KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

大館市 比内地区の歴史と史跡をご紹介!🏞️

どーもKABUOです。

 

秋田県大館市比内地区の

史跡調査を行いましたので

同地区の歴史をご紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

比内地区の歴史と史跡のご紹介!

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191125214728j:plain

 

扇田小学校

 

秋田県大館市比内地区。

 

比内地区の歴史ですが1955年

扇田町、東館村、西館村、大葛村が

合併し比内町が発足します。

 

その後2005年、

平成の大合併により田代町とともに

大館市に編入されますが

田代町の町名が消滅したのに対し

比内町は大館市の大字名にとして残り

現在も地名が残されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191126231700j:plain

 

扇田駅

 

比内という地名の由来ですが

アイヌ語の「ピ・ナイ」(小石が多い沢)

または「ピン・ナイ」(細く深い谷川)に

由来するといわれており、

 

比内が初めて文献に登場するのが

中世の時代の878年、

朝廷と蝦夷の間に起こった

元慶の乱の頃であったとされ

秋田城や野代営を攻撃した賊地として

火内村という村名が

比内の初出であるとされております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191125220846j:plain

 

錦神社

 

1189年、奥州合戦の最中、

源頼朝率いる軍勢に破れた

奥州藤原氏四代目秦衡は

蝦夷地に逃れようと

にえの柵(現在の仁井田)に住む

家臣河田次郎を頼って

この地に立ち寄った所、

 

恩賞に目が眩んだ河田次郎の手により

敵の大群が攻め寄せたと見せ掛け

切腹するように仕向け

秦衡の首を跳ねたとされております

 

その後、首の無い秦衡の死体は

里人によって錦の直垂に大事に包まれ

埋葬されこのお墓がにしき様と

呼ばれるようになり錦神社となりました

 

その後、河田次郎は秦衡の首を

頼朝に献上するのですが

主君殺しを戒められ

処刑されてしまうのでした。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191125232710j:plain

 

西木戸神社

 

こちらの西木戸神社は

秦衡の後を追いこの地に辿り着いた

秦衡夫人は秦衡の死を知り嘆き悲しみ

3人の子供を道連れに自害しました。

 

里人はこれを哀れみ、

ここに夫人のために五輪の塔を建て

霊魂を慰めたのがこちらの神社の

始まりだとされています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191125233748j:plain

 

大日神社(十狐城跡)

 

中世の時代、鎌倉時代に入りますと

源頼朝の命により檀ノ浦の戦いので

武功をあげた浅利氏一族を

この比内地方へ地頭とし拝領され

その後、浅利則頼の時代に

十狐城を築き戦国大名として

最盛期を迎えますが、

 

津軽氏、南部氏、檜山安東氏と

強国に囲まれる中、

次第に勢力が弱体してしまい

檜山安東氏の策略によって

当主を暗殺され浅利氏は滅亡し

比内地方は檜山安東によって

統治されてしまいました。

 

戦国大名浅利氏の歴史は

こちらの記事で紹介しています。

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191126220742j:plain


長岐邸武家門

 

江戸時代に入りますと

安東氏の常陸の国に転封にしたがい

秋田県に佐竹氏が入部し久保田藩を立藩。

 

そして小場義成を大館城に入城させ

比内地方の新たな統治が始まり、

扇田、独鈷、大葛の村々に

宿駅が設けられる事となります

 

こちらの長岐邸武家門は

扇田の地主として勢力を持っていた

長岐家が秋田市の旧佐竹侯別邸の

門を模して建造された物です

 

大館城の歴史と史跡は

こちらの記事で紹介しています

 

www.yamagatakabuo.online

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191126210745j:plain

 

米代川

 

この頃から大葛鉱山の採掘や

秋田杉の開発に力を入れ、

ここ扇田を流れる米代川で

荷物の集散が行われ能代港を通り

江戸まで献上される事となると

荷揚げの人夫や商人、

街道を通る人々の往来で

大いに栄える事となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191126221703j:plain

 

安藤昌益之墓(温泉寺)

 

江戸時代中期の思想家で

大館市仁井田出身の安藤昌益

 

当時の日本は封建社会でしたが

その身分制度を否定し農業を中心とする

平等な社会を理想を説いた方で

秋田県指定史跡として登録されています。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191126222800j:plain

 

扇田神明社

 

近代の時代1868年に、

戊辰戦争が起こりますと

秋田久保田藩は新政府軍に与し

奥羽諸藩と戦うことになり、

南部藩によって十二所を制圧されると

この扇田神明社でも戦いが及びます

 

神明社畷の戦いと呼ばれ

この戦闘で秋田藩の手伝いをしていた

山城みよが流れ弾に当たって死亡、

その後、女性で初めてとなる

靖国神社合祀の女性第一号となりました。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191126231625j:plain

 

忠犬ハチ公生誕の地

 

現在比内地区では稲作の他に

ホップやとんぶりの栽培や

日本三大地鶏のひとつである

比内地鶏の飼育も盛んに行われおり

また忠犬ハチ公の生誕の地としても

知られております。

 

大館市に観光に訪れましたら

ぜひ比内町にも遊びに

訪れてみてください(´▽`)

 

以上

比内地区の歴史と史跡の

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

 

こちらがアクセス場所にあります。

  

 

スポンサーリンク