KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

深浦町 岩崎地区の歴史と史跡をご紹介!🏖️

どーもKABUOです。

 

青森県津軽地方の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は西津軽郡深浦町にあります

岩崎地区の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

岩崎地区の歴史と史跡をご紹介!🏖️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329164729j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329201137j:plain

 

陸奥岩崎駅

 

深浦町岩崎地区の歴史ですが

1889年、町村制施政により

岩崎、沢辺、正道尻、久田、森山、松神

黒崎、大間越の村々が合併し岩崎村が発足。

2005年、平成の大合併により

深浦町に編入され現在に至ります。

 

当地の海岸近くの弁天島が岬のように

突出していることから

地名の由来となりました。

 

深浦町中心街の歴史と史跡は

こちらの記事で紹介しています

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329174732j:plain


 像岩 

 

中世の時代。

鎌倉時代から室町時代にかけ

日本海沿いは北条得宗の地頭代として

津軽安東氏によって統治されておりました

 

岩崎地区の伝承によると

南朝方の落人や諸国浪人が

当地を開拓したという伝承が残されており

また1373年 、

長慶天皇が津軽外ヶ浜に来たとか

後亀山天皇の皇孫タカヒト王が開拓に

従事した説も残されておりますが、

景勝地としても知られてる像岩ですが

その昔この地を荒らし回った海賊の

住みかだとされており、倭寇によって

開拓されたとの説と様々な説が残されております

 

津軽安東氏の歴史と史跡は

こちらの記事で紹介しています

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329164827j:plain

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329164916j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329203147j:plain

 

菊地館跡・菊地刑部の墓碑

 

南北朝動乱の時代、津軽安東氏はその後、

八戸南部氏との勢力争いに敗れ

秋田県北部に退却すると

南部氏が治める事となりますが、

 1571年、津軽独立を目論む

大浦為信によって各支城が攻略されると

津軽地方は為信によって統治されました。

 

岩崎地区には為信の家臣、

菊地刑部によってこの地を統治されたされ

地区には刑部の居館、菊地館や

龍王寺には刑部のお墓等の史跡が

残されております。

 

津軽為信の歴史と史跡は

こちらの記事で紹介しています

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329192932j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329202955j:plain

 

 森山館跡・茶右衛門館跡

 

江戸時代

大浦為信はその後、津軽為信と名を改め、

弘前藩を立藩する事となります。

 

こちらの森山館跡は

中世の頃に築城された館跡になります。

秋田県桧山地方を拠点に置く

檜山安東氏の家臣森山季定の居館でしたが 

安東氏宗家に叛いた為、  1546年、

安東尋季と蠣崎季広よって攻め落とされました

 

その後、津軽為信の家臣である

小野茶右衛門の居城となり

茶右衛門館とも呼ばれておりましたが

海賊行為を働いた説、横暴行為を行った説、

そして津軽氏の跡目争いによる

津軽騒動によって謀反の疑いをかけられた説

様々な説がありますが1614年、

弘前藩2代目藩主津軽信枚の家臣、

 笹森由左衛門よって攻め滅ぼされてしまいます。

 

お城の様子を確認した所、

断崖絶壁の天然の岩肌を巧みに使った

とても見ごたえのある館跡でした。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329195630j:plain

 

大間越関所跡

 

大間越関所跡は、

1603年、秋田久保田藩の立藩によって

弘前藩との国境が確定されると

1622年、津軽信枚によって設けられました。

 

弘前から秋田を結ぶ街道沿いを

大間越街道、西浜街道とも呼ばれ、

岩崎、大間越の村久には宿場町が設けられると

参勤交代に使用された他に、

荷物や人々の往来が激しかった歴史があります。

 

1665年、

4代目藩主信政の時代に

碇ヶ関を通る羽州街道が整備されると

参勤交代には使用される事はなくなりますが

野内、碇ヶ関の関所共に津軽三大関所とも呼ばれ

明治時代の1869年の全国関所廃止まで

使用され続けました。

 

弘前藩の歴史と史跡は

こちらの記事で紹介しています

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329201549j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329201614j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200329201642j:plain

 

十二湖

 

現在岩崎地区ではマグロやイワシ、

ハタハタの漁業が盛んに行われており、

1704年の能代地震のによって

山々が崩れ落ち川が塞き止められ形成された

十二湖は人気観光スポットとなっております。

 

青森県深浦町にお越しの際は

ぜひ岩崎地区まで観光に訪れてみてください

 

以上

岩崎地区の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

こちらがアクセス場所になります。

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク