KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

青森市の歴史と史跡をご紹介!🏖️

どーもKABUOです。

 

青森県津軽地方の歴史と史跡を

巡る旅に行って来ました。

今回は青森県青森市中心街の

歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

青森市の歴史と史跡をご紹介!🏖️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814150753j:plain

 

青森駅

 

青森市の歴史ですが

1889年に町制施行により

青森町が成立すると

その後、1897年に市制施行によって

青森市へと変わります

 

その後、1939年から1962年にかけ

油川、滝内、大野、筒井、横内、東岳

高田、浜舘、荒川、新城、奥内、原別

後潟、野内の町村を編入すると

2005年、平成の市町村大合併によって

浪岡町を編入し現在に至ります。

 

油川地区と浪岡地区を

紹介した記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814110334j:plain

 

小牧野遺跡の環状列石

 

原始時代。

現在よりも青森市街は海の水位が高く

海の下にあった考えられており、

中心街から離れた周辺地区に

紀元前4000年前以上の

縄文遺跡が100以上発見され、

三内丸山遺跡や小牧野遺跡等

かつて多くの集落があった

痕跡が残されております。

 

三内丸山遺跡の紹介の

記事はこちらです。

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814154919j:plain

 

善知鳥神社

 

古代時代・中世の時代

青森市一帯は王朝貴族により

外ヶ浜と呼ばれており、

鎌倉時代に 成立した夫木和歌抄に

「みちのくの外ヶ浜なる

呼子鳥鳴くなるうとうやすかた」

歌われている記録が残されております

 

「うとう」は青森市の古名である

善知鳥に関連しており

写真の善知鳥神社は社伝によると

允恭天皇の時、鳥頭中納言安潟が

天皇の怒りをかい、この知に流され

海神の宗像三女神を祀った説や

658年、阿部比羅夫が蝦夷討伐の際に

宗像像を祀った説、

またその後坂上田村麻呂が再建したの

伝説が残されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814101138j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814101111j:plain

 

横内城

 

鎌倉時代

前九年の役で源義家親子に討ち取られた

安部貞任の血を引くとされる

津軽安藤氏一族が津軽地方一帯を

統治しておりましたが、

南北朝時代の動乱に入ると

根城を居城とする南朝廷派であった

南部氏と激しく戦う事となります

 

しかし奮戦虚しく津軽地方を捨て撤退すると

その後南部氏によって統治される事となり、

南部氏支族である堤氏を当地に派遣し

横内城を築城し室町時代にかけて

青森市一帯を統治する事となりました。

 

その後、勢力を着々と広げる南部氏でしたが

跡目を巡る家中の争いが起こると

津軽地方独立を目指す津軽為信によって

支城を次々と攻略されてしまい

三代目城主堤弾正は高田城と共に

滅ぼされてしまいます。

 

以後、津軽地方は

津軽氏によって弘前藩が立藩され

江戸時代から明治時代まで

統治される事となりました。

 

津軽為信と弘前藩の

歴史と史跡を

紹介した記事はこちらです。

 

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814173942j:plain

 

諏訪神社

 

江戸時代の1625年

弘前藩第2代藩主津軽信枚の時代に

幕府から津軽米を江戸に輸送することを許され、

太平洋海運への参加が促されることになりました。

そこで陸奥湾に面した現在の青森市中心部に

新しい港町を作る事にしたのです。

(青森市公式ホームページ引用)

 

そして善知鳥村という地名から

青森という名前へと変更になりました。

 

青森の地名の由来は

かつて沿岸部に浜松が覆われた

小高い丘があり、そこが古くから

「青森」とよばれていたことに

由来するといわれています

(青森市公式ホームページ引用)


その後、信枚の家臣の森山弥七郎によって

港町の開発が行われ城下町弘前に次ぐ

大きな町へと成長し発展しました。

 

こちらの諏訪神社は

元は合浦公園近くにあったのですが

青森開港にあたり航海安全祈願の為に、

森山弥七郎によって移転され

1872年の大火によって拝殿が焼失し

現在地に移された歴史があります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814163303j:plain

 

野内番所跡 

 

青森市野内地区にあります

野内番所は南部藩に対する番所として

秋田藩に対する大間越、碇ヶ関とともに

津軽三関と呼ばれており

奥州街道を通過する人や物を

監視した場所です。

 

奥州街道は青森から野辺地を通り

江戸を結ぶ街道でありましたが

弘前藩の立藩の経緯から南部藩とは仲が悪く

弘前藩ではあまり活用されず

主に北海道の松前藩が参勤交代の際に使用し、

現在でも当時の街道の名残を思わせる

松並木がしっかりと残されておりました

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814102835j:plain

 

大星神社 

 

江戸時代後期、

異国船が外ヶ浜に出没するようになると

弘前藩では北方警護の任務を与えられ

御台場を設置し海上防衛にあたります。

1868年、戊辰戦争が起こると

情勢を察知し弘前藩は新政府軍側に味方し、

 実績作りの為に幕府側付いた南部藩領土

野辺地に侵攻し争う事となります。

 

こちらの大星神社は792年に

朝廷の蝦夷護祈願所として創設され

801年、坂野上田村麻呂が

本殿を本殿を再興したとされ、

弘前藩では蝦夷鎮護の由来をもつ

同社を篤く敬いました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814093553j:plain

 

雪中行軍遭難資料館

 

明治時代、箱館戦争が始まると

軍港に適していた青森は

兵站基地として活用されるようになると

多くの兵士が駐留します

 

戦争後、廃藩置県が行われ

当初弘前に県庁が設置されましたが

弘前藩と南部藩の争いの歴史的経緯や

港町としての将来性が見込まれ

青森に県庁を移転行い青森県が誕生、

青森市の基礎が築かれました。

 

こちらの雪中行軍資料館は

青森に配属された歩兵第5連隊が

雪山の八甲田山で演習を行い

多くの人命が失った歴史を

後世に伝えるために建造された

資料館になります。

 

雪中行軍資料館の

記事はこちらです

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814153936j:plain

 

函館連絡船メモリアルシップ八甲田丸

 

1891年

東北本線が開通されると青森は

鉄道、海運など交通の要衝として

1894年には青森~小樽間の新航路や

ウラジオストクや樺太の航路も開かれると

北海道やロシアへと渡る寄港地として

貿易や産業が大きく発展していきます

 

しかし太平洋戦争が始まると

青森でも空襲が激しさを増し

北海道へと渡る連絡船11隻が爆撃を受け

沈没し300人以上が亡くなった

悲惨な歴史がありました

 

写真の八甲田丸は、1964年

函館を結ぶ連絡船と活用され

現在は資料館として

船内を散策する事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814151859j:plain

 

青森ねぶた祭り

 

現在青森市では

特産品のリンゴの栽培の他に

観光にも力を入れており

毎年開催される青森ねぶた祭りには

多くの観光客が訪れておりますので

青森市にぜひ観光に訪れてみてください。

 

以上

青森市の歴史と史跡のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

 

アクセス場所はこちらです。

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク