KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

バトゥ洞窟の歴史と史跡をご紹介!🇲🇾

どーもKABUOです。

 

マレーシアの首都

クアラルンプールに旅行に訪れました。

 

今回は観光スポットであります

ヒンドゥー教寺院、バトゥ洞窟の

歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

バトゥ洞窟の歴史と史跡をご紹介!🇲🇾

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200131021921j:plain

 

バトゥ洞窟までのアクセスですが

KLセントラルから各駅に停車する

KTMコミューターに乗り込み

バトゥ洞窟(Batu Caves)駅まで・・・。

 

クアラルンプールは年間平均気温

30℃を越える事が多く

昼頃から結構日差しが強くなりますので

朝早くから訪れることをおすすめします。

 

 

バトゥ洞窟の場所はこちらです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200131022002j:plain

 

入場料無料

営業時間 8:00-19:00

休業日  無休

 

バトゥ洞窟駅から降り、

少し歩くと寺院前に到着。

 

短パン、スカートだと寺院に

入場出来ませんが入り口で巻きスカートの

レンタルを行っており、入場を済ませると

272段の階段を上るのですが

結構急勾配ですので気を付けて上ってください。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200131022853j:plain

 

洞窟は 約4億年前に形成された

石灰岩が侵食し現在のような鍾乳洞の

洞窟のような形になりました。

 

そのような形状から1860年、

クアラルンプールに移住した

華人の人たちは洞窟に住む野鳥の

糞や巣を発掘し野菜の肥料にあてたと

記録に残されております

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200131022922j:plain

 

タンボーサミー・ピライ像

 

1890年、タミル系インド人である

タンボーサミー・ピライがこの洞窟に訪れると

ベル型の入り口に触発され

ヒンドゥー教寺院が建造されたのが

現在の寺院の始まりで、

ヒンドゥー教徒の聖地

10ヶ所のひとつと数えられ、

インドからも多くの礼拝者が訪れております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200131023100j:plain


鍾乳洞の奥は上がぽっかりと開いており

そこから太陽の光が差し込むますので

寺院が光輝いて見え、

神聖な雰囲気を醸し出しておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200131024015j:plain

 

他のサイトにもかかれておりますが

観光の注意点として野生の猿が出ますので

バックや食べ物を引ったくられるケースも

少なくないそうですので注意が必要です。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200131024355j:plain

 

また毎年1月下旬から2月上旬にかけ

ヒンドゥー教徒による

大祭タイプーサムが行われ

賑わいを魅せますので 

クアラルンプールに観光に訪れましたら

バトゥ洞窟に訪れてみてください

 

以上、

バトゥ洞窟の歴史と史跡をご紹介でした。

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク