KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

深浦町の歴史と史跡をご紹介!🏖️

どーもKABUOです。

 

青森県津軽地方の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は西津軽郡深浦町の

歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

深浦町の歴史と史跡をご紹介!🏖️ 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401005011j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401005100j:plain

 

深浦駅

 

深浦町の歴史ですが1889年、

町村制の施行によって深浦、広戸、追良瀬、

横磯、月屋、艫作村が合併し深浦村が発足。

1926年、町制指向を行い深浦町になります。

 

1955年、大戸瀬村と合併、

2005年、平成の市町村合併の祭、

岩崎村と新設合併を行い現在に至ります。

 

岩崎地区の歴史と史跡の

紹介はこちらの記事です

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401005157j:plain


深浦町役場 

 

 古来より吹浦とも呼ばれており

入江が深く天然の良港であったことが

地名の由来となっており、

白神山地に水源を持つ河川を中心に

縄文・弥生時代の遺跡も発掘され、

原始時代から人々が住んでおりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401005253j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401005349j:plain

 

円覚寺

 

古代の時代

この地は蝦夷の民によって

生活が営まれておりました。

 

658年、

斉明天皇による蝦夷討伐の命を受けた

阿倍比羅夫の軍勢により

秋田・能代が攻め込まれ後に降伏します

このとき秋田・能代の蝦夷の民は怖れて

朝廷に服従を誓うと比羅夫は

秋田・津軽に郡領を定め

有間浜で蝦夷の民等を集めて宴会を開いたと

日本書紀の記録に残されております。

 

有間浜は諸説ありますが

深浦では無いかと考えられており

またそれは古代の時代から続く

朝廷と蝦夷との戦いの歴史でありました。

 

写真の円覚寺は807年

坂上田村磨呂が蝦夷討伐を行った際、

ここに陣屋を置き観音堂を創建。

聖徳太子作とされる十一面観世音菩薩像を

安置したと伝わっており、

国の重要文化財に指定されている

薬師堂内厨子や日本最古といわれる

北前船の船絵馬等が奉納されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401010125j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401010228j:plain

 

関の古碑郡・関の杉

 

中世の時代

 

鎌倉期、この地は西浜と称され

十三湊を本拠とした津軽安藤氏によって

統治されておりました。

 

十三湊を活かした海上交易より

巨大な勢力を築いた津軽安藤氏でしたが

1322年~1328年にかけ

津軽大乱(津軽騒動)と呼ばれる

一族間の内紛を起こすと、

西浜折曽関に城郭を築いて争いました。

 

その後、鎌倉幕府仲介によって

和談が成立しましたが

幕府による統治能力の弱体化を露見してしまい

鎌倉幕府が滅亡したきっかけの

一つだと考えられております。

 

古碑の内容はよく分かりませんが

中世の津軽地方を知る為の

貴重な史跡となっております。

なた古碑の隣に樹生しております

関の杉は鎌倉時代の武士の墓標だといわれ、

県指定天然記念物として指定されており、

見ごたえがありました。

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401024226j:plain

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401024251j:plain

 

 北金ヶ沢のイチョウ

 

関の古碑近くにあります北金ヶ沢のイチョウ。

古くから婦人が乳の出る事を祈る

垂乳根の銀杏として信仰され、

樹齢1000年以上。高さ31mと

日本最大級の規模を誇ります

 

11月~12月の秋にかけ葉が黄色に色付き

見頃を迎えると夜にはライトアップされ

多くの観光客が訪れる人気スポットと

なっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401012403j:plain

 

元城(深浦館)

 

南北朝時代。

津軽安藤氏は北朝派に属しており、

南朝派である南部氏と津軽地方を巡る

激しい勢力争いが続きますが、

徐々に南部氏が優勢になると

津軽安藤氏は津軽地方を捨て

1432年、

蝦夷ヶ島(北海道)へと退却をしまが

旧領土回復を目指す津軽安藤氏によって

度々津軽に上陸を行い 南部氏に抵抗を行います。  

 

こちらの元城は同族の残兵が

この地に立て籠り築城したお城で

激しく南部氏に抵抗を行いました。

その後、津軽安藤氏は秋田に勢力を置く

同族を頼りに拠点を秋田県檜山地方を移し

津軽地方奪還を目指しましたがその願い叶わず、

旧領土を奪い返す事はなりませんでした

 

津軽安東氏の歴史と史跡を

紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401023149j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401023117j:plain

 

見入山観音堂

 

室町時代に創建されました見入山観音堂

山伏の修験場であったといわれており

津軽観音霊場第9札所になります。

 

津軽霊場の中でも最も難所だとされており、

こちらの場所に撮影に向かった際、

急勾配の坂道をかなり歩き、

疲労困憊となりましたが

断崖絶壁に造られたお堂や

追良瀬の渓流を望む事ができ

とても見ごたえがありました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401021544j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401021613j:plain

 

御仮屋

 

室町時代・江戸時代

津軽地方を治めた南部氏でしたが

1571年、同族である津軽為信は

南部氏による支配に不満を抱き、

津軽独立を目指すべく行動をお越し、

南部氏の各支城を攻略します。

 

その後、最上義光の助言を受け

深浦港から船を使い上洛を果たすと

太閤秀吉と謁見し領土を安堵され

津軽地方を統治する事となります。

 

江戸時代、弘前藩を立藩すると

この地に奉行所が置かれ御仮屋とも呼ばれ

藩主巡幸の折の旅館としても利用されました。

 

高台の上にありますので

深浦町の景色を一望することができる

おすすめスポットとなっております。

 

津軽為信と弘前藩を

紹介した記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401022041j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401022122j:plain

 

風待ち館

 

天然の良港に恵まれた深浦港は

江戸時代中期から明治時代中期にかけて

上片と蝦夷地を結ぶ北前船の寄港地として

人々や荷物の往来で活気が増し

大きく栄えた歴史がありました。

 

こちらの風待ち館では北前船の模型や

北前船の関係資料が展示されており

当時の歴史の様子を学ぶ事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401024148j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401030110j:plain

 

千畳敷海岸

 

1792年の大地震による

地殻変動によってできた千畳敷海岸。

その由来は当時の津軽の殿様が

千畳の畳を敷いて宴会を開いた事から

この名が付いたとされます

 

駐車場も完備されお盆に訪れた所、

海水浴を楽しむ多くの子供連れの親子で

賑わいを見せておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401031708j:plain

 

太宰の宿 ふかうら文学館

 

近現代の時代。

明治20年北前船が姿を消し

町は衰退を余儀なくされますが、

その後水産業に振興を求め、

底引き網漁が盛んとなり

町に活気が戻るようになりました

 

ふかうら文学館は太宰治の小説、

「津軽」にも取り上げられた

旧秋田旅館を改築したもので、

太宰治が宿泊した部屋を再現した

太宰の宿泊の間や深浦町に縁のある

文人達の作品が展示されております。

 

太宰治の関連記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401034048j:plain



f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401034109j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200401034133j:plain

 

深浦まるごと市場

 

現在深浦町では

マグロ漁業が盛んに行われており

ご当地グルメ、深浦マグロステーキで

観光に力を入れております。

 

青森県にお越しの際は

深浦町に観光に訪れてみてください

 

以上

深浦町の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

こちらがアクセス場所になります

  

 

スポンサーリンク