KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

青森市 浪岡地区の歴史と史跡をご紹介!🏞️

どーもKABUOです。

 

青森県津軽地方の歴史と史跡を巡る

旅行に行ってきました。

今回は、青森県青森市にあります

浪岡地区の歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

浪岡地区の歴史と史跡をご紹介!🏞️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200220222208j:plain

 

浪岡駅

 

浪岡地区の歴史ですが1889年

町村制によって浪岡村が発足します

そして1940年に町制施行し

浪岡町になります

 

1954年、

浪岡町、五郷、大杉、野沢、女鹿沢の

村々が合併し新生浪岡町となりますが

2005年平成の市町村合併により

青森市に編入され現在に至ります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200220222312j:plain

 

美人川伝説

 

中世の時代

津軽安東氏が鎌倉幕府の地頭として

浪岡地区を含め藤崎町から津軽半島を

統治しており、1229年、

安東氏と奥州藤原氏の流れを組む

十三藤原氏が野荻ノ台で戦うと

藤原氏が戦いに破れ没落します。

 

京都の近衛関白家に

福姫という娘がおりましたが

器量が悪く、陰陽師安倍晴明の報告で

津軽外ヶ浜で炭焼きをする藤太に

嫁ぐ事となりました。

 

福姫が身なりを整え、かたわらの小川で

顔を洗うと美人となり、

藤太とめでたく結婚した。

この藤太は没落した十三藤原の末裔、

藤原頼秀であり姫の力で家を再興し

津軽氏の祖となった伝説が残されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200220230054j:plain

 

金光上人墳墓

 

金光上人は浄土宗開祖法然上人の高弟で

師の教えに従い奥州に入り旅先で

夜な夜な光物が出るという話を聞き

現在の蓬田村を流れる阿弥陀川で

阿弥陀如来を発見すると阿弥陀如来を背負い

梵珠山で布教の道場を開いた人物になります。

 

その後、上人は五本松に庵を結び

1217年、

遺言によって北中野に墓をつくり

西光寺を建てたといわれています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200220233148j:plain

 

中世の館

 

南北朝時代、津軽地方を巡る

津軽安東氏と南部氏の戦いで

安東氏は秋田檜山へと敗退すると

津軽地方は南部氏の領土となります。

 

浪岡地区には南部氏の客将として

北畠が迎えられ地名を取り

浪岡氏として浪岡城を築城して

統治を行いました。

 

浪岡地区や藤崎町周辺には

浪岡氏に関連する史跡や館跡が

数多く残されており浪岡地区にあります

中世の館では浪岡城や地区の歴史を

観覧する事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200220233750j:plain

 

浪岡城跡

 

1577年

南部氏家中で争いが始まると

津軽独立を目指す津軽為信が挙兵し

南部氏の支城を次々に攻め落とすと

浪岡氏も交戦しますが力及ばず

敗退を喫してしまい浪岡氏は滅亡し

浪岡地区は津軽為信の領土となり

その後、江戸時代には津軽藩の領地として

幕末を迎えるのでありました。

 

浪岡氏の歴史と史跡の

記事はこちらです

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200220234725j:plain

 

宿場町、浪岡宿

 

中世の頃から外ヶ浜と内陸地を結ぶ

交通の要地だった浪岡地区は、

青森に向かう大豆坂街道や

弘前から福島県桑折を結ぶ

羽州街道の宿場町として

栄えた歴史を持っており、

町中を歩けば宿場町の名残を

感じる事が出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200221000618j:plain

 

浪岡北畠まつり

 

現在浪岡地区では

リンゴやお米の栽培が盛んに行われ

毎年8月には当地に貢献した

浪岡北畠氏にちなんだ夏祭りが

開催されています。

 

温泉や歴史の深い浪岡地区に

ぜひ観光に訪れてみてください

 

以上

浪岡地区の歴史と史跡のご紹介でした

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

こちらがアクセス場所です

 

スポンサーリンク