

南部勢の勢いは凄まじく

唐川城も捨てざるを得ませんでした。

 

唐川城は標高166mの山城となっており

現在では展望台が設置され

十三湖や日本海を眺望する事が出来ます。

 

福島城や唐川城は

こちらの記事でも紹介しています

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200413233441j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200413233528j:plain

 

柴崎城跡(神明宮)

 

唐川城から落ち延びた安東盛季は

こちらの中泊町小泊にあります

柴崎城に最後に立ち寄った後、

蝦夷地まで撤退を行う事となり

300年以上統治した西津軽地方の

領土を完全に失う事となります

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200414003246j:plain

 

森山城跡

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200414003509j:plain


元城跡

 

その後、津軽安東氏は

南秋田郡に下向した一族を頼りに

秋田県檜山に居城を移し

戦国大名として乱世を

生き延びる事となるのですが、

旧領津軽地方の奪還を何度も試み、

森山城や元城に立て籠り戦いに挑みますが

南部氏やその後の津軽為信にも破れ

津軽地方の地を踏むこと無く

夢は潰える事となるのでした。

 

津軽安東氏の史跡は

藤崎城から柴崎城まで結ぶ

下之切通り沿いに多く史跡が残されており、

中世鎌倉時代から室町時代にかけた

この地方の歴史を学ぶ事が出来ますので

津軽地方にお越しの際は

ぜひ史跡巡りを行ってみてください。

 

以上、津軽安東氏の歴史と史跡の

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

こちらがアクセス場所になります。

 

 

スポンサーリンク