KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

青森市 八甲田雪中行軍遭難事件の歴史をご紹介!🔫

どーもKABUOです。

 

青森県津軽地方の歴史と史跡を巡る

旅に行って来ました。

今回は日本史上最悪の遭難事件と言われた

八甲田雪中行軍遭難事件の

詳細や歴史についてご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

八甲田雪中行軍遭難事件の歴史をご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814093353j:plain

 

青森市八甲田山雪中行軍遭難資料館

 

開館時間 9:00-16:30

 

遭難事件のあらましですが1902年、

ロシアの南下政策によって

近い将来戦争が起こると予見した

日本陸軍によって対ロシアを想定した

極寒地での行軍演習が行われました。

(その後、軍部の予見が当たり

1904年に日露戦争が起こります)

 

こちらの資料館では

八甲田雪中行軍遭難事件の資料が展示され

事件の歴史を学ぶ事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814093552j:plain

 

青森から出発した青森歩兵第5連帯は

八甲田山を目指し行軍しますが

この時、記録的な大寒波が日本を襲い

悪天候により地元の案内人にの助言により

訓練中止を余儀なくされますが

それを無視して強行演習する事となります。

 

しかし訓練隊の中には

雪中行軍に詳しい人物が存在しなかった事、

また凍傷についての情報不足によって

軽装備で入山した事、

また上官による指揮系統の混乱によって

その後の悲劇を生む結果となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814094706j:plain

 

行軍を初めて2日目に道を誤り遭難すると

隊の中から凍傷者が出始め

行軍を中止し帰営を決断しますが

猛吹雪によって道が雪に埋まり

帰る道を見失い各隊が次々と離反します

 

そのような地獄の状況の最中

服を脱ぎ出すもの、

木を切って筏を作り

川を下って行こうとするものと

発狂する者が現れるようになりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814095752j:plain

 

行軍から4日目、到着の遅れを心配し

救援隊が救援に向かうと

多くの凍死者を発見する事となり、

訓練者210名中、199人が命を落とす

悲惨な事故を生み出す事となります。

 

その後、生存者で行軍の指揮を担当した

山口少佐が生き残る事が出来ましたが

事件の責任を取りピストル自殺を図ります。

しかし、彼は凍傷で指を動かない事や

ピストルの発射音が聞こえなかった為、

軍部によってクロロフォルムを使った

毒殺が行われ、事件をうやむやにしようとした

ではないかと現在考えられております。

 

八甲田山雪中行軍遭難資料館に隣には

亡くなった方々を弔う

お墓と石碑が建てられておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814083431j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814083422j:plain

 

その後、この事件を題材に

浅田次郎によって小説が描かれ

高倉健や緒形拳が出演した映画、

八甲田山で多くの方がこの事件の

全貌を知ることが出来ました。

 

こちらの映画の資料は

八甲田山ロープウェイの乗り場に

展示されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190814090228j:plain

 

後藤伍長の銅像

 

現在、八甲田山には遭難事件で

立ったまま仮死状態で生き残り発見された

後藤伍長の銅像が鎮座されており

悲惨な事件を現代に伝えております。

 

情報収集の不足、指揮系統の混乱、

事実の隠蔽、専門家の排除は

現代社会にも通じる教訓が残されており

学ぶべき事が多い事件だと思いますので

青森市に観光に来られたら

ぜひ八甲田雪中行軍遭難事件の

歴史について学んでみてください

 

以上、

八甲田雪中行軍遭難事件の

歴史のご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

こちらがアクセス場所になります。

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク