KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

鰺ヶ沢町 種里城の歴史と史跡をご紹介!🏯

どーもKABUOです。

 

青森県津軽地方の歴史と史跡を巡る

旅に行ってきました。

今回は鰺ヶ沢町にあります

種里城の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

種里城の歴史と史跡をご紹介!🏯

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200326232343j:plain

 

種里城址

 

津軽氏発祥の地、種里城。

その歴史は 1491年、

赤石川の上流にあります種里集落に

大浦光信によって築城されました。

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200326233256j:plain

 

大浦光信像

 

南部氏20代目当主南部信時の時代、

十三湖を中心に津軽地方を統治した

津軽安東氏の勢力を押さえる為、

同じ一族であります久慈郡を治めていた

光信を種里に配置し事から

種里城の歴史が始まります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200326234108j:plain

 

光信公御廟所

 

光信は周辺豪族との争いを制すると

1502年、弘前市岩木地区に拠点を移し

大浦城を築城して子の盛信を置きますが

光信はそのまま種里城に残り、

1526年、67歳でこの世を去ります

 

「将師としての威厳を少しも欠くことなく

甲冑を着し剣を帯び鎧透しの短刀をさげ腰に

大螺をつけ立つにままの姿ぬして

巽に向けて埋葬せよ。

これによって自分は神となって

外国の敵が領内に侵入しないように

万代までもここに留まり

にらみをきかせていよう。」

 

という遺言を残しており

甲冑と刀と短刀に法螺貝を下げたまま

埋葬される事となりました。

 

種里城内には埋葬された光信の御廟所の他に

家臣で臣で殉職を果たした奈良主水貞親の

お墓も残されており、

御廟所内では一切雑草が生えないとされる

不思議なパワーを秘めております。

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200326232427j:plain

 

光信公の館

 

種里城はその後大浦氏の支城として使用され

大浦氏5代目当主為信の時代に

津軽地方を統一し津軽為信と名を改め

江戸時代、弘前藩を立藩。

その後一国一城の命により廃城となります

 

しかし、津軽氏の発祥の地として

弘前藩により管理が行われ、

藩内で疫病や災難が降りかかる度に

この地で祈祷を行う等、

津軽氏の聖地となりました。

 

現在種里城跡地は史跡公園として整備され

1990年、光信公の館が開館されており

城跡の発掘資料や津軽藩のゆかりの資料が

展示されている他に、

種里地区には光信にまつわる

神社や史跡跡が数多く残されておりますので

ぜひ種里城に観光に訪れてみてください

 

以上

種里城の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

  

 

スポンサーリンク