KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

クアラルンプールのあやしい歓楽街チャイナタウンをご紹介!🇲🇾

どーもKABUOです。

 

マレーシアのクアラルンプールに

旅行に訪れました。

 

クアラルンプールの安宿が並び

バックパッカーが集まる

チャイナタウン。

 

安宿以外にも美味しい中華料理を

舌鼓でき観光客が多く集まる場所なのですが

なんでも夜にあなると地元の野郎供が集まる

あやしいスポットがある事で有名です。

 

今回そのあやしいスポットを

散策しましたのでご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

あやしい歓楽街チャイナタウンに潜入した話🇲🇾

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200205025328j:plain

 

チャイナタウン

 

夜に訪れたクアラルンプールにあります

チャイナタウン。

 

その歴史は

クアラルンプールの歴史と共に始まり

1857年、中国から多くの華人が

クアラルンプールに移り住み、

スズ鉱山の採掘作業によって開かれました。

 

クアラルンプールを流れそして合流する

クラン川とゴンバック川は度々

雨が降ると洪水を引き起こしておりました。

 

その為、比較的に小高い丘にありました

この地に街を形成したのが

現在のチャイナタウンになります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200129031212j:plain

 

夜、街を歩けばナイトバザールが開催され

あやしいパチ物が売られてる他に、

屋台が並び魅力的な街並みが

広がっておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200129032504j:plain

 

あやしい歓楽街のある場所は

チャイナタウンの中心地の南側にあり

散策するとたむろする現地の男性人が!

 

スズ鉱山で発展したクアラルンプールは

多くの男性鉱夫が集まりその為、

このような歓楽街が発展した歴史があり、

 

通り沿いを歩くと椅子に座った

ボディーガードらしき男がおり、

もし歓楽街だと知らなかったら

そのまま素通りしてしまうところで、

通り沿いには約7~10店舗程

営業しているようでした。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200129032935j:plain

 

その中の一店舗に潜入!

 

男が座る入り口の階段を登ると

ピンクのライトに照らし出された

あやしい通路に到着すると

通路沿いには5~10人程の

女性が椅子に座っております。

 

各女性事に四畳半位の部屋が割り振られ

ベットと体を洗う水洗い場を設置されており、

タイやフィリピンのアジア系や

インド、バングラデシュ系の女性が

愛想を浮かべながら手招いておりました。

 

女性の前を通り過ぎると

指を4本を立てて値段を提示する人もおり

現地人だと40リンギット位で

遊べるようです。

(2020年レート時 約1050円)

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200129220549j:plain


他のお店も何件か覗きましたが

大体5人から10人程女性がおり

街全体で50~60人程の

女性が働いておりました。

 

治安の方は通り沿いは薄暗く

外国人だとかなり目立ちますので

注意して行動してください。

 

以上、

クアラルンプールの

あやしいチャイナタウンに

潜入した話でした。

 

 

こちらがアクセス場所になります。

 

おすすめ関連記事

 

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリンク