KABUO 原付CUBで激走。山形、東北街道巡りの旅 (ときどき海外も)

故郷山形と東北各地の旧街道をメインにHONDAの50ccカブにまたがり各地を巡ります 各地の歴史や史跡、観光スポットを紹介できればと思います ときどき海外旅行も紹介していきます

羽根沢温泉の歴史や温泉街をご紹介!♨️

どーもKABUOです。

 

山形県鮭川村にあります

羽根沢温泉の歴史や温泉街を

ご紹介します。 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

羽根沢温泉の歴史と温泉街をご紹介! 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191026001438j:plain

 

羽根沢温泉街

 

羽根沢温泉の歴史ですが

 

1919年、

石油の発掘調査の際に湧き出した

県内では珍しい間欠泉の温泉になります

 

発掘当時、温泉成分に油分が含まれ

少し油の匂いが温泉から

漂っていたそうですが、

現在、油成分は含まれておらず

PH8. 4の弱アルカリ性をしており

お湯にトロミがあるのが特徴的で

美人の湯として親しまれています。

 

 

羽根沢温泉の場所はこちらです。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191026001858j:plain

 

羽根沢という地名の由来は

新庄に殿様に鷹の羽根を献上した事から

地名の由来となったとされ

 

羽根沢地区にあります与蔵峠は

奈良時代、国府多賀城と

城輪柵を繋ぐ軍道として使用された

古い歴史を持っており、

車が普及するまで庄内地方と

最上地方を結ぶ交通路として発達。

 

温泉が発掘されると湯治に訪れる

庄内地方からの人々の往来が

激しかったと記録されております。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191026001955j:plain

 

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191026002030j:plain

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191026002543j:plain

 

温泉街には旅館の他

飲食店が1店舗のみが経営しており

有名な銀山温泉等と比べると

寂しい印象を受ける温泉街ですが、

 

山形の温泉の内、5本指に入る程

温泉の効能が素晴らしく羽根沢温泉では

現在3軒の旅館が営業され、

すべて日帰り入浴も可能となっており

名湯を楽しむことが出来ます。

 

f:id:deep-karuma-waap-ec-real-s1:20191026003249j:plain

 

トトロの木

 

近くには有名な観光スポット

トトロの木が鑑賞出来ますので

観光ついでにぜひ羽根沢温泉に

お泊まりや日帰り入浴に

訪れてみてください

 

以上

羽根沢温泉の歴史と温泉街の

ご紹介でした。

 

ランキングに参加しています

記事の内容がよろしければ

バナークリックをお願いします

にほんブログ村 旅行ブログ 東北旅行へ
にほんブログ

 

おすすめ関連記事

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

www.yamagatakabuo.online

 

 

スポンサーリンク