KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

クアラルンプールの歴史と史跡をご紹介!🇲🇾

どーもKABUOです。

 

マレーシアの首都、

クアラルンプールを旅行しました。

 

観光スポットを巡りながら

史跡巡りも行いましたので

クアラルンプールの歴史と供に

ご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

クアラルンプールの歴史と史跡をご紹介!🇲🇾

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200207013551j:plain

 

クアラルンプールの始まりですが

1857年、スズ鉱山の採掘場所として

多くの福建省を中心とした

中国人移民者が集まって形成されました。

 

採掘の最中、泥で汚れた鉱石を

中心地を流れるクラン川とゴンバック川で

洗い流した事から

「泥(lumpur)が合流する場所(kuala)」と呼ばれ

クアラルンプールの名前の由来となります。

 

写真のこちらが川が合流した場所で

人気の観光スポットとなっておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200207013655j:plain

 

旧クアラルンプール駅

 

1873年、イギリスとオランダによる

英蘭条約によって植民地交換が行われると

マレー半島一帯をイギリスが統治。

 

統治時代、採掘された鉱山や

プランテーションで収穫されたゴムの

採掘拠点として大いに発展していくのでした。

 

その為、町中を歩きますと

イギリス様式の建物が数多く残されており

写真の旧クアラルンプール駅は

1886年、採掘された鉱山やゴムを運ぶ為に

鉄道開発された際に開業された。

歴史的にも貴重な建造物です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200207023727j:plain


バトゥ洞窟

 

また統治を行った際、

植民地でありましたインドから

多くのタミル系インド人が労働者として

多く連れて来られ経緯があった事から

マレー人、華人、インド人と

多民族国家社会が形成されて行くことなり

モスクの他、中華系寺院やヒンドゥー教寺院も

町中で見ることが出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200207023910j:plain

 

国家記念碑

 

1941年、第二次世界大戦が開戦すると、

日本とアメリカと連合軍との戦争が始まり

石油を求めてインドネシアを制圧。

そしてマレー半島へと上陸すると

クアラルンプール、シンガポールの

イギリス軍を破り統治を行いますが

1945年の敗戦により

再びイギリスの統治へとなりますす

 

しかしイギリスの軍政に

マレー人の反発が高まり1948年、

イギリス人がマレー人の地位を認めた

マラヤ連邦が発足します。

 

その後、 

共産党ゲリラとの12年間の内戦へて

1957年、独立を果たす事となりました

 

写真の国家記念碑は

日本統治時代と共産党ゲリラとの内戦で

戦い死んだ人々に捧げる為に建造された

記念碑になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200207030147j:plain

 

ムルデカ・スクエア(独立広場)

 

その後、1963年

シンガポール、サバ、サラワクを加えた

マレーシア連邦が結成されますが

イギリスがもたらした民族格差を是正する為、

マレー人優遇政策を行うのですが

多くの華人が住むシンガポールでは反発を呼び

大規模な暴動へと発展すると

1965年にシンガポールを分離し

現在のマレーシアへとなりました。

 

こちらのムルデカ・スクエアで

独立宣言が行われ毎年8月31日に

独立記念日の式典が行われております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200207031437j:plain

 

 ぺトロナス・ツインタワー

 

その後、民族対立が続きますが、

貧困層が多い農村地帯のマレー人を救うべく

マレー人優遇を行うプミプトラ政策を行い、

また1981年から首相を勤めた

マティールによって

経済政策が推し進められると

石油や豊富な天然資源も相まって

急成長を遂げる事となりました。

 

植民地時代の歴史的建造物は

見ごたえがありますので

クアラルンプールに

ぜひ観光に訪れてみてください

 

以上

クアラルンプールの歴史と史跡の

ご紹介でした。

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

 

スポンサーリンク