KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

マラッカの歴史と史跡をご紹介!🇲🇾

どーもKABUOです。

 

2020年1月、

マレーシアとシンガポールを

観光巡りしました。

 

今回はマレーシアにあります

世界遺産でもあります

古い都があったマラッカの

歴史と史跡をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

マラッカの歴史と史跡をご紹介!🇲🇾

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123015342j:plain

 

マラッカ・スルタン・パレス

 

世界遺産に登録されているマラッカ

 

その歴史ですが14世紀末、

インドネシア、ジャワ島にありました

マジャパヒト王国で内戦が始まると、

スマトラ島南部にありました

シュリーヴィジャヤ王国の王族

パラメスワラは独立を計画しますが

失敗終わります。

 

その後、マジャパヒト王国に

占領されるとマラッカに逃れ、

マラッカ王国を建国したのが

歴史の始りだとされております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123015718j:plain

 

マラッカの由来ですがパラメスワラは

原住民にこの土地の名前を聞いた所,

原住民には土地に名前を付ける習慣が無く

王様はこの周辺にある樹木の名前を

聞いているのではないかと勘違いし、

マラッカと答えたところ、

パラメスワラはたいそう気に入り

そのまま王国の名前となったのが

由来となります。

 

マラッカスルタンパレスは

古い王宮を再現した博物館となっており

マラッカ王国の古い歴史を

学ぶことが出来ました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123015915j:plain

 

鄭和像 

 

マラッカ王国を建国しましたが、

北にはタイのアユタヤの王朝

南にはインドネシアのマジャパヒト王国と

強国に挟まれておりいつ攻め込まれても

おかしくはない状態でありましたが、

 

1405年、

明の永楽帝の命によって

鄭和が艦隊を率いてマラッカに寄港すると、

朝貢貿易を通じ明との同盟関係を

深める事となります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123020113j:plain

 

カンポン・フル・モスク

 

国内の安定を図ると地理を行かし、

マラッカ海峡の交易が行われると

ペルシャ、アラブ、インドの

イスラム教徒の影響を受け、

15世紀後半には完全にイスラム化し

東南アジアにおける海上貿易と

イスラム教の中心地として

繁栄を極める事となりました。

 

こちらのカンポンフルモスクは

1728年に建てられた

マレーシア最古のモスクだと

言われております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123020254j:plain

 

チェン・フン・テン寺院

 

明との同盟関係が結ばれ

明から多くの中国人が渡ってくると、

中国人の男性とマレー人の女性の結婚が進み

中華系とマレー文化が融合した

ババ・ニョニャ文化の華を開く事となり、

マラッカの町を歩くと中華系の催した

建物や寺院が多く残されておりました。

 

こちらのチェンフンテン寺院は

マレーシア最古の中国寺院で

艶やかでとても見ごたえがあります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123020617j:plain

 

ブキッ・チナ

 

こちらのブキッ・チナは

マラッカ王国に嫁いだ皇女ハン・リ・ーポーと

侍女の為に与えられた移住地だった場所で

現在ではマレーシア最古ので中国以外で最大の

華人墓地となっております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123020734j:plain

 

ポー・サン・テン寺院

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123020807j:plain

 

スルタンの井戸

 

また近くには明からの使節派遣を記念した

ポー・サン・テン寺院やハン・リー・ポーが

造らせたものといわれている

スルタンの井戸が残されておりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123021155j:plain

 

セント・ポール教会

 

繁栄を極めたマラッカ王国でしたが、

 

1511年、

交易の独占を目論んだポルトガルは

インド提督アルフォンソ・デ ・アルブケルケを

派遣し侵攻を開始するとマラッカ王家は

ジョホールなどに逃れ

マラッカ王国は滅亡してしまいました。

 

その後、王宮があったセントポールの丘に

ポルトガル式の教会が建設される事となり

西洋の宣教師達の活動拠点となり

フランシスコ・ザビエルも

日本の種子島に来航した歴史があります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123022005j:plain

 

サンチャゴ砦

 

マラッカ王国を滅ぼしたポルトガルでしたが

その後、イスラム商人の弾圧を行うと、

多くの商人はマラッカを迂回し

交易を行うようになり

徐々に衰退する事となると、

 

1641年、

マラッカ王家の流れを組む

ジョホール王国とオランダが組み

ポルトガルを撃退するとオランダは

マラッカを統治する事となりました。

 

こちらのサンチャゴ砦は

1511年にオランダとの戦いに

備えるためにポルトガル軍によって造られた

大砲もある砦跡になります。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20200123022302j:plain

 

スタダイス

 

その後1842年、

イギリスとオランダによる領土交換、

英蘭条約によってマラッカ及び

マレー半島はイギリス領となりますが

交易の中心はペナンやシンガポールへと移され

マラッカの栄光は過去の物となりました。

 

写真のスタダイスは1650年、

オランダ総督らが居住する為に建てられ

現在ではマラッカを代表する

シンボル的存在となっております。

 

観光客が多く集まり賑わいを見せており

マレー、中華、西洋と多くの文化が

入り交じったマラッカは

世界遺産と呼ぶに相応しく

見所が多い所でしたので

ぜひ訪れてみてください。

 

以上

マラッカの歴史と史跡の

ご紹介でした。

 

 

こちらがアクセス場所です。

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

スポンサーリン