KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

青森市 浅虫温泉の歴史と温泉街をご紹介!♨️

どーもKABUOです。

 

青森県津軽地方の

歴史と史跡を巡る旅に行ってきました。

今回は青森県青森市にあります温泉街、

浅虫温泉の歴史と温泉街の様子を

ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

浅虫温泉の歴史と温泉街をご紹介!♨️

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815112523j:plain

 

浅虫温泉駅

 

浅虫温泉の歴史ですが

平安時代の終わり頃、

浄土宗の開祖円光大師(法然)が

奥州巡教の折、傷ついたカモシカが

湯あみするのを見て発見されたと

伝わっております。

(慈覚大師発見説もあります)

 

地名の由来ですが

住民が織布の麻を蒸していたため

麻蒸とよばれておりましたが

しかし火難を怖れ火に縁のある文字を嫌い

その後、浅虫になった言われています

(現地案内板引用)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815122056j:plain

 

大河兼任の乱

 

鎌倉時代

奥州藤原氏の残党勢力である

大河兼任が挙兵し幕府に反旗を翻しますと

東北地方で攻防を続け南下をしますが

徐々に幕府軍に押され浅虫付近の

鳥頭前梯(うとうまいのかけはし)で

大敗したといわれており

古戦場の史跡跡が残されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815113416j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815114108j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815112832j:plain

 

江戸時代になりますと

弘前藩の御仮屋・御陣屋を備えた

御休所が設置され藩主が

青森や外ヶ浜を巡察する際に

浅虫温泉によって入浴しました。

 

本格的に発展したのは明治時代の頃、

東北本線が開通し浅虫温泉駅が開業すると

本州と北海道とを往来する旅客や

日露戦争の傷痍軍人が療養に訪れる等

大いに賑わいを見せます

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815113342j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815112635j:plain

 

温泉の泉質ですが

ナトリウム・カルシウム硫化塩塩化物泉、

神経痛やリウマチ、婦人病によく効き、

町を歩けばひなびた温泉宿の他に

大衆浴場も数件並んでおりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815114746j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815114835j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815115019j:plain

 

浅虫温泉近くにあります道の駅

ゆーさ浅虫。

 

青森市市街地からは少し遠いですが

最上階には温泉施設が設置されており

また駐車場が広々してますので

車中泊に適していますので

ここを拠点に青森市内の

観光に訪れてみても良いかと思います。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20190815115535j:plain

 

海水浴場や浅虫水族館への

アクセスはとても良好で温泉も楽しめる

浅虫温泉にぜひ訪れてみてください

 

以上

浅虫温泉の歴史と温泉街の

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク